スポンサーリンク

【MLB2024FA】ランス・リン、カージナルスと1年/11Mドル保証で契約

ランス・リン、古巣へ復帰!

 現地2023年11月20日、ドジャースからFAとなっていたローテーション右腕のランス・リン(Lance Lynn)がカージナルスと1年契約で合意した模様です。

 現時点ではフィジカル・チェックの結果待ちで、まもなくオフィシャルになる見込み。

古巣復帰

 ランス・リンはもともとはカージナルスの投手で、2008年のアマチュア・ドラフトの1巡目指名(全体39位)。2011年に24才の時にMLBデビュー。そこから2017年までカージナルスに計6シーズン在籍。通算勝利数は136勝ですが、その内、カージナルス時代の6シーズンで72勝をマークしています。

契約内容

 ランス・リンとカージナルの契約です。

  • 1年/$11M (2024) + 2025 クラブオプション
    • サラリー:$10M (2024)、$11M (2025 )クラブオプション($1M バイアウト)
    • パフォーマンス・ボーナス:+$3M

 2024年のサラリーは$10Mですが、2025年の$11Mのクラブオプションが行使されない場合、バイアウトは$1Mと設定されているので、総額$11M保証の契約ということになります。

2023年はCWSからドジャースへ

 ランス・リンは、2021年7月にホワイソックスと2年/$38M(2022-23) +2024 $18M クラブオプション($1Mバイアウト)で延長契約。2023年のサラリーは$18.5Mでした。

 2023年、ランス・リンはホワイソックスで21試合に先発して6勝9敗で、ERAは6.47と苦戦しました。これはチーム事情も反映されての成績でしたが、2022年に3.7%だったBB%が8.4%に悪化。さらにHR%も5.2%とキャリア・ワースト。

 救いはSO%の26.9%で、平均を上回り、2023年6月18日にはマリナーズを相手に7.0イニングで16奪三振と驚異的な投球を見せたこともありました(このゲームはリリーバーが打たれて4-8で敗れ、勝ちはつきませんでした)。

【YOUTUBE】HIGHLIGHTS: Lance Lynn’s 16 Ks Ties Franchise Record (6.18.23)

 そんな悪い数字の中で、2023年のトレードデッドラインでジョー・ケリーとともにドジャースへ移籍。ドジャースはカーショウが怪我で離脱し、フリオ・ウリアスはDVというフィールド外の問題でゲームに出られないなどとにかくローテーション不足である程度落ち着いて作る投手が必要で、TDLの市場の中でランス・リンを指名したのでした。

 実際、新天地で輝くということが十分にあり得るという計算もドジャースにはあったと思います。固い守備、切れ目のない打線など投手支援の要素が満載のチームでもあるからです。

 ドジャース移籍後のランス・リンは11試合に登板し、7勝2敗をマーク。ERAは4.32とやはり高く、HR%は移籍前の5.2%から5.9%へと悪化したのですが、BB%が8.4%から8.1%へやや改善。ドジャースの支援力で良い数字をマークしたのでした。中にはブルワーズのコービン・バーンズと白熱の投手戦を繰り広げたことも。

 ただ、ポストシーズンでは力になれず、DバックスとのNLDS Gm3では2.2イニングで4失点、4 HRとDバックスにいいようにやられてしまいました。

LADが18Mドルの クラブOptを拒否

 ドジャースのポストシーズンを終わらせた1人となったランス・リンはオフには、2024年 $18Mのクラブオプションを拒否され、FAとなりました。バイアウトは$1M。

 ドジャースは噂になっている大谷選手との契約への準備の意味でもリンへ$18Mのサラリーは出せなかったでしょうね。

STLではNO.2で稼働するか?

 2023年は71勝91敗でナ・リーグ最下位に落ちたカージナルス。ヤディアー・モリーナが引退し、2023年はアダム・ウェインライトも最終年となってしまい、ちょうど世代交代でリビルドの時期でもあります。

 オフの編成で資金のスペースを作るべく、トレード・デッドラインでサラリー削減に走ったカージナルス。ジャック・フラハーティーはオリオールズへ、ジョーダン・モンゴメリーはレンジャーズへ(キーマンとなって活躍しました!)と動きました。さらに今オフにはダコタ・ハドソンにノンテンダーを出すなど、資金的にはかなりスリムになったとは言え、これからの編成が大変です。

 野手はやや落ちた感もあるものの、ノーラン・アレナド、ポール・ゴールドシュミットが打線の軸となり、ラーズ・ヌートバー、トミー・エドマンらが出塁率を上げて行くのが理想でなんとか絵は描くことは出来ます。

 ブルペン陣もライアン・ヘルスリーというしっかりしたクローザーがおり、この点はかなり良いです。

 問題はローテーション。2023年の実績から言って、マイルズ・マイコラスがローテーションの軸になりそうです。スティーブン・マッツもおりますが、NO.3というところ。マイコラスをNO.1とした時、NO.2にランス・リンが入り、機能してくれれば2023シーズンのようなこともなさそうです。NLセントラルは、カブスが補強に力を入れ、レッズがプロスペクトの活躍で来季も面白い存在に。さらにパイレーツも来季はかなりやりそうです。ブルワーズがやや元気がなさそうですが、そんなライバル達の圧をはねのける勢いがカージナルスには欲しいところです。リンが機能してくれれば、マシュー・リベラトーレ辺りも力を発揮し易い環境になります。

 ランス・リンが古巣で再び輝くことになるのか、注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました