【プロスペクト2020】ロッキーズのタイラー・ネビンは今季デビューするか?

期待の右打者、覚醒待ち

 ここ数日、運営の話題が多かったので久々にプレー関係の記事を書いてみたいと思います。

 ずっと記事にしたかった選手の話題です。コロラド・ロッキーズ所属、2015年アマチュアドラフト1巡目、全体38位指名の内野手、タイラー・ネビン(Tyler Nevin)についてです。

2018 AFLでヒウラとMVP争い

 タイラー・ネビンがその名を馳せたのは、2018年アリゾナ・フォールリーグ(AFL)での活躍。この年のAFLのMVPは現ブルワーズのケストン・ヒウラが獲りました。

現地2018年11月17日、2018年のアリゾナ・フォール・リーグ(略称: AFL)が閉幕しました。 このAFLは、トップ・...

 ヒウラは2019年にメジャーデビュー。まだまだ守備は一流にはほど遠いですが、首脳陣もそこは数をこなすしかないと目をつむり、彼の強い心にもとづく勝負強い打撃を買い、ゲームに出し続けました。ヒウラの2019年の成績は84試合に出場で、314打数95安打。打率.303、OBP .368、SLG .570、HR 19、RBI 49。

 ROYはピート・アロンソに華麗に持っていかれましたが、数字に現れにくい貢献度も含め、素晴らしい活躍を見せました。ルーキーながらWARは2.0。WARはもっと行ってもよいと思えるほどの成績でしたね。

 ヒウラの説明がやや長くなりましたが、そのヒウラと2018年のAFLで争ったのがロッキーズのタイラー・ネビン。ネビンは2018年AFLで打率. 426、OBP .535、SLG.593、OPS 1.128を記録。また、二塁打 3、三塁打 3、HR 0、RBI 20、15 BB、32 Total Bases。打率、OBP、SLG、OPSでトップでした。

 ちなみにMVPのヒウラは、打率.323、OBP .371、SLG .323、OPS .934、 HR 5、RBI 33、54 Total Bases、6 BB、7 Stolen Basesでした。

 2018 AFL スタッツ

野球エリートの家系

 有名なのは野球エリートの出身であるということ。お父さんはフィル・ネビン(Phil Nevin/ 1995-2006)。内野手でパドレスなどで活躍。ヤンキースの現サードベースコーチでもあります。

 また弟カイル(Kyle Nevin)は現NCAAのプレーヤーで今後間違いなくプロ入りしてくるであろう選手。テキサスのベイラー大学の内野手です。

2019年はAA 

 タイラー・ネビンは2019年はAAに所属。130試合に出場し、打率.251、OBP .345、SLG .399、HR 13、二塁打 26、三塁打2、RBI 61、BB 65、SO 90。

 ケストン・ヒウラ、ピート・アロンソなど2018年にAFLで戦った面々がデビューして大活躍する中、ちょっと寂しいシーズンでしたね。

Pre-2020:ロッキーズ内12位に

 2019年にETA(メジャーデビュー)するかと思われていたのですが、上記のようにAFLの活躍が嘘のように冷え込んだ成績に。

トップ・プロスペクトランキングではPre 2020では100位に入らず、ロッキーズ内30プロスペクトでようやく12位という位置に。

伸び悩んでいる

 実はタイラー・ネビンは2015年のドラフト後、怪我に悩まされバットを満足に振ることができていませんでした。2016年シングルAマイナスで1試合のみ、2017年はシングルAマイナスで6試合、シングルAで76試合の計82試合出場に留まっていました。2018年にようやくフルシーズンでプレーすることができ、シングルAプラスで100試合に出場。そしてAFLで活躍したという経緯がありました。 

ボールが上がらない 

 もともと中距離ヒッターといえるかもしれませんが、ただ彼のスイングの速さを見ると、もっとHRが出てもおかしくないはずなのですが、そこが悩ましいところ。どうもボールが上がらないんですね。2019年でも13HR。スイングが速すぎてラインドライブ気味の打球が多そうでもあります。打球に角度がつきにくいところを叩いているのかもしれません。

 それにしてももっと上がるはずなんですけどね。もったいないというと思うばかりです。

2019年11月に40manに上がるも・・・ 

 本来のスイングができていないかもしませんね。ただ、2019年11月にようやく40man ロスターに上がりました。しかし、現地3月6日にマイナーへ。今季も開幕メジャーとはいきませんでした。

ロッキーズ内野陣の高い壁

 ネビンのポジションは1Bか3B。ロッキーズの三遊間は言わずとしれたノーラン・アレナドとトレバー・ストーリー。D.J.ルメイヒューがヤンキースに移籍して空いた2Bのポジションはライアン・マクマホンが守り、1Bにはダニエル・マーフィーがおります。

 ちょっと内野のハードルが高いんですね。

ぜひとも2020年ETAを 

 とにかく力を蓄えてコールアップしてもらうしかありません。1Bならまだチャンスがあるかもしれないのでとにかくマイナーで調子を上げて行ってもらいたいと思います。

 今年はトラブルでスケジュール変更が相次ぎ、またシーズンが短くなればそれだけ上に上がるチャンスも減りますが、自身のちからで風穴を空けてもらいところです。

 あの美しくて速いスイングをMLBで見てみたいです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク