スポンサーリンク

【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得

まさかのジャイアンツのクレームオフ

 現地2022年6月18日、サンフランシスコ・ジャイアンツはシカゴ・ホワイトソックスを現地2022年6月12日付けでDFAとなっていたヤーミン・メルセデスをウェーバーでクレームオフ(獲得)しました。

 ジャイアンツは同日、ヤーミン・メルセデスをトリプルAにアサインしています。

2021年に一瞬だけ輝く

 ヤーミン・メルセデスは29才の右投げ右打ちの捕手兼1B。実質的にはマスクをかぶることは少なく、DHか1Bです。

 筆者も彼のデビュー前まではすごい打撃の選手がいると取り上げたことがあります。これは2020シーズン前のことでした。コロナ・パンデミックもあり、彼の名前が知れ渡るのは2021シーズンに入ってから。

 ヤーミン・メルセデスが輝いたのは2021年の開幕直後。8打数8安打を放ち、2021年4月は打率.415、5本塁打を記録。4月のAL ROM(Rookie Of the Month)にも選ばれ、大いに注目されました。

ラルーサに叱責される

 彼が色々と疑問視されたのはその後のことです。

 発端は現地2021年5月17日のツインズ戦。ホワイトソックスは中盤にビッグイニングを3度も設け、結果16-4で下したゲームがありました。

 この時に問題となったのが、ヤーミン・メルセデスの不文律破りでした。ホワイトソックスが15-4でリードしていた9回表、ツインズはポジション・プレーヤーのウィリアンズ・オスティディーヨ(Willians Astudillo)をマウンドに。オスティディーヨは47mphのスローボールで対応。これをヤーミン・メルセデスが気持ち良く、大ホームランを放ったのでした。

 これに対してオールド・スクールのトニー・ラルーサはメルセデスを批判。実際は大激怒というところです。3ボール、0ストライクのカウントでベンチは”take”「待て」のサインを出していたにも関わらず、ヤーミン・メルセデスは気持ち良く大きなHRを飛ばしたからです。相手にこれ以上恥を欠かせない配慮がないのもさることながら、それも含めてサインを出していたベンチを無視したからです。

 ヤーミン・メルセデスがおかしくなったのはそれからです。以降、調子を崩し、マイナーに。

 さらには引退騒動まで起こしました。

 なお、この引退騒動に関してもラルーサはさらに激怒。平たく言うと、「お前ごときが何をほざいていやがる」という実際はそんなことは言ってと思いますが、ニュアンスとしてはそのようなことを言って、猛省を促したのでした。

 せっかくの打撃のセンスを有しながら、不文律破り、そして引退騒動とつづけざまに起こしたトラブルの印象が悪く、ファンからもあまり応援されない選手となってしまいました。

SNSで喜びを爆発・・・またか・・・

 今回、ジャイアンツにクレームオフされたことで、当の本人はなぜか喜びを爆発。本人の真意はわかりません。ひょっとしたら、DFAで行き先が不明となり、落ち込んでいたところ、救いがあり、しかもそれがジャイアンツだったということでただ単に嬉しかっただけかもしれません。しかし、CWS側はどう受け取ったでしょうかね?二文字の言葉を置きたいところですが、今後の本人の成長も期待してそれは控えます。

4月に有鉤骨を骨折

 DFAということはホワイトソックスで40manに入っていたことがそもそも驚きだったのですが、ヤーミン・メルセデスは4月4日に10Day IL入り。左手の有鉤骨(バットのグリップが当たるところ)を骨折していました。それはどうやら治っていたようで、5月5日から6月11日までAAAのゲームに出場。25試合で打率.230、4HR。

サプライズ起用があるか?! 

 ヤーミンがロスターに入るのはDH枠かと思います。

 ジャイアンツは、同日(18日)に捕手のマイケル・パピエルスキをDFAとし、40manロスターを空けました。

 17日には左腕のマット・ホールともマイナーディールを結んでいることから、誰をそのスポットに上げるのかは定かではありませんが、左腕投手に対して打率.339(右腕は.244)を有しているヤーミン・メルセデスを現地20日から23日まで予定されているブレーブスとの4ゲームシリーズにぶつけてくるかもしれません(そうでなかったらすみません)。

 早速、陽の目を見るかもしれませんね。その際はあまり調子に乗らないようにしてもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました