スポンサーリンク

【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!

CLEからDFAとなったフランミル・レイエス

 現地2022年8月11日に、フィールド・オブ・ドリームスでアイオワでゲームを行ったカブスは、1日移動日を設けて現地2022年8月13日から14日まで再び、レッズと対戦。この3ゲームシリーズはいずれもレッズ・ホームです。

 シンシナティへ場所を移した13日のゲームはカブスが先制点を許すも、4回表にフランミル・レイエスが2ランHRを放って逆転。さらにゲーム後半にはイアン・ハップ、ウィルソン・コントレラスにもHRが出てカブスが7-2で勝利。このカードは2連勝となりました。

「MLBで最も打ちそうな打者」のフランミル・レイエス

 このゲームで、HRを放ったフランミル・レイエス(Franmil Reyes)は、トレード・デッドライン後の現地2022年8月6日、ガーディアンズからDFAとなっていました。

 今季はガーディアンズで70試合に出場。263-56で、打率 .213、OBP .254、SLG .350、OPSは.603。HRは9、RBIは28。さすがに、この数字は厳しいですね。

 ガーディアンズは長打は少ないものの、いい打率を残している選手がレギュラーの半分を占めていたので、やはりこの数字は打線を分断するものでした。もう少しSLGも上がっていればよかったのですが、今季は頼みの長打も少なかったですし、とにかくバットに当たりませんでした。

フランミル・レイエスとは

 フランミル・レイエスは1995年7月7日生まれの27才。ドミニカ共和国の出身です。

 元々はパドレスの選手で、2011年11月にアマチュアFAとしてサインしました。プロデビューは2012年で16才の時です。

 インディアンズに移籍したのは2019年のトレードデッドラインのこと。バウアーとプイーグを軸にしたレッズ、インディアンズ、パドレスによる3チームトレードでのことでした。

 このトレードでパドレスはレッズからテイラー・トランメルを獲得したのですが、その対価で出した一人がフランミル・レイエス。パドレスはあの長打力を捨てるのか?と筆者は思いました。

最も打ちそうな打者

 フランミル・レイエスの身長は6フィート5インチで196cmで体重は公式では120kg(実際はもっとありそう)。

 メジャー・リーグには彼より大きい体格の人はまだおります。

 しかし、フランミル・レイエスほど、打席に入った時に「打ちそう」に思える打者は他にいるでしょうか?実際に打つかどうかは別です(笑)。結果はともかく、初見だとしてこんなにストライク・ゾーンの上下が広く、どこまで運ばれるかわからないと思わせるような雰囲気を持った打者はなかなかいないと思います。

 見た感じで強打者というので行けば、例えばレッドソックスのラファエル・デバースなどはその構えから打ちそうに思います。

カブス移籍後、打率は4割超え

 フランミル・レイエスはガーディアンズからDFAとなった後、ウェーバーにかけられ、現地2022年8月8日にカブスがクレームオフ。そして9日に即アクティベートしました。

 カブスでのデビュー戦はその9日のナショナルズ戦。先発で7回まで出場し、4打数1安打。そして10日にはフル出場で4打数2安打。フィールド・オブ・ドリームスには出場しなかったものの、13日のレッズ戦では上述のようにフル出場し、HRも放ちました。

 カブス移籍後は、12-5、HR1、打率.417、OBP .417、SLG .667 、OPS 1.083。

 この調子で本来の打撃を見せ続けてくれればと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)
【2022-26 新CBA】クオリファイング・オファーのドラフト補償とペナルティーについて
【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに
【MLB プロスペクト 2023】再生カブス”の投手陣の大きな武器になりそうなヘイデン・ウェズネスキーをご紹介
【MLB 2023 FA】Dバックスがエバン・ロンゴリアと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました