スポンサーリンク

【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!

常に貢献しているウォルシュ!ついにサイクル安打達成へ

 大谷選手とともに打線が絶好調の時も、絶不調の時も、いつもいい仕事をしてきたジャレッド・ウォルシュが、現地2022年6月11日のメッツ戦でサイクル安打を達成しました!おめでとうございます!

 MLBで今季、サイクル安打を達成したのはブルワーズのクリスチャン・イェリッチ、メッツのエドゥアルド・エスコバーに続いて、3人目です。

トラウト&レンドンも揃い踏み

 現地2022年6月10日のメッツとのGame1を3-7のスコアで落としたエンゼルス。この日から手首を傷めてILに入っていたアンソニー・レンドンが復帰いたしました。しかし、レンドンは3-0という成績でした。

 迎えた現地2022年6月11日のGame2では、テイラー・ウォードはまだ離脱しているものの、2番から、トラウト→大谷→レンドン→ウォルシュという打線の流れが復活。トラウトとレンドンが揃い踏みとなり、ようやく役者が揃ったというところです。

 リリーバーの補強がない限り、エンゼルスはこうなることでしか今は現状を打開するのは難しいように思います。監督交替の効果もこうならないことには出ないと思いますし、むしろ交替させる必要があったのか?とも思います。

火を吹いたウォルシュ!

 メッツの先発は今季絶好調のクッキーことカルロス・カラスコ。

 大病を乗り越えた右腕は35才になりましたが、今季は病から復帰して以来、最高の出来を継続中で、このゲームが始まる前までは、11試合で7勝1敗、ERA3.52でした。

 そんなカルロス・カラスコを相手にエンゼルスは初回から大谷選手とアンソニー・レンドンの連続タイムリー・ダブルで2点を先制。いいチャンスだったのですが、初回のジャレッド・ウォルシュの第1打席は三振に終わりました。

第2打席でシングル 

 3回裏、エンゼルスはマイク・トラウトに今季15号となるソロHRが飛び出し、3-0と追加点。直後、大谷選手もシングルで続きました。

 レンドンの3Bゴロの間に、2塁へ進塁した大谷選手。そしてジャレッド・ウォルシュの第2打席。ウォルシュはアウトコースのスライダーをうまくRFへ運び、まずはシングルを放ちました。この時、大谷選手が2塁からホームインを試みますが、ジェフ・マクニールの好返球でホームはアウトに。勢いもあり、捕手のトーマス・ニドと接触するシーンがありましたが、特に怪我はありませんでした。

第3打席でダブル

 5回裏、エンゼルスは二塁打で出塁したマイク・トラウトを塁に置いて、大谷選手が今季13号となる大きな右中間へのHRを放ち、5-0とリードを拡大。レンドンが倒れた後、ウォルシュも二塁打を放ち、再度チャンスメイクするも、リードはこのまま。

第4打席でHR

  6回裏、エンゼルスは下位打線の攻撃でしたが、アンドリュー・ベラスケスにHRが出て6-0。さらに、四球で出塁したマーシュを1塁に置いて、マイク・トラウトがこの日、2本目となる16号を放ち、8-0とさらにリードを拡大。

 7回裏、イニングの先頭で打席が回ってきたウォルシュは、左腕のチェイスン・シュリーブから今季11号となるソロHRを放ち、1-9。取られた直後だったので効果的でした。

 これでサイクルへ王手をかけたウォルシュ。

第5打席でトリプル!=サイクル達成

 エンゼルスがリードし、9回裏の攻撃が限りなくなくなり、ウォルシュにもう1打席回るかどうか?というところでしたが、その心配は無用でした。8回裏は1番のマーシュから始まる打順で、マーシュは倒れたものの、トラウトに代わって途中出場したタイラー・ウェイドがシングルで出塁し、大谷選手は四球で出塁。これでダブルプレーがなければウォルシュに回るという状況に。

 アンソニー・レンドンは1塁ポップフライでダブルプレーをうまく回避。2アウトとなり、ウォルシュに回ってきました。残りは一番むずかしいと言われるトリプル。ピッチャーはトレバー・ウィリアムス。ウォルシュは3球目の真ん中低めのスライダーを強振。

 ヒットには違いないものの、とてもではないですが、トリプルのコースではなく、これでサイクルならず!と思った瞬間、メッツのCFはブランドン・ニモから途中交替の若いカリル・リーに代わっていて、リーは打球判断を誤り、ダイレクトでキャッチを試みようとして失敗。これがフェンスまで転々とする間にウォルシュは三塁へ。さすがにこれをエラーとはつけられない打球でしたので、見事にサイクル安打達成となったのでした!

やはりリリーバーが苦戦

 8回裏を終えて11−2と大量リードしたエンゼルス。マウンドには8回から登板していたオリバー・オルテガがイニングまたぎで上がりました。

 そのオルテガはランナーを出しつつも2アウトまで無失点で抑えていましたが、サイクルを放ったウォルシュのエラー、そして守りでミスをしたカリル・リーの3ランHRなどで最終回に4点を失い、結局、11-6と結構追い上げられてゲームセットとなりました。大量点ゆえ、ライセル・イグレシアスは投入しませんでしたが、やはりリリーバーの弱さを露呈した形となりました。

 しかし、強豪メッツを相手になんとか1つ勝てたのは良かったですね。

 なお、エンゼルスの先発はマイケル・ローレンツェンで6.1イニングを1失点と好投。6勝目を上げました。

 ウォルシュ、おめでとう!!

2010年からのサイクル安打達成者一覧

 2010年代からになりますが、歴代のサイクル安打達成者一覧です。

歴代NO名前NameTeamM-D-Year
337ジャレッド・ウォルシュJared WalshLAA06-11-2-22
336エドゥアルド・エスコバーEduardo EscoberNYM06-06-2022
335クリスチャン・イェリッチChristian YelichMIL05-11-2022
334エディー・ロザリオEddie RosarioATL09-19-2021
333フレディー・フリーマンFreddie FreemanATL08-18-2021
332ジェイク・クロネンワースJake CronenworthSDP07-16-2021
331トレイ・ターナーTrea TurnerWSH06-30-2021
330キャバン・ビジオCavan BiggioTOR09-17-2019
329ジョナサン・ビヤーJonathan VillarBAL08-05-2019
328トレイ・ターナーTrea TurnerWSH07-23-2019
327ジェイク・バウアーズJake BauersCLE06-14-2019
326大谷翔平Shohei OhtaniLAA06-13-2019
325ホルヘ・ポランコJorge PolancoMIN04-05-2019
324ブロック・ホルトBrock HoltBOS10-08-2018
323チャーリー・ブロックモンCharlie BlackmonCOL09-30-2018
322クリスチャン・イェリッチChristian YelichMIL09-17-2018
321クリスチャン・イェリッチChristian YelichMIL08-29-2018
320ムーキー・ベッツMookie BettsBOS08-09-2018
319ホセ・アブレイユJose AbreuCWS09-09-2017
318エバン・ロンゴリアEvan LongoriaTBR08-01-2017
317コディー・ベリンジャーCody BellingerLAD07-15-2017
316ノーラン・アレナドNolan ArenadoCOL06-18-2017
315カルロス・ゴメスCarlos GomezTEX04-29-2017
314トレイ・ターナーTrea TurnerWSH04-25-2017
313ウィル・マイヤーズWil MyersSDP04-10-2017
312ジョン・ジェイソJohn JasoPIT09-28-2016
311ラージャイ・デービスRajai DavisCLE07-02-2016
310フレディー・フリーマンFreddie FreemanATL06-15-2016
309マット・ケンプMatt KempSDP08-14-2015
308エイドリアン・ベルトレAdrian BeltreTEX08-03-2015
307チェ・シンスShin-Soo ChooTEX07-21-2015
306ブロック・ホルトBrock HoltBOS06-16-2015
305マイケル・カダイヤーMichael CuddyerCOL08-17-2014
304アレックス・リオスAlex RiosTEX09-23-2013
303ブランドン・バーンズBrandon BarnesHOU07-19-2013
302マイク・トラウトMike TroutLAA05-21-2013
301エイドリアン・ベルトレAdrian BeltreTEX08-24-2012
300アーロン・ヒルAaron HillARI06-29-2012
299アーロン・ヒルAaron HillARI06-18-2012
298スコット・ヘアストンScott HairstonNYM04-27-2012
297パブロ・サンドバルPablo SandovalSFG09-15-2011
296ジョージ・コターレスGeorge KottarasMIL09-03-2011
295カルロス・ゴンザレスCarlos GonzalezCOL07-31-2010
294ケリー・ジョンソンKelly JohnsonARI07-23-2010
293ベンジー・モリーナBengie MolinaTEX07-16-2010
292ジョディ・ゲラットJody GerutMIL05-08-2010
現地2022年6月11日時点のサイクル安打達成者(2010年から)

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました