スポンサーリンク

【MLB】ガーディアンズ、プログレッシブ・フィールドの使用を2036年まで延長

新生ガーディアンズのインフラ体制が整う

 インディアンスは2022年シーズンから”ガーディアンズ”となりますが、現地2022年1月27日、現在使用しているプログレッシブ・フィールドのリース契約を2036年まで延長することが決定しました。

 これはクラブのオーナー兼CEOのポール・ドーラン(Paul Dolan)によって発表されました。

Front Office | Team | Cleveland Guardians
Front Office Directory

事前の議会承認済み

 契約延長に当たり、ガーディアンズはオハイオ州のクリーブランド市とカヤホガ郡の議会からすでに延長の承認を得ていました。

 MLBのスタジアムはこのようにクラブが設備をリースする形で提携しているのがほとんどで、MLBのクラブが存在することで、地元に大きな動きをもたらすことから、地元の議会の承認などを得る手続きが必要です。

 これはアナハイムをホームとするエンゼルスなどもリース契約をしていますし、先日記事に書いたレイズも地元の議会の承認を得ています。場所によっては、建設に住民投票の手続きが必要なケースもあります。

リノベーション費用200Mドル 

 ガーディアンズは今季はクラブ名変更に伴うサインボードなどの付替えに終始しますが、本格的なリノベーションも行われ、それは2022年シーズン終了後に着手するとのことです。

 リノベーションにかかる費用は$200Mです。クラブをリビルドしているガーディアンズの年間選手サラリーの2倍以上のコストになる見込みです。

 そしてモダンで、ファンがワクワクするようなリノベーションを行うと、ドーランCEOは話しています。

 この$200Mの支払いは、クリーブランド市とカヤホガ郡が合計$17Mを拠出し、オハイオ州が$2Mを拠出。そしてガーディアンズが年間$10Mを複数年負担することで合意しています。

プログレッシブ・フィールド

 プログレッシブ・フィールドは、2401 Ontario Street Cleveland, Ohio 44115にあり、オープンは1994年。2022年で29年となります。

 割と規模の小さい、細長い照明がズラッと並んでいるのが外観的な特徴で、外野に7基、内野に12基の計19基備えられています。

 LFから左中間にかけてのフェンスが高いのも特徴。これがあると、OFのリーピングキャッチの見せ場がちょっと減ってしまうのが難点ではあります。フェンスが高いのは、LF/RFが325 ft (約99.1m)と やや短い所以もありそうです。神戸と同じくらいですね。ただ、なぜか神戸はよく飛びますが、プログレッシブはそれほど飛びません。

 実際、2021年のESPNによるパーク・ファクターは0.943。1.000を超えればバッター・フレンドリーと言われていますから、どちらかというとピッチャー・フレンドリーとも言えるでしょう。五大湖の一つ、エリー湖のすぐ近くにあるので風の影響があるのかもしれませんね。エリー湖はLF側にあるような球場配置です。甲子園の浜風の逆でしょうか??

 なお、ガーディアンズは議会からあと10年の延長も可という承認も得られております。

 クリーブランドから移ることはないでしょうからね。

 ちなみに同じオハイオ州にあるのは、シンシナティ・レッズです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました