スポンサーリンク

 【MLBトレード2021】ケンダール・グレイブマンがアストロズへ

ナスティーなクローザーがライバルチームへ

 現地2021年7月27日、30日のトレードデッドラインまであと3日と迫ったこの日、衝撃的なトレードが決まりました。マリナーズのクローザーで今季素晴らしい成績のケンダール・グレイブマン(Kendall Graveman)がアストロズへトレードされることになりました。

トレード概要

 このトレードで動くのは4名。CLはクローザーの意、RPはリリーフ・ピッチャーの略です。

アストロズGet

マリナーズGet

  • エイブラハム・トロ(Abraham Toro /24)3B&1B/ 右投げスイッチ
  • ジョー・スミス(Joe Smith/37)RHP/RP

マリナーズ、BUY&SELLモード!?

 現地2021年7月27日のゲームを終えた時点で、マリナーズは55勝47敗でALウェスト3位。

  1. アストロズ:62-40
  2. アスレチックス: 56-46
  3. マリナーズ: 55-47
  4. エンゼルス: 50-50
  5. レンジャーズ: 36-65

 貯金8という好成績を残しており、首位アストロズとは離されているものの、2位アスレチックスとは1勝差。そのような好成績ですので、当然、ワイルドカード争いにおいても上位に入っており、2枠目に入っているアストロズといつでも入れ替わることができる好位置にいます。

 ポストシーズンも十分に狙える位置につけていながら、好成績の原動力の1人であるクローザーのケンダール・グレイブマンをトレードに出すとは。

 また、一緒に出ていくラファエル・モンテロは今季はERAが7.27と荒れていますが、ケンダール・グレイブマンの10セーブに次ぐ、7セーブを上げている投手。ゲーム後半を担う二人がいなくなるという事実はなかなか重いです。

 今トレードデッドラインでマリナーズはBUY&SELLモードという、一見、聞こえは良いように思える姿勢で臨むようです。しかし、これは裏を返せば、どっちつかずで前進なしということにもなりかねません。

ある選手は怒り心頭

 ケンダール・グレイブマンの一報が入った後、マリナーズのとある選手(名前は伏せられています)は、ロッカールームで大暴れ。破壊した備品や設備が出たそうです。

 「裏切られた」とフロントに対して大いに疑念が湧いている模様。シーズン中にこのような不協和音が出るのはよくないことです。

 この選手の気持ちもわかります。ポストシーズンが手に届く位置にいながら、はしごを外されたような気分でしょうから。

 当のディポトGMは、「さらに前進するための大いなる進化」のようなコメントを出しているのですが、どうやら今のところは選手からは理解を得られていないようです。果たしてこれを仲裁できる人物がいるのかどうか。

グレイブマンもショックを隠せず、しかし・・・

 トレードされることとなったケンダール・グレイブマン自身もコメントで「ショック」を隠しきれなかったことを明かしています。ただ、アストロズはポストシーズンへ一直線という状況ですので、その点は本人もワクワクを抑えることができないようです。

PSに行けるよ!の口説き文句

 今トレードデッドラインでは、レイズがかなりの大物選手の獲得に関心を寄せているという噂があります。ポストシーズンに行ったことのない選手には、「ポストシーズンでプレーしよう」みたいな文言はかなり有効のようで、レイズの大物獲得も現実味を帯びているかもしれません。

選手紹介

【アストロズ】ケンダール・グレイブマン

 ケンダール・グレイブマンは1990年12月21日生まれの30才。2013年のブルージェイズ8巡目指名でプロ入り。

 デビューは2014年9月5日とドラフト翌年にはメジャーのマウンドに上がりました。23才の時です。2014年11月、ブルージェイズがジョシュ・ドナルドソンを獲得したトレードで、フランクリン・バレート、ブレット・ローリーらとともにアスレチックスに移籍。

 アスレチックスでは先発として活躍。特に2016年は186.0イニングを投げ、10勝11敗、ERA 4.11と二桁勝利に乗せました。

トミー・ジョン手術へ

しかし、2017年、ケンダール・グレイブマンの成績は悪化します。105.1イニングを投げて被安打114、失点50、ERAは4.19。これは肘の調子が悪くなったのが原因。非常に苦戦しました。この影響は翌2018年も続き、開幕のローテーションには入ったものの、7試合で29失点、ERA 7.60と投げては4失点、5失点が続き、5月11日のヤンキース戦を最後にマイナーに落ちることに。

 そして2018年7月末、ケンダール・グレイブマンはトミー・ジョン手術を行うことを決意。将来のためにケアすることにしたのでした。

 しかし、肘の手術もあり、2018年オフにノンテンダーFAとなったグレイブマン。非常に厳しい立場に立たされましたが、しかし、拾う神ありで、そんなケンダール・グレイブマンをシカゴ・カブスが獲得。1年/$0.575Mで、2020年がクラブオプションで$3Mという内容。カブスは復帰後を見込んで彼を獲得したのでした。これは他人事ながら、非常に嬉しい気持ちになったのを覚えています。カブス、よくやってくれたと。

 ただ、2019年オフ、シカゴ・カブスは2020年のオプションを行使せず。グレイブマンは再びFAとなったのでした。しかし、カブスは十分彼のキャリアをつないでくれたと思います。

2019年オフ、マリナーズとサイン 

 そして2019年11月末、マリナーズと1年/$2M、2021年3.5Mのクラブオプション、0.5Mバイアウトの内容でサイン。2020シーズンへとつながりました。

 2020シーズンはついにトミー・ジョンから復帰。2020年はご存じの通り、ショートシーズンになったこともあり主にリリーフをこなしました。これが今季へとつながりましたね。

 2020年オフ、マリナーズは一旦はグレイブマンのオプションを拒否。FAとなりましたが、2020年10月末に、1年/$1.25Mでサイン。

ナスティーな2021シーズン

 そして今季。ケンダール・グレイブマンは33.0イニングで被安打が15、失点7、自責点3でERAが0.82をマーク(現地2021年7月28日時点)。今季の剛球ぶりはちょっと打てる気を削ぐものですね。

 ちなみにALのリリーバーでは、ERA、WHIP(0.70)、相手チームの打率(.136)、相手チームのOPS (.424)ともにもっとも低い数字をマークしています。

 こんな素晴らしいクローザーが、$1.25Mという破格の安さでしっかりと機能してくれているのに、放出するとは!選手が怒っても仕方ありませんね。

グレイブマン→ライアン・プレスリー

 アストロズにはライアン・プレスリーという今季43.0イニングでERA 1.88の素晴らしいクローザーがおりますが、GMのジェームズ・クリックのプランでは、プレスリーをそのままクローザーに、ケンダール・グレイブマンをセットアップに起用する見込みです。

 アストロズは打線が素晴らしいので、もう盤石ですね。

【アストロズ】ラファエル・モンテロ

 アストロズが獲得したもうひとりのリリーバー、ラファエル・モンテロも今季活躍しているリリーバー。ただ、43.1イニングでERAが7.27とラフな数字も残しています。しかし、17試合を締めています。

 ラファエル・モンテロは30才の右腕で、もともとはメッツ。2011年にアマチュアFAとしてサインしました。メッツでは先発とリリーフを半分ずつこなす起用をされてきました。それがたたったのか、2018年にトミー・ジョン手術。

 2019年1月にレンジャーズとサイン。2019年からリリーバー専任となりました。2020年オフにマリナーズにトレード。今季はゲーム後半を任されているという投手です。

【マリナーズ】エイブラハム・トロ

 マリナーズが獲得したエイブラハム・トロは1996年12月20日生まれの24才。2016年のアストロズの5巡目指名の内野手。

 デビューは2019年8月。2020年にすでにルーキーステータスを超えております。

 今季はメジャー3シーズン目。ここまでのメジャー通算の成績は打率.196、OBP .278、SLG .364、HR 12、RBI 40。いつ爆発するかという素材でもあります。

【アストロズ】ジョー・スミス

 ジョー・スミスは37才のベテラン・ライティー。きれいなアンダーハンドの投手。大谷選手がデッドボールを受けて睨み返した投手でもあります。

 キャリア14年のERAが3.11という非常に頼もしいサブマリンでもあります。

 マリナーズが今季あと2ヶ月あまりをどういう成績で乗り切るか。これは見ものですね。おそらく、エンゼルスが胸を撫で下ろしていることでしょう。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました