スポンサーリンク

【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!

CLEからDFAとなったフランミル・レイエス

 現地2022年8月11日に、フィールド・オブ・ドリームスでアイオワでゲームを行ったカブスは、1日移動日を設けて現地2022年8月13日から14日まで再び、レッズと対戦。この3ゲームシリーズはいずれもレッズ・ホームです。

 シンシナティへ場所を移した13日のゲームはカブスが先制点を許すも、4回表にフランミル・レイエスが2ランHRを放って逆転。さらにゲーム後半にはイアン・ハップ、ウィルソン・コントレラスにもHRが出てカブスが7-2で勝利。このカードは2連勝となりました。

「MLBで最も打ちそうな打者」のフランミル・レイエス

 このゲームで、HRを放ったフランミル・レイエス(Franmil Reyes)は、トレード・デッドライン後の現地2022年8月6日、ガーディアンズからDFAとなっていました。

 今季はガーディアンズで70試合に出場。263-56で、打率 .213、OBP .254、SLG .350、OPSは.603。HRは9、RBIは28。さすがに、この数字は厳しいですね。

 ガーディアンズは長打は少ないものの、いい打率を残している選手がレギュラーの半分を占めていたので、やはりこの数字は打線を分断するものでした。もう少しSLGも上がっていればよかったのですが、今季は頼みの長打も少なかったですし、とにかくバットに当たりませんでした。

フランミル・レイエスとは

 フランミル・レイエスは1995年7月7日生まれの27才。ドミニカ共和国の出身です。

 元々はパドレスの選手で、2011年11月にアマチュアFAとしてサインしました。プロデビューは2012年で16才の時です。

 インディアンズに移籍したのは2019年のトレードデッドラインのこと。バウアーとプイーグを軸にしたレッズ、インディアンズ、パドレスによる3チームトレードでのことでした。

 このトレードでパドレスはレッズからテイラー・トランメルを獲得したのですが、その対価で出した一人がフランミル・レイエス。パドレスはあの長打力を捨てるのか?と筆者は思いました。

最も打ちそうな打者

 フランミル・レイエスの身長は6フィート5インチで196cmで体重は公式では120kg(実際はもっとありそう)。

 メジャー・リーグには彼より大きい体格の人はまだおります。

 しかし、フランミル・レイエスほど、打席に入った時に「打ちそう」に思える打者は他にいるでしょうか?実際に打つかどうかは別です(笑)。結果はともかく、初見だとしてこんなにストライク・ゾーンの上下が広く、どこまで運ばれるかわからないと思わせるような雰囲気を持った打者はなかなかいないと思います。

 見た感じで強打者というので行けば、例えばレッドソックスのラファエル・デバースなどはその構えから打ちそうに思います。

カブス移籍後、打率は4割超え

 フランミル・レイエスはガーディアンズからDFAとなった後、ウェーバーにかけられ、現地2022年8月8日にカブスがクレームオフ。そして9日に即アクティベートしました。

 カブスでのデビュー戦はその9日のナショナルズ戦。先発で7回まで出場し、4打数1安打。そして10日にはフル出場で4打数2安打。フィールド・オブ・ドリームスには出場しなかったものの、13日のレッズ戦では上述のようにフル出場し、HRも放ちました。

 カブス移籍後は、12-5、HR1、打率.417、OBP .417、SLG .667 、OPS 1.083。

 この調子で本来の打撃を見せ続けてくれればと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました