スポンサーリンク

【プロスペクト2020】ホワイトソックスのリードオフ候補、ルイス・ロバートは大ブレークしそう

もう打つとしか思えない

 ホワイトソックスのエドウィン・エンカーナシオン獲得の記事でも書かせていただいたことですが、2020年のホワイトソックスはプロスペクトの台頭が明白です。しかも非常に有望なプロスペクトが少なくとも3人はおります。これに投手のプロスペクトを加えれば、非常に新陳代謝がヘルシーということになります。

  • OF: ルイス・ロバート
  • 2B: ニック・マドリガル
  • 1B: アンドリュー・ボーン

 なかでも、CFでリードオフ候補と見られるルイス・ロバートについて書きたいと思います。

表記:ロバートで行きます!

 名前の表記ですが、ラテン読みで「ロベルト」という記載のサイトもあり、ラテン語の日本語表記としてはそれで正解かと思います。ただ、、このサイトではなるべく実況の音と合わせたいという考えもあるため、彼の表記はロバートにしたいと思います。デビュー後に実況が、「ロベルト」で連呼しまくっていたらすみません。

 ただ、「どう発音すればいい?」というサイン後の記者会見で、通訳がキューバー読みとともにキューバ外の発音も話していて、「ロバート」という普通のアメリカ人の呼び名と一致していたので、そう書かせていただきたいと思います。

Luis Robert reveals how to pronounce his name(NBC)

ルイス・ロバートとは?

 ルイス・ロバートは1997年8月3日生まれの22才。2020シーズン8月で23才になります。キューバ出身で右投げ右打ち。

 子供の頃からキューバのジュニアリーグで注目を浴び、ジュニア代表チームでプレーするほど将来性豊かな野球少年でした。2013−14シーズンにシエゴ・デ・アビラ (Ciego de Ávila)というキューバ・リーグ傘下のチームでプレー。この時、まだ15才。さすがにこのシーズンは17試合の出場にとどまり、打率も.125と苦労し、HRも0に終わりました。

 16才の時の2014−15シーズンでは初HRも記録。17才の2015-16シーズンでは進化。打率も .305を記録し、HRも5本を数えるようになりました。2016年夏に北米遠征を経験。ルイス・ロバートはチーム最年少のプレーヤーとして16試合で打率.286、OBP .319、SLG .397の好成績を残しています。この時、スカウトの目にも止まったのではないかと思います。

 そして18才となった2016-17シーズンでは打率.401を記録。OBPが.526、SLG は.687、HRも12本を放ち、RBIも40を叩き出し、完全にプロとしてやっていける自信がついたと思います。

モンカダに次ぐ$25M契約でサイン

 そして、2017年5月20日にホワイトソックスとサイン。サイニング・ボーナス(契約金)はなんと$25M!これはレッドソックスがヨアン・モンカダに支払った$31.5Mに次ぐ高額契約となりました。ホワイトソックスは、当時19歳だったルイス・ロバートを獲得するため、インターナショナル・サイニング・ボーナスの割り当ての増額を決めていたほどでした。なおこの時はマイナー契約でした。

 ホワイトソックス入団後は傘下のドミニカサマーリーグに所属。彼はDSLホワイトソックスに配属。28ゲームで3HR、14 RBIと活躍。

 2018シーズンはシングルA、シングルA+、ルーキーリーグ(一時的)そしてアリゾナ・フォール・リーグに参加。

2019 Minor League Player of the Year award

 2019年はシングルA+からスタートし、ダブルA、トリプルAを経験。3つのレベルを合わせて、122試合に出場し、503打数165安打、打率 .328、OBP .376,SLG.624、 HR 32、RBI 92、二塁打 31、盗塁 36、四球 28、三振 129。トリプルAでのHRは16本。2019シーズンのトリプルAのHR数はかなり割り引いて考えなければなりませんが、5ツールぶりがよくわかる数字ですね。2019 Minor League Player of the Year awardを受賞。

 2019シーズンはフューチャーゲームにも出場しています。

 非常に楽しみな選手です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました