スポンサーリンク

【MLB2024】ガーディアンズのスティーブン・クワン、ただいま打率.396 (現地2024年6月20日)追記あり

ホット過ぎるスティーブン・クワン

 ガーディアンズのスティーブン・クワン(Steven Kwan)が非常にホットな状態です。

 現地2024年6月20日のマリナーズ戦を終えた時点の打率はなんと.396。もっと言えば、6月16日のトロント戦を終えた打率は.398でした。6月の時点で.400に迫ろうかという高打率をキープ

 クワンの6月の打撃成績(6/20時点)は.打率.480 OBP .552、 SLG .700で OPSは1.252。二塁打5、HR2、RBI 8と手が付けられない状態となっています。

2023年のルイス・アラエズ

  2023シーズンに高打率でセンセーショナルな話題を巻き起こしたのがルイス・アラエズ。もともと2022年にツインズでAL のバッティング・チャンプ(打率)に輝いたアラエズでしたが(.316)、2023年はトレードでマイアミに移籍。打率.400が現実味を帯びる活躍を見せました。

 クワンと同時期の2023年6月19日時点のアラエズの打率はちょうど.400をマーク。シーズン途中の最高打率は2023年6月23日の.402でした。クワンはほぼこのペースで打っているということになりますが、ただしクワンにはIL期間があるのです。

IL期間

 絶好調のスティーブン・クワンはまだ規定打席に到達しておりません。ゆえにこの高打率でもまだ打率ランキングに顔を出せておりません。

 実はスティーブン・クワンは5月5日付けで10 Day IL入り。左ハムストリングスを傷めていました。復帰したのが5月31日のナショナルズ戦から。

早ければ6月中に規定打席到達の見込み

 打率ランキングに顔を出すにはMLBの規定打席に到達する必要があるのですが、その計算は以下の通り。

試合数×3.1打席(PA) 小数点以下は四捨五入。

 ガーディアンズは現地2024年6月20日を終えた時点で72試合を消化。ということは規定打席は、72 x 3.1 =223.20で 223 打席(PA)が必要ですが、スティーブン・クワンの現時点の打席数(PA)は209 。まだ14打席(PA)足りていません。

試算

 そんあクワンがいつ頃、規定打席に到達するか見込みをつけてみましょう。

4PA/Gameのケース

 仮に1試合4打席だとすれば、スティーブン・クワンは現地7月7日のジャイアンツ戦でめでたく規定打席到達ということになります。

DateCLE試合数MLB規定打席クワン(PA)Note
現地6/207272 x 3.1 =22320914 PA不足
現地 7/78888 x 3.1 = 27327316G x 4PA = 64PA
4PA/Gの場合の試算

 ただし、ご承知の通り、クワンはガーディアンズのリードオフ。4PA/Gameで回るはずはなく、これは消極的な試算です。

45PA/10 Gameのケース

 むしろこちらの方が現実味があるのですが、クワンは10試合に出場すれば、少なく見積もっても4試合は5打席に立っているはず。

 しかし、きりのいいところで10試合中5打席ゲームが5試合、4打席ゲームが5試合というふうに試算してみると、10試合で計45 PA。

 そうすると、10試合後の6月30日のロイヤルズ戦で規定打席到達という計算に。

DateCLE試合数MLB規定打席クワン(PA)Note
現地6/207272 x 3.1 =22320914 PA不足
現地 6/308282 x 3.1 = 254254209 PA + 45PA
45 PA/ 10Gの場合の試算

 もっとも、今季は雨で流れるケースも多く、この通りには行かないでしょうが、独立記念日前にはおそらく華麗に打率ランクに顔を出していることでしょう。

追記:クワン、AV.360で華麗にトップへ

 現地2024年7月3日、スティーブン・クワンが4打席に立ち、260 PAとなり、ついに規定打席に到達しました。独立記念日の前にたどり着きましたね。

  • CLE:84試合 → 規定打席 84 x 3.1 =260.04
  • クワン:260 PA

さすがに.400からは遠ざかりましたが、AV.360でランキング入り。両リーグを併せてもダントツでトップです。2位がNLの大谷選手で.319。

好調ガーディアンズ

 ガーディアンズは5月のほとんどのゲームでクワンを欠きながら、なんと19勝9敗をマーク。まったく落ちませんでした。ホセ・ラミレスが中核でしっかりしているのもありますし、ジョシュ・ネイラーが元気です。また脇を固めるアンドレ・ヒメネスも.252ながらつなぎの打撃をキープ。そして捕手のデービッド・フライが大活躍ですね。強い訳です。

 守備ではSSのアーメッド・ロサリオが抜け、二遊間が落ちるのかと思いきや新SSのブライアン・ロッキオが良いですね。

 そしてチームERA 3.49はMLB 6位。シェーン・ビーバーをトミー・ジョン手術で欠いてこの数字は見事としか言い様がありません。抑えのエマニュエル・クラセが絶対的守護神として存在していることも大きいです。

 クワンの打撃はまだまだ目が離せませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
タイトルとURLをコピーしました