スポンサーリンク

【MLB2020FA】タイガースがC.J.クロンとジョナサン・スコープの2人を獲得

揃ってMIN→DET、そして1年.1M

 タイガースの話題です。現地2019年12月21日、デトロイト・タイガースはツインズからFAとなっていた1BのC.J.クロン( C.J. Cron)とジョナサン・スコープ(Jonathan Schoop )の2人を獲得しました。2人は2018年オフにFAとなった身。ともに2019年にツインズでプレーし、そして2020年もともにタイガースで1・2塁間を組むこととなりました。

そしてともにディールは1年/$6.1M。まずはC.J.クロンから見ていきます。

C.J.クロン

 C.J.クロンは2018シーズンに30HR、74RBIという好成績を上げていたにもかかわらず、2018年11月20日にレイズからDFA(Designated for Assignment)されってしまうという非常にかわいそうな立場に追いやられました。しかし、ウェーバーにより11月26日にミネソタ・ツインズがクレームオフ(獲得)し、2019年はツインズでプレーしました。

もともとLAA在籍

 もともとC.J.クロンは2011年アマチュア・ドラフトのエンゼルス1巡目指名の選手。デビューもエンゼルスで2014年、24才の時です。2018年1月にエンゼルスと調停を避け、1年$2.3Mでサインしていました。

 ところが、サインから1ヶ月後の2018年2月にレイズとエンゼルス間でC.J.クロンとルイス・レンジフォのトレードが成立。クロンの2018年のサラリー(1年 / $2.3M)もそのままレイズに引き継がれました。

2018年に30HRを放つもレイズからDFA

 レイズがクロンをDFAにした理由は調停による年俸高騰を避けたかったからです。2度目の調停となっていたC.J.クロンは2019シーズンのサラリーが$5M近くまで高騰するという市場の判断がありました(実際は$4.8M)。レイズはそれを懸念し、DFAにしたのでした。

 そして2018シーズンに30HRの好成績を上げつつもオフにレイズからDFA(40人枠から外れる)にされるという人間不信にでも陥りそうな処置を受け、ウェーバーにかけたところをツインズが拾ったという経緯がありました。

2019年も好成績

 2018年11月にツインズと調停を避け、1年$4.8Mでサインしたクロンは2019年も前年並みの活躍を見せました。125試合に出場し、打率.253、OBP .311、SLG .469、HR 24、RBI 78、OPS+ 103。

今度はノンテンダーFAに

 2019年も好成績を上げたクロンでしたが、今度はツインズからノンテンダーに。結局FAとなり、タイガースと1年$6.1Mでサインしたのでした。

ジョナサン・スコープ 

 ジョナサン・スコープのプロフィーズを簡単に記載しますと、元はオリオールズの中心選手なのはご存じの通りです。2018年のトレードデッドラインでジョナサン・ビヤーとのトレードでブルワーズ入り。ブルワーズはポストシーズンを見込んだ補強でした。

2018年オフにノンテンダーFA

 ところが、2018年オフにブルワーズはスコープをノンテンダーに。そのままノンテンダーFAとなり、2018年11月にツインズと1年$7.5Mでサイン。

2019年の成績

 ジョナサン・スコープの2019年のツインズでの成績は121試合に出場し、打率.256、OBP .304、SLG .473、HR 23、RBI 59、OPS +は102。

 2019年オフはFAとなりました(ノンテンダーではなかったです)。

2人はタイガースの右側

  タイガースに移籍することとなった2人は、多少のポジション争いをしつつも、基本的にはスコープが2B、クロンが1BもしくはDHで出場することになりそうです。

ケイシー・マイズのデビュー・イヤー

 タイガースは2020シーズンにいよいよ豪腕のケイシー・マイズが昇格してきそうです。2019シーズンはマイナーで肩の違和感などもありシーズン途中で投げさせない処置もとられましたが、このままヘルシーにスプリングトレーニングを迎えそうです。

 彼の登板に合わせ、頼りになる2人を補強できたのはゲームをつくる上でよい補強だったと思います。タイガースの2020シーズンの飛躍を期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
タイトルとURLをコピーしました