スポンサーリンク

【プロスペクト2020】ホワイトソックスのリードオフ候補、ルイス・ロバートは大ブレークしそう

もう打つとしか思えない

 ホワイトソックスのエドウィン・エンカーナシオン獲得の記事でも書かせていただいたことですが、2020年のホワイトソックスはプロスペクトの台頭が明白です。しかも非常に有望なプロスペクトが少なくとも3人はおります。これに投手のプロスペクトを加えれば、非常に新陳代謝がヘルシーということになります。

  • OF: ルイス・ロバート
  • 2B: ニック・マドリガル
  • 1B: アンドリュー・ボーン

 なかでも、CFでリードオフ候補と見られるルイス・ロバートについて書きたいと思います。

表記:ロバートで行きます!

 名前の表記ですが、ラテン読みで「ロベルト」という記載のサイトもあり、ラテン語の日本語表記としてはそれで正解かと思います。ただ、、このサイトではなるべく実況の音と合わせたいという考えもあるため、彼の表記はロバートにしたいと思います。デビュー後に実況が、「ロベルト」で連呼しまくっていたらすみません。

 ただ、「どう発音すればいい?」というサイン後の記者会見で、通訳がキューバー読みとともにキューバ外の発音も話していて、「ロバート」という普通のアメリカ人の呼び名と一致していたので、そう書かせていただきたいと思います。

Luis Robert reveals how to pronounce his name(NBC)

ルイス・ロバートとは?

 ルイス・ロバートは1997年8月3日生まれの22才。2020シーズン8月で23才になります。キューバ出身で右投げ右打ち。

 子供の頃からキューバのジュニアリーグで注目を浴び、ジュニア代表チームでプレーするほど将来性豊かな野球少年でした。2013−14シーズンにシエゴ・デ・アビラ (Ciego de Ávila)というキューバ・リーグ傘下のチームでプレー。この時、まだ15才。さすがにこのシーズンは17試合の出場にとどまり、打率も.125と苦労し、HRも0に終わりました。

 16才の時の2014−15シーズンでは初HRも記録。17才の2015-16シーズンでは進化。打率も .305を記録し、HRも5本を数えるようになりました。2016年夏に北米遠征を経験。ルイス・ロバートはチーム最年少のプレーヤーとして16試合で打率.286、OBP .319、SLG .397の好成績を残しています。この時、スカウトの目にも止まったのではないかと思います。

 そして18才となった2016-17シーズンでは打率.401を記録。OBPが.526、SLG は.687、HRも12本を放ち、RBIも40を叩き出し、完全にプロとしてやっていける自信がついたと思います。

モンカダに次ぐ$25M契約でサイン

 そして、2017年5月20日にホワイトソックスとサイン。サイニング・ボーナス(契約金)はなんと$25M!これはレッドソックスがヨアン・モンカダに支払った$31.5Mに次ぐ高額契約となりました。ホワイトソックスは、当時19歳だったルイス・ロバートを獲得するため、インターナショナル・サイニング・ボーナスの割り当ての増額を決めていたほどでした。なおこの時はマイナー契約でした。

 ホワイトソックス入団後は傘下のドミニカサマーリーグに所属。彼はDSLホワイトソックスに配属。28ゲームで3HR、14 RBIと活躍。

 2018シーズンはシングルA、シングルA+、ルーキーリーグ(一時的)そしてアリゾナ・フォール・リーグに参加。

2019 Minor League Player of the Year award

 2019年はシングルA+からスタートし、ダブルA、トリプルAを経験。3つのレベルを合わせて、122試合に出場し、503打数165安打、打率 .328、OBP .376,SLG.624、 HR 32、RBI 92、二塁打 31、盗塁 36、四球 28、三振 129。トリプルAでのHRは16本。2019シーズンのトリプルAのHR数はかなり割り引いて考えなければなりませんが、5ツールぶりがよくわかる数字ですね。2019 Minor League Player of the Year awardを受賞。

 2019シーズンはフューチャーゲームにも出場しています。

 非常に楽しみな選手です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました