スポンサーリンク

【NLCS 2022】ジーン・セグラが攻守に活躍!フィリーズが2勝目

2022 NLCS Game3 ( SDP 2-4 PHI)

 現地2022年10月21日、NLCS Game3がフィラデルフィアに舞台を移して行われました。

 フィリーズはワイルドカード・シリーズからポストシーズンに入りましたが、地区優勝したカージナルスが相手になったため、フィラデルフィアでのホーム・ゲームはNLDSのGame3からスタート。NLDSではフィラデルフィアで2試合を戦いましたが、お客さんのハイテンションぶりはすごかったです。

 NLCSでの初開催となったこの日もまたお客さんを熱狂させましたね。

カイル・シュワーバーがリードオフHR

 先発はパドレスがポストシーズン絶好調のジョー・マスグローブ、フィリーズがブレーブス戦とのNLDSで好投したレンジャー・スアレス。

 ジョー・マスグローブはメッツとのNLWC、ドジャースとのNLDSの2試合に登板し、13.0イニングを投げてERAは1.38。とにかく、動くボールがキレまくっております。

 そのジョー・マスグローブを相手に1回裏、先頭のカイル・シュワーバーがやりました。フルカウントからのカットボールにタイミングをやや外されながらもうまくRFへ運び、今NLCS2本目となるソロHRを放ちました。フィリーズが1-0と先制。

 しかし、フィリーズは4回表にミスで失点。ランナーを3塁に置いて、ダブルプレーを失敗。ブライソン・ストットのショート・トスのボールに回転がかかってしまい、ジーン・セグラがミスキャッチ。このエラーでパドレスに1-1の同点に追いつかれてしまいます。

ジーン・セグラが最高にかっこいいタイムリーを放つ! 

 その直後の4回裏、フィリーズはブライス・ハーパーがRF前シングルで出塁するも、つづくニック・カステヤーノスがダブルプレーに打ち取られ、チャンスを潰したかに思われました。

 ところが、ここからアレク・ボームがCF前へラインドライブの当たりのヒットを放って出塁。つづく、あまり期待できないブライソン・ストットもマスグローブのカーブにうまくタイミングを合わせ、これが右中間へ抜ける2塁打となり、2アウトながら2、3塁のチャンスをつくります。

 ここでバッターはコンタクト・ヒッターのジーン・セグラ。今ポストシーズンは大活躍です。

 そのセグラは、マスグローブのうまい投球で2ストライクと追い込まれながらも、最後に決めに行ったスライダーにしぶとく対応。枠内から枠外へと落ちる最高のボールでしたが、これを粘って粘って、セカンドの頭を超えるタイムリーを放ち、2人が還って、3-1と勝ち越しに成功。

 このヒットは右バッターの最高の見せ所のヒットというか、タイムリーの状況でしか生まれにくい粘りのヒットで、崩される体勢を堪えて堪えて芯に当てるという、震えるほどに素晴らしいヒットでした。

 その後、フィリーズは5回表に、またリース・ホスキンスの守備をきっかけとして、内野ゴロの間に1点を奪われ、2-3の1点差に追い上げられましたが、6回裏にニック・カステヤーノスとアレク・ボーンの2者連続の2塁打で2-4としてリードを再び2点差に。

 ゲームはこのまま4-2のスコアでフィリーズが勝利。NLCS2勝目を上げました。

 なお、先発投手の成績ですが、ジョー・マスグローブが5.2イニングで被安打8、失点4、BB2、SO5、HR1。レンジャー・スアレスが5.0イニングで被安打2、失点2、自責点1、BB0、SO3、HR0です。

【YOUTUBE】Padres vs. Phillies NLCS Game 3 Highlights (10/21/22) | MLB Highlights

ジーン・セグラ、”does it all”

 今日のゲームはジーン・セグラが大きく勝利に貢献しました。上述の通り、勝ち越しタイムリーを始め2つの好守備。

 ますは3回表のダイビング・ストップ。

 そして、7回表にパドレスの反撃の芽を摘んだイニング・エンディングとなったファンタスティック・ストップ。

 なお、ご愛嬌もあり、上述した4回表のダブルプレーのミス・キャッチとともに、4回裏の攻撃で、かっこいいタイムリーを放った直後、マスグローブに牽制アウトを喫してしまうシーンも。

 この日は本当に全てやってのけたというゲームでもありました。

両クラブともブルペンがまた好投

 パドレスにとっては朗報と思うのですが、今日はいつものニック・マルチネス、ロベルト・スアレス、ジョシュ・ヘイダーによるリレーではなく、2番手にティム・ヒル、3番手にピアース・ジョンソンが登板し、結果を残したことです。2人のリレーは計2.1イニングでしたが、ティム・ヒルが1安打を許したのみで、ピアース・ジョンソンに至ってはパーフェクトでした。

 フィリーズは2番手にザック・エフリン、3番手にホセ・アルバラード、最後はセランソニー・ドミンゲスでつなぎました。皆、ヒットは打たれたものの、BB0のスコアレスで抑えています。

 ともにブルペンがよく、どうやらこのシリーズは先発の出来如何という傾向になってきました。

 Game4はパドレスがマイク・クレビンジャー、フィリーズが左腕のベイリー・ファルターです。ちょっと展開が読みにくいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました