【MLB2018】コーリー・クルーバー、実に1ヶ月以上四球なし!

6月も半ばに入り、オールスターも見えてきました。早いですね!

各チームともに”VOTE ~”と自チームの選手への投票を呼びかけております。

オールスター選出には実績が何よりですね。

現地2018年6月10日(日)、ア・リーグの投手ランキングで勝利数、ERA、WHIPでトップを争っているインディアンスのコーリー・クルーバーがタイガース戦に先発。

AL ピッチング・スタッツ

(現地2018年6月10日終了時点)

【WIN】

1 コーリー・クルーバー (CLE) 10-2

2    ルイス・セベリーノ (NYY) 9-2

【ERA】

1  ジャスティン・バーランダー(HOU) 1.45

2 コーリー・クルーバー(CLE)1.99

【WHIP】

1  ジャスティン・バーランダー(HOU) 0.76

2 コーリー・クルーバー(CLE)0.83

【SO】

1 ゲリット・コール(HOU)124

2 クリス・セール(BOS)120

7 コーリー・クルーバー(CLE)103

コーリ・クルーバーはこの日も安定した投球を披露。8回を被安打5、失点2、奪三振8、四球0という内容。

チームも9−2でタイガースを下し、コーリー・クルーバーは今季ア・リーグで10勝到達一番乗りを果たしています!

コーリー・クルーバーと言えば、右に左にグイグイと曲がる変化球がトレードマークと言えますが、今季はとりわけ、コントロールが圧巻です。マダックス並みの数字を出しています。

今季のゲームログ↓を見ていただければおわかりの通り、このゲームを含めた直近6試合に四球(BB= Base on Balls)はありません!!

前回出した四球が5月8日のブルワーズ戦で、しかも、その日も1個出したきりです。実に1ヶ月以上にわたり、四球がないという信じられない数字を出しています。

※デッドボール(HBP)は5月19日に1つあります。

コーリー・クルーバー ピッチング・ログ
2018年6月10日まで
Rk Date Opp Dec IP BB HBP
1 Mar 29 @ SEA L(0-1) 8.0 1 0
2 Apr 4 @ LAA 7.0 2 0
3 Apr 9 DET W(1-1) 8.0 1 0
4 Apr 17 @ MIN W(2-1) 6.2 2 0
5 Apr 22 @ BAL W(3-1) 7.0 0 0
6 Apr 27 SEA W(4-1) 8.2 3 0
May Opp Dec IP BB HBP
7 May 2 TEX W(5-1) 7.0 0 0
8 May 8 @ MIL L(5-2) 6.0 1 0
9 May 13 KCR W(6-2) 7.0 0 0
10 May 19 @ HOU W(7-2) 7.0 0 1
11 May 25 HOU 6.1 0 0
12 May 30 CHW W(8-2) 6.0 0 0
Jun Opp Dec IP BB HBP
13 Jun 5 MIL W(9-2) 7.0 0 0
14 Jun 10 @ Det W(10-2) 8.0 0 0
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 6/11/2018.  ※14行目は筆者が手打ちしています。

もっとも、点を取られていないわけではありません。失点もありますし、被本塁打もあります。敗戦投手になったこともあります。

しかし、四球だけが極端に少ないのです。

スライダー、チェンジアップ、シンカーという複数のボールに自信をもっているがゆえに、ゾーンで勝負できているということではないかと思います。

変化球が曲がらなかった場合、一発長打を喰らうこともありますが、それでもゾーンでどんどん勝負にいける強みはさすがだと思います。2014年、2017年に続き、3度めのサイヤング賞もあるかもしれません!

今季のALサイヤング賞争いは面白そうですね。

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク