スポンサーリンク

【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる

プロスペクト

MLBパイプラインが選ぶ2022ドラフト候補

 現地2021年12月16日、プロスペクトにフォーカスしたMLBパイプラインが2022年のドラフト・プロスペクト100なるランキングを発表。NO.1にアンドリュー・ジョーンズの息子、ドリュー・ジョーンズ(ひょっとしたらドルーかもしれません)がランクインして話題となっています。ランキングを紹介してくれたのはもちろん、ジョナサン・メイヨ(Jonathan Mayo)さんですね。

今回はアマチュア・ドラフトの候補達

 毎年1月には「すでにプロになっている」トップ・プロスペクト100が発表されます。

 これはMLBパイプラインが選ぶプロの若手選手の有望株のこと。トップ・プロスペクト・ランクはほかに2つの老舗メディアが有名で1つはアマ・ベースボールを追いかけ続けているBaseball America(https://www.baseballamerica.com/)、そしてもうひとつも昔から有名なBaseball Prospectus(https://www.baseballprospectus.com/)。この3つによって、ランキングが若干異なったりします。

 今回話題となったはアマチュア・ドラフトのプロスペクト。ドラフト候補ですね。それにランキングがついたもの。

NPBで例えるなら??

 もしもNPBで例えるなら、ドラフト特集をよくやっている『野球小僧』がBaseball AmericaやBaseball Prospectusのような位置づけでしょうか。そしてMLBパイプラインは、要はNPB機構が若手有望株をメインに取り扱うメディアを作り、「NPBパイプライン」のようなブランドをつけて特集しつづけ、しかもランキング付けをやるようなもの。もしそれをやるならなかなかハードルが高そうですね。

 言えるのは、日本でもドラフト候補生にワクワクするように、アメリカも「どんな選手がいるんだ!」と次世代スターに興味津々な訳ですね。

NO.1にアンドリュー・ジョーンズの息子

 今回、話題となったのはアトランタ・ブレーブスをメインに活躍し、GG賞を10度受賞、オールスターに5度出場、SS賞も受賞し、通算434HRを放ち、楽天ゴールデンイーグルスにも所属したことのあるアンドリュー・ジョーンズの息子さんのドリュー・ジョーンズがNO.1に選ばれたこと。

Andruw Jones Stats | Baseball-Reference.com
Career: 434 HR (48th), .254 BA, 1289 RBI, CF, 5xAllStar, 10xGG, Braves/Yankees/... 1996-2012, b:R/t:R, 1x RBI Leader, born in Curacao. 1977, The Curaçao Kid

ドリュー・ジョーンズとは?

 ドリュー・ジョーンズは、2003年11月28日生まれの18才。現在は、ジョージア州にあるウエスレヤン高校(Wesleyan high school )のSenior(シニア)、高校3年生です。

日本とアメリカの学校の「学年」の数え方の違い(ENGLISH JOURNAL ONLINE)

 5ツール・プレーヤーとして注目されています。身長は6フィート4インチ(193cm)で、父の6フィート1インチ(185cm)をすでに超えています。打撃もお父さんから色々な考えを教わっており、非常にきれいで力強いスイングをしています。

 非常に期待される逸材であることは間違いありません。

ヴァンダービルト大か?プロか?

 このドラフトで指名されることは間違いなし。ただし、すでにヴァンディー・ボーイズこと、ヴァンダービルト大学の進学が内定しています。

 アメリカのハイスクール卒業選手がなぜ大学に進学するのかと言えば、やはりドラフト時のサイニング・ボーナスが違うからです。

 ドラフトのいわゆる契約金は、ボーナス・スロットという名のサイニング・ボーナスが年ごとに決められていて、これよりはみ出るとペナルティーが発生したりします。ちなみに2020年の全体1位のボーナス・スロットは$8.415M。2位で$7.79M。

 ドリュー・ジョーンズも通常の高校卒のように、遅いラウンドでの指名なら間違いなくヴァンダービルトに進学するでしょう。しかし、もしも全体1位あるいは2位というトップ順位での指名であれば?

 そうなるとヴァンダービルト大でなく、プロに行くという決断を下すと思われます。よって、プロになるかどうかは指名順位次第ということに。

 2021年は初めてオールスター・ブレイク中にドラフトが行われました。2022年のドラフトの日時は決まっていませんが、いずれにしても夏であり、アメリカの9月の新学期前に行われます。ヴァンディー・ボーイズか?プロか?なかなか楽しみではあります。

ドラフト候補一覧

 なお、今回明らかになったドラフト・プロスペクト・ランクは下記リンクをご参照ください。

クマール・ロッカーが31位にランクイン

 さて、記憶に新しい2021年のアマチュア・ドラフト。

 全体1位の候補して右腕のクマール・ロッカーが注目されていました。ひょっとしたらドリュー・ジョーンズの先輩になるかもしれないヴァンダービルト大の選手ですね。ジャック・ライターともに、ヴァンダービルト大の2枚看板でもありました。

 この2人のどちらが全体1位か?というところでしたが、結果は全体1位の指名権のあったパイレーツが捕手のヘンリー・デービスを指名。

 そして全体2位の指名権をもったレンジャーズがジャック・ライターを獲得しました。

 そして、当のクマール・ロッカーはなんと全体10位。メッツからの指名となりました。なぜ、指名順位を落としたのかと言えば、2020シーズンのピッチングの不調。特に球速の低下が見られ、出れば抑えると思われた2019シーズンと違い、マウンドでの安心感がなくなっていました。

 さらに指名したメッツは肘の懸念を示し、

上限であるスロットの$4.7Mを遥かに下回る金額を提示。スロットの40%とも言われています。

 これに不服としらクマール・ロッカーはメッツへの入団も拒否。指名時は3年生だったので、もう1年ヴァンダービルトに残るという手もあったものの、その選択肢は取りやめ。メッツとの契約が破談したため、一時はNPB入りも噂されました。

 2021ドラフト後のクマール・ロッカーの動向は明らかになっておらず、どうしていたのか?と思っていました。

 今回、2022年のドラフト候補にも入り、まだMLB入りの可能性も出てきています。

 なお、お父さんはNFLの元選手のトレイシー・ロッカー。クマール・ロッカーは高校までフットボールのラインマンでもありました。フットボールは高校で辞め、大学では野球に専念していました。

 このブランクも鍛えていることは間違いありません。エージェントはスコット・ボラスなので、ドラフト後の身の振り方、あるいはトレーニングについてもなんらかの指示もあったでしょう。

 むしろ、クマール・ロッカーがどうなるのか、なかなか興味深いというお話でした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました