スポンサーリンク

【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得

まさかのジャイアンツのクレームオフ

 現地2022年6月18日、サンフランシスコ・ジャイアンツはシカゴ・ホワイトソックスを現地2022年6月12日付けでDFAとなっていたヤーミン・メルセデスをウェーバーでクレームオフ(獲得)しました。

 ジャイアンツは同日、ヤーミン・メルセデスをトリプルAにアサインしています。

2021年に一瞬だけ輝く

 ヤーミン・メルセデスは29才の右投げ右打ちの捕手兼1B。実質的にはマスクをかぶることは少なく、DHか1Bです。

 筆者も彼のデビュー前まではすごい打撃の選手がいると取り上げたことがあります。これは2020シーズン前のことでした。コロナ・パンデミックもあり、彼の名前が知れ渡るのは2021シーズンに入ってから。

 ヤーミン・メルセデスが輝いたのは2021年の開幕直後。8打数8安打を放ち、2021年4月は打率.415、5本塁打を記録。4月のAL ROM(Rookie Of the Month)にも選ばれ、大いに注目されました。

ラルーサに叱責される

 彼が色々と疑問視されたのはその後のことです。

 発端は現地2021年5月17日のツインズ戦。ホワイトソックスは中盤にビッグイニングを3度も設け、結果16-4で下したゲームがありました。

 この時に問題となったのが、ヤーミン・メルセデスの不文律破りでした。ホワイトソックスが15-4でリードしていた9回表、ツインズはポジション・プレーヤーのウィリアンズ・オスティディーヨ(Willians Astudillo)をマウンドに。オスティディーヨは47mphのスローボールで対応。これをヤーミン・メルセデスが気持ち良く、大ホームランを放ったのでした。

 これに対してオールド・スクールのトニー・ラルーサはメルセデスを批判。実際は大激怒というところです。3ボール、0ストライクのカウントでベンチは”take”「待て」のサインを出していたにも関わらず、ヤーミン・メルセデスは気持ち良く大きなHRを飛ばしたからです。相手にこれ以上恥を欠かせない配慮がないのもさることながら、それも含めてサインを出していたベンチを無視したからです。

 ヤーミン・メルセデスがおかしくなったのはそれからです。以降、調子を崩し、マイナーに。

 さらには引退騒動まで起こしました。

 なお、この引退騒動に関してもラルーサはさらに激怒。平たく言うと、「お前ごときが何をほざいていやがる」という実際はそんなことは言ってと思いますが、ニュアンスとしてはそのようなことを言って、猛省を促したのでした。

 せっかくの打撃のセンスを有しながら、不文律破り、そして引退騒動とつづけざまに起こしたトラブルの印象が悪く、ファンからもあまり応援されない選手となってしまいました。

SNSで喜びを爆発・・・またか・・・

 今回、ジャイアンツにクレームオフされたことで、当の本人はなぜか喜びを爆発。本人の真意はわかりません。ひょっとしたら、DFAで行き先が不明となり、落ち込んでいたところ、救いがあり、しかもそれがジャイアンツだったということでただ単に嬉しかっただけかもしれません。しかし、CWS側はどう受け取ったでしょうかね?二文字の言葉を置きたいところですが、今後の本人の成長も期待してそれは控えます。

4月に有鉤骨を骨折

 DFAということはホワイトソックスで40manに入っていたことがそもそも驚きだったのですが、ヤーミン・メルセデスは4月4日に10Day IL入り。左手の有鉤骨(バットのグリップが当たるところ)を骨折していました。それはどうやら治っていたようで、5月5日から6月11日までAAAのゲームに出場。25試合で打率.230、4HR。

サプライズ起用があるか?! 

 ヤーミンがロスターに入るのはDH枠かと思います。

 ジャイアンツは、同日(18日)に捕手のマイケル・パピエルスキをDFAとし、40manロスターを空けました。

 17日には左腕のマット・ホールともマイナーディールを結んでいることから、誰をそのスポットに上げるのかは定かではありませんが、左腕投手に対して打率.339(右腕は.244)を有しているヤーミン・メルセデスを現地20日から23日まで予定されているブレーブスとの4ゲームシリーズにぶつけてくるかもしれません(そうでなかったらすみません)。

 早速、陽の目を見るかもしれませんね。その際はあまり調子に乗らないようにしてもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました