スポンサーリンク

【MLB2020FA】インディアンスが2Bのセイザー・ヘルナンデスを獲得!リンドーア放出の想定か?

インディアンスが2Bを確保

 現地2019年12月23日、クリーブランド・インディアンスがフィリーズからノンテンダーFAとなっていたセイザー・ヘルナンデス(César Hernández )と1年で合意したことが明らかとなりました。公式発表はまだです。

表記ゆれ:今後は”セイザー”で記載します

 ディール詳細の前に、César Hernández の表記について記しておきたいと思います。今まで当ブログはCésar Hernández のことを「シーザー・ヘルナンデス」と記載してきました(過去記事もそうです)。

 以下を根拠に「シーザー」を使っていました。

  • 参照される方が多いWIKIの日本語がそうであった
  • 実況も「シーザー」と呼んでいることが多い

 ラテン語の発音は頼りないのですが、ただずっと気になっていた表記でもありました。

 そこであらためてBaseball ReferenceのCésar Hernándezのページを見てみると、発音が記載されていました。

\SAY-zahr air-NAHN-dehz\ 

 この発音通りに忠実に記載するなら、「セイザー・エルナンデス」かな?とは思います。ヘルナンデスをエルナンデスと表記する選手も確かにおります。ただ、Hがサイレントになるかどうかやや怪しいので、とりあえず前半の名前の部分だけは「セイザー」が正しいようなので、今後はそのように記載させていただこうかと思います。(余談でした)

契約詳細

 ディールの詳細ですが、1年$6.25Mのサラリー。クラブがまだコンファームを出していないので、オプションなどについては後に追記させていただこうかと思います。

セイザー・ヘルナンデスとは?

 セイザー・ヘルナンデスは1990年5月23日生まれの29才。2020シーズンは開幕してすぐに30才になります。ベネズエラ出身で2006年にアマチュアFAとしてフィリーズとサイン。以降はずっとフィリーズでプレーしていました。

 デビューは2013年5月。23才の誕生日を過ぎてすぐのことでした。100 試合以上に出場し始めたのは2015シーズンから。よって2019年を終えてメジャー7シーズンとなりましたが、MLSは2020年1月で5.154とまだFAではありません。

 2019年オフは4度目の調停となるところでしたが、ノンテンダーFAに。今回、インディアンスとのディールに。2019年のサラリーは同年1月に1年$7.75Mでディールしていましたので、今回はFA前に20%ほどダウンという結果に。

2019年に171安打

 セイザー・ヘルナンデスのプレースタイルですが、右投げ両打ちで足を活かした安打量産型の選手です。2016シーズンから4シーズン連続で150安打以上を放っています!安打数は2019年がキャリアハイで171安打。

 2019年の成績は打率.279、OBP .333、SLG .408、HR 14、RBI 71、二塁打 31、Run 77、OPS+ 91、WAR 2.5。

2019年は積極性を優先

 セイザー・ヘルナンデスは年間60個ほどの四球をゲットできる選球眼をもっていて、シーズン最多は2018年の95個。ただ、2019年は45個にまで減りました。四球が減った代わりに打率は上がっていて、2018年が.253だったのに対し、2019年は.279にアップ。2019年は積極性を優先させた結果だったということでしょう。

2B守備は平均くらい

 セイザー・ヘルナンデスの守備は2019年はエラーが12個。守備率.981でリーグ平均の.983をやや下回るところ。かなり広い範囲を獲りに行っている証拠でもあります。具体的なVTRは探せなかったのですが、たまにこの人は「野球を知らないのかな?運動センスだけで野球の頭は培っていないのだろうか?」というプレーを見せることもあります。

SSのリンドーアが出ていくことも想定か?

 インディアンスの内野ですが、3Bにホセ・ラミレス、1Bにカルロス・サンタナ、SSにフランシスコ・リンドーア(今のところは)。2Bには2019年のトレードデッドラインでレイズから獲得したクリスチャン・アローヨがおります。

 セイザー・ヘルナンデスとクリスチャン・アローヨが争う形になりますが、トレードの可能性の高いフランシスコ・リンドーアがいなくなったことも想定した獲得かもという匂いもします。

アローヨはSSも可

もしそうなった場合、アローヨはSSもできますので、彼をSSに据える想定かもしれません。

 まだまだインディアンスの今後の動きも目が話せません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました