スポンサーリンク

【MLB 2023 ドラフト・オーダー】ロッタリー導入後初のドラフト!全体1位のピック権はパイレーツ

2023ドラフトは現地7月9日〜11日

 現地2023年7月7日、MLBはオールスター前の最後のカードを戦っています。このカードが終わればオールスター・ウィークに突入。前半戦の最後のゲーム日は現地9日で、後半戦スタートが現地14日です。オールスターに出場しない選手は最大で5日ほど空きますから、前半戦にいい投手をどんどんつぎ込んでくるのが前半戦最後のカードの面白いところでもあります。

 オールスターの予定を改めて。

DateEvent
現地7/82023 フューチャーズ・ゲーム
(プロスペクト達のオールスターで7イニング制)
現地 7/9– 前半戦最後のゲーム日
– MLBドラフト2023 (〜現地11日まで)
(ファースト・イヤー・プレーヤー・ドラフト。
アマチュアから選ぶ通常のドラフト)
現地7/10– ワークアウト・デー
– ホームラン・ダービー
(地元のフリオ・ロドリゲス、V・ゲレロ・Jr、ムーキー・ベッツらが参加)
現地7/11第93回 ミッドサマー・クラシック
現地7/14後半戦スタート

新方式最初のドラフト

 2021年からMLBドラフトはオールスター・ウィークでの開催となり、この時期に行われるのは今年で3回め。

 さらに、2022年開幕前にもめにもめた新CBA(労使協定)ですが、その中でドラフト・ロッタリーなどの新方式が採用されることとなりました。

 2022年のドラフトでは制度設計が間に合わず、前年同様のものとなりましたが、2023年から新方式が採用され、2022年のウィンター・ミーティングで決まったドラフト・ロッタリーの結果が反映された順位となっております。

 旧来であれば、ワールドシリーズを落としたナ・リーグの最低勝率のナショナルズが全体1位ということでしたが、ロッタリーの結果、パイレーツが2年連続で全体1位を指名することになっています

 ロッタリーの詳細は下記をご覧ください。

ラウンド1 (1巡目)

 では見ていきますと、全体1位は2年連続でパイレーツがゲット。今季は強いので、また良いドラフトになりそうです!

全体順位CLUB
1パイレーツ
2ナショナルズ
3タイガース
4レンジャーズ
5ツインズ
6アスレチックス
7レッズ
8ロイヤルズ
9ロッキーズ
10マーリンズ
11エンゼルス
12ダイヤモンドバックス
13カブス
14レッドソックス
15ホワイトソックス
16ジャイアンツ
17オリオールズ
18ブルワーズ
19レイズ
20ブルージェイズ
21カージナルス
22マリナーズ
23ガーディアンズ
24ブレーブス
25パドレス
26ヤンキース
27フィリーズ
28アストロズ

(新制度)Prospect Promotion Incentive Picks

 こちらは新制度です。

 MLB Pipeline、Baseball America、あるいはESPN(3つのうち少なくとも2つ)によってプレ・シーズンのトップ100プロスペクトと評価された選手が所属クラブの開幕ロースターに名を連ね、しかもROY(Rookie of the Year)を獲得した場合、そのクラブは1巡目以降にプロスペクト昇格インセンティブ指名権を与えられることから、マリナーズに指名権が与えられました。

全体順位CLUB
29マリナーズ

 Pre-2022のトップ・プロスペクト・ランクでマリナーズのフリオ・ロドリゲスはNO.3。

 そしてフリオ・ロドリゲスは2022年のAL ROYを受賞。

 これまでの顕著な例としてクリス・ブライアントのケースのようにデビューを遅らせて、FAをもう1年遅らせようとするMLS操作の防止を目的に作られた制度です。インセンティブを与えることでそれ阻止するやり方。第1号が早速出て何よりです。

Competitive Balance Round A

 市場あるいは収益プールの小さな10のクラブが1巡目または2巡目の終了時に追加指名が出来る権利のこと。この2つのラウンドは毎年交互に行われ、この権利をトレードすることができます。没収されることはありません。

全体順位CLUB
30マリナーズ
31レイズ
32メッツ

 メッツは贅沢税の基準額を$40Mドル以上超過したため1位指名が10ランク下がり、ここに来ました。

33ブルワーズ
34ツインズ
35マーリンズ
36ドジャース

 ドジャースもメッツと同様の理由でここで1巡目ピックとなりました。

37タイガース
38レッズ
39アスレチックス

ラウンド2 (2巡目)

 エンゼルス、ブルージェイズ、カージナルス、カブス、パドレス、フィリーズ、レンジャーズ、ヤンキースは、QOを拒否したFA選手と契約した結果、2巡目指名権を没収されています。

全体順位CLUB
40ナショナルズ
41アスレチックス
42パイレーツ
43レッズ
44ロイヤルズ
45タイガース
46ロッキーズ
47マーリンズ
48ダイヤモンドバックス
49ツインズ
50レッドソックス
51ホワイトソックス
52ジャイアンツ
53オリオールズ
54ブルワーズ
55レイズ
56メッツ
57マリナーズ
58ガーディアンズ
59ブレーブス
60ドジャース
61アストロズ

Competitive Balance Round B

全体順位CLUB
62ガーディアンズ
63オリオールズ
64ダイヤモンドバックス
65ロッキーズ
66ロイヤルズ
67パイレーツ

Compensation picks

 QOをオファーしたクラブしたものの、FA選手が他のクラブとサインした場合、出ていかれたクラブがレベニュー・シェアリングを受け取っておらず且つ前シーズンに贅沢税の基準額を超えなかった場合、コンペティティブ・バランス・ラウンドBの後に補償として受け取ることが出来るピック権。

全体順位CLUB
68カブス
 

 ウィルソン・コントレラスがカージナルスと契約したため。

69ジャイアンツ

 カルロス・ロドンがヤンキースとサインしたため。

70ブレーブス

 ダンスビー・スワンソンがカブスとサインしたため。

ラウンド3 (3巡目)

 レンジャーズは複数のQOを受けたFA選手(ネイトとデグロム)と契約した結果、3巡目指名権も没収されています。

全体順位CLUB
71ナショナルズ
72アスレチックス
73パイレーツ
74レッズ
75ロイヤルズ
76タイガース
77ロッキーズ
78マーリンズ
79エンゼルス
80ダイヤモンドバックス
81カブス
82ツインズ
83レッドソックス
84ホワイトソックス
85ジャイアンツ
86オリオールズ
87ブルワーズ
88レイズ
89ブルージェイズ
90カージナルス
91メッツ
92マリナーズ
93ガーディアンズ
94ブレーブス
95ドジャース
96パドレス
97ヤンキース
98フィリーズ
99アストロズ
100オリオールズ

ラウンド4 (4巡目)

全体順位CLUB
102ナショナルズ
103アスレチックス
104パイレーツ
105レッズ
106ロイヤルズ
107タイガース
108レンジャーズ
109ロッキーズ
110マーリンズ
111エンゼルス
112ダイヤモンドバックス
113カブス
114ツインズ
115レッドソックス
116ホワイトソックス
117ジャイアンツ
118オリオールズ
119ブルワーズ
120レイズ
121ブルージェイズ
122カージナルス
123メッツ
124マリナーズ
125ガーディアンズ
126ブレーブス
127ドジャース
128パドレス
129ヤンキース
130フィリーズ
131アストロズ

Compensation picks

 QOを提示したが、FA選手が他のクラブとサインした場合、出ていかれたクラブがレベニュー・シェアリングを受け取っておらず尚且つ前シーズンに贅沢税の基準額を超えていた場合に受け取ることが出来る補償。

132レッドソックス

 ザンダー・ボガーツの補償。パドレスはボガーツとの契約により2巡目と5巡目の指名権を没収されています。

133レッドソックス

 ネイサン・イオバルディへの補償。レンジャーズは4巡目指名権を没収されました。

134メッツ

 ジェイコブ・デグロムの補償。レンジャーズはデグロムとの契約により2巡目指名権を没収されています。

135メッツ

 クリス・バシットの補償。バシットとの契約によりブルージェイズは2巡目指名権を没収されています。

136ドジャース

 タイラー・アンダーソンの補償。エンゼルスはアンダーソンとの契約により2巡目指名権を没収されています。

137ドジャース

 トレイ・ターナーへの補償。フィリーズはターナーとの契約により2巡目指名権と5巡目指名権を没収されています。

残りラウンド

残りラウンドは以下の順で指名されます。これは旧来のウェーバー順です。

CLUB
ナショナルズ
レッズ
レンジャーズ
エンゼルス
ツインズ
ジャイアンツ
レイズ
メッツ
ブレーブス
ヤンキース
アスレチックス
ロイヤルズ
ロッキーズ
ダイヤモンドバックス
レッドソックス
オリオールズ
ブルージェイズ
マリナーズ
ドジャース
フィリーズ
パイレーツ
タイガース
マーリンズ
カブス
ホワイトソックス
ブルワーズ
カージナルス
ガーディアンズ
パドレス
アストロズ

 今季の全体1位は?

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました