スポンサーリンク

ジェームズ・カリンチャックがメジャー・デビュー!1.1イニングで3SOも、CLEはダブルヘッダーで連敗

噂通りのカーブ

2日連続取り上げることになりますが、これは取り上げざるを得ません。

クリーブランド・インディアンス内NO.21プロスペクトのジェームズ・カリンチャック(James Karinchak)が現地2019年9月14日のダブルヘッダーのGame2でメジャー・デビューを果たしました!

Game2の8回2アウトから登板

ジェームズ・カリンチャックのデビュー戦は、ダブルヘッダーのGame2、8回2アウトからでした。

あとで流れを記載したいと思いますが、ニック・グッディがミゲル・サノにグランドスラムを浴び、その後四球でランナーを出し、2アウト目を三振に取った後のマウンド。

2アウトランナー1塁での登板でした。

8回表はジェイソン・カストロをCFフライに抑えてチェンジ。

9回表、ジェームズ・カリンチャックはイアン・ミラー、マックス・ケプラー、ホルヘ・ポランコを三者連続三振!

とても初登板とは思えない素晴らしい結果に。

MAXは97.9

この日投じたMAXは8回表にジェイソン・カストロをCFフライに仕留めたボールで97.9mph(157.5548kmh)を計測。

球種

そして投じた球種と速度帯はファストボール(4シーム)が約97mph、スライダーが85-86mph(136.79-138.40kmh)、カーブが83-85mph(133.57-136.79)。

速度帯からすればまっすぐとカーブのどちらを絞るという対策になりそうですが、スライダーとカーブの軌道が違うので、打者からすれば実質3つの速度帯で張らなければならないかなと思います。

バーランダーよりちょっと落ち方が大きいのではないかというカーブです。

面白い逸材が最後に出てきましたね。

インディアンス、ダブルヘッダーで2敗!

さてゲームの方ですが、インディアンスがダブルヘッダーで連敗してしまいました。

Game1

ローカルタイムで13時すぎに始まったGame1ではインディアンス先発のマイク・クレビンジャーが好投。8回まで投げぬいたのですが、3回表に1アウトからマックス・ケプラーにシングルを打たれた直後、ホルヘ・ポランコに2ランHRを浴び、これが決勝点に。

インディアンス打線はツインズの小刻みなリレーに対応出来ず、5安打が精一杯。シャットアウト・リレーを許してしまいました。

Game SCORE (MIN 2-0 CLE)

Game2

Game2ですが、こちらは双方ともに短リレーを使用。インディアンスはなんとリリーフでしか見たことのないタイラー・クリッパードが先発。

ツインズのルイス・ソープが3.2イニングも投げているのでさすがにオープナーと呼ぶにはちょっと長いイニングかなと思いました。

いずれにせよ点の取り合いとなり、7回を終了して5−4とインディアンスがリード。

しかし、8回表ツインズはアダム・シンバーから先頭のジョナサン・スコープがシングルで出塁。その後、投手はベテランのオリバー・ペレスに代わりますが、1アウト後ホルヘ・ポランコがタイムリー・ダブルを放ち、5−5のタイに。

ネルソン・クルーズを敬遠した後、エディー・ロサリオには四球を与えてしまい、1アウト満塁の大ピンチに。

ここでインディアンスはオリバー・ペレスに代えてニック・グッディを起用。その代わりばなの初球に、ミゲル・サノにグランドスラムを打たれ5-9と逆転を許してしまいます。その後、2アウト目を取った後、ジェームズ・カリンチャックが出てきたという流れでした。

Game SCORE (MIN 9-5 CLE)

インディアンス、ピンチ

この日の結果により、ゲーム差は以下の通りに。

2019 Spring Training Standings
The official 2019 Spring Training, Cactus and Grapefruit league standings for Major League Baseball

【ア・リーグ中地区】 2019年9月14日時点

  1. ツインズ:91-57
  2. インディアンス:86-63 (ゲーム差5.5)

インディアンスはワイルドカードも後退。

【ア・リーグワイルドカード】2019年9月14日時点

  1. アスレチックス:89-60
  2. レイズ:89-61
  3. インディアンス:86-63
  4. レッドソックス:78-70

インディアンスは現地2019年9月15日のツインズ戦Game3が最後の直接対決。

その後はタイガース、フィリーズ、ホワイトソックス、ナショナルズのそれぞれ3連戦で2019年は終了。

もう勝つしかないのですが、他のチームも最後の一踏ん張りをしているところですから恐らく勝ったり負けたりでゲーム差が縮まないと思います。よって、ツインズはペナントがそこまで見えてきたかなと思います。

残るはワイルドカードでインディアンスの連勝と上位2チームの連敗が重なればまだ望みはあります。

厳しい戦いが続きます。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました