スポンサーリンク

【NLDS 2022】ウィーラーとライトのアツい投手戦は、ブレーブスが1チャンスを活かして勝利!

NLDS Game2

 現地2022年10月12日、もう一つのNLDS、フィリーズ@ブレーブスのGame2が行われ、アツい投手戦の展開となりました。

 すでに1勝を上げているフィリーズに対して、ブレーブスはシーズン21勝のカイル・ライトが先発、一方のフィリーズはダブルエースの1人、ザック・ウィーラーが登板しました。

 なお、このゲームは天候不順のため、開始が3時間も遅れるという、両投手にとって難しいコンディションの中でスタートでした。

ゲーム前半はウィーラーが支配

 NLDSからポストシーズンが始まったブレーブスは考えられたローテーションを組んでいます。おそらくワイルドカード・シリーズに勝ち上がり、勢いのあったフィリーズにはハーパー対策として、初戦で崩れてくれればラッキーとばかりにまずはマックス・フリードを当ててきました。ここで負けても、2戦目に今季一番の安定感のあるカイル・ライトを当てればシリーズはなんとかなるという目論見であったと思います。NPBの監督がよく考える戦略でもあります。

 とは言え、やはり初戦を制した方が勝ち上がりの確率は上がるので、リスキーであることは確かなのですが。この確率はこのシリーズが終われば結果で出てくるのでかなり興味深いです。

 ゲーム前半を支配したのはザック・ウィーラーの方でした。カイル・ライトは5回まで被安打2,BB1だったのに対して、ウィーラーはパーフェクト。まったくつけ入る隙を与えず。これはフィリーズがまた勝つのか!というムードも出始めたところでした。

ブレーブス、1チャンスで勝利

 そんな中、先制したのはブレーブスでした。

 6回裏、2アウトからロナルド・アクーニャ・Jr.がデッドボールで出塁。ちょっと危ない死球で、胸に当たったように見えたので、肋骨などが心配でしたがアクーニャは、そのままゲームに出続け、骨折などはなかった模様。何よりです。

 これでウィーラーが乱れました。

 つづくダンスビー・スワンソンには四球。ここでマウンド・ビジットがありましたが、ウィラーはこのまま。

ホスキンスが弾く!

 次打者のマット・オルソンは2球で追い込まれるも4球目のシンカーを1、2塁間に強い当たりを放ちます。打球は1Bの守備範囲で、かなりうまい1Bなら抑えた打球でしたが、これをリース・ホスキンスが弾き、ボールがRF転がる間にアクーニャが2塁からホームイン。ブレーブスが1点を先制します。

 記録上はシングルヒットがつきましたが、これはエラーと言ってもいいかもしれません。スコアリング・ポジションにランナーがいたので、なんとかして欲しかったところです。3球目に投じたコースが厳しすぎ、4球目が甘くなったのでオルソンも対応出来たのだと思います。

 さらに、オースティン・ライリーのラッキーな投手ゴロ、トラビス・ダーノーのCF前タイムリーでブレーブスはこのイニング、計3点を奪い、ゲームを優位にします。

さすがのカイル・ライト

 ブレーブス先発のカイル・ライトは、終始安定した投球を披露。味方打線が3得点を上げた直後の6回表も打者3人で斬って取り、流れをしっかりとホールドしました。

 さすがに21勝を上げた投手です。リズムも良いですし、フィリーズは結局、ノーチャンスでした。

 カイル・ライトは6回、83球で被安打がたったの2、BB1、SO6、スコアレス投球でした。

 その後は両チームともにブルペンが無失点でリレーし、ブレーブスが3-0のスコアでGame2に勝利。1勝1敗のタイとしています。

 ちなみにフィリーズは3番手にノア・シンダーガードを投入し、1イニング無失点の成績でした。

 おもしろくなってきたNLDS Game3は現地14日にフィラデルフィアに場所を移して行われます。フィリーズはアーロン・ノラ。ブレーブスは未定ですが、スペンサー・ストライダーの腹斜筋の調子が良ければ彼になるかと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました