スポンサーリンク

【ALCS 2022】アストロズ、5-0で勝利!WSへあと1勝!ヤンキースは状態に変化なし

2022 ALCS Game4 ( HOU 5-0 NYY)

 現地2022年10月22日、アストロズ@ヤンキースのALCS Game4が行われ、アストロズがヤンキースに5-0のシャットアウト勝利を納めました。これでアストロズは3連勝とし、ワールドシリーズへ王手。

 一方のヤンキースはこの日も元気なし。このまま終戦となるのか?それともここから巻き返すのか?良い要素が見つからないまま追い詰められた状況となりました。

ヤンキース、ゲリット・コールで敗戦

 Game2では、ルイス・セベリーノが3回裏に失点。ランナーを2人背負った状態でヨルダン・アルバレスを迎え、ここは要警戒のバッターを1Bゴロに抑えて2アウトまで奪ったものの、次打者のアレックス・ブレグマンに勝負強い打撃を許してしまい、3ランHRで3失点。

 ヤンキースはその直後の4回表にフランバー・バルデスから内野ゴロとタイムリーで2点を返し、2-3と1点差までリカバリーしましたが、その後は打線が沈黙。2-3のまま敗れました。

先制の失点はエラーがらみ

 この日は舞台をブロンクスへ移し、巻き返しを図るべくエースのゲリット・コールを投入。ゲリット・コールは16日のALDS Game4に登板してから中5日を空けてのマウンド。休養は取れてはいるものの、今ポストシーズン3度めの登板。疲れが心配されましたが、ベロシティーはいつも通りという感じでしたが、2回表に失点。

 2アウトまで奪うも、クリスチャン・バスケスの右中間へのフライをCFのハリソン・ベイダーがRFのアーロン・ジャッジとすれ違いざまに落球し、アストロズのチャンスのドアを開けてしまう形に。

 このチャンスにアストロズは伏兵チャズ・マコーミックがジャンカルロ・スタントンばりの打撃で、RFへの弾丸ライナーのHRを放ち、アストロズが2-0と先制。これはゲリット・コールにとってアンラッキーな失点となりました。

 ゲリット・コールは3回から5回まではホセ・アルトゥーベに打たれた2塁打、四球だけの投球で再びゲームメイクを試みます。

 しかし、6回表、ゲリット・コールは先頭のアレックス・ブレグマンに二塁打、つづくカイル・タッカーに四球、そしてユリ・グリエルにRFライン際に落とされ、満塁となったところで降板。

 その後、ルー・トリビーノがリレーしましたが、トレイ・マンシーニにLFへ犠牲フライを打たれ、3点目。さらに、つづくクリスチャン・バスケスにLFへシングルを許し、ランナー2人が還って計5失点目。アストロズが6回表の時点で5-0とリードします。

 ゲリット・コールは5.0イニングで被安打5、失点5、自責点3、BB2、SO7、HR1という成績でした。

 アストロズは5回2アウト以降、ヘクター・ネリス、ライン・スタネック、ハンター・ブラウン、ラファエル・モンテロ、そしてブライアン・アブレイユとつなぎ、無失点リレー。アストロズが5-0のスコアでヤンキースのシャットアウト勝利を納め、ALCS3勝目を上げたのでした。

クリスチャン・ハビエルが1ヒッター

 アストロズの先発は右腕のクリスチャン・ハビエル。本来ならランス・マッカラーズ・Jr.の登板でしたが、ALDSのセレブレーションで、右肘のワインのボトルを当て、腫れが出たということでGame4の先発から1日前倒しで登板。

 ハビエルは、5.1イニングで1ヒッター、BB3、SO5という成績で、2回表に味方打線が獲った2得点を守りきり、ブルペンへ後を託しました。ナイス・ピッチングでしたね。

ホセ・アルトゥーベに初ヒット

 なお、今ポストシーズンでALDSから全くヒットがなかったホセ・アルトゥーベは、上述の通り、5回表にゲリット・コールから二塁打を放ち、ようやく1安打が生まれました。これで乗るかと思いましたが、このゲームのそれ以降の打席はSSゴロと三振でこの日はとりあえず1安打。

 Game4に向け、いい傾向かと思います。

ヤンキース打線、またしても二桁三振

 とにかく打てないヤンキース打線はこのゲームでも11三振。Game1では17三振、Game2では13三振だったので、3戦で計41三振ということに。

 Game4の先発はランス・マッカラーズ・Jr.とネスター・コルテス・Jr.となっています。

 ヤンキースは万が一、スイープということになれば、ブーン監督がどうなるかわからない状態になってきました。

 なお、本来なら強力打線の厚みに一役買っているDJ・ルメイヒューはシーズン終盤からつま先の怪我でこのALCSもロスターには入っておりません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました