【MLB2017】ヤン・ゴームズが活躍し、インディアンスが好調アストロズをスイープ

好調インディアンス打線

こんにちは。

ミニッツメイド・パークで好調アストロズと3連戦中のインディアンス。トレバー・バウアーの好投などで連勝して迎えた3戦目では打線が爆発。

中盤までに8点を奪い、ゲームを決めました。

捕手のヤン・ゴームズが活躍

このゲームで活躍したのはヤン・ゴームズ(Yan Gomes #7)。29才のブラジル出身のキャッチャーです。

2014年には135試合、打率.278、21HR、74RBIでシルバースラッガー賞を受賞しています。

ヤン・ゴームズは3打数2安打、1HR、5打点の活躍。

この日先発してピリッとしなかったダニー・サラザーを強力に援護しました。 

ジェイソン・キプニスが復帰

インディアンスは4月後半に2Bのジェイソン・キプニスが復帰して以来、好調です。やはりこの人がインディアンスのキーマンですね。

もともと投手力がいいだけに、混沌としているア・リーグ中地区から一歩抜けようとしています。

これからのインディアンスに注目です。

さて、この日のインディアンスの最後を締めくくったのはザック・マカリスター。

点差がありましたので、コディー・アレンではありませんでした。マカリスターは3年前までローテーションの一人で、2015シーズンからゲーム後半で投げることが増えました。 いい投手には違いありません。

アストロズ、追い上げ

アストロズが強いなと思ったのは、9回裏の最後の攻撃で、3-8と5点差だったにもかかわらず、ザック・マカリスターから2本のHRを放って3点を奪い、2点差まで追い上げたことです。 

最後は青木選手が三振に討ち取られましたが、 いい投手相手にいい粘りを見せてくれました。アストロズはスイープされましたが、内容はよかったと思います。

【動画】Recap: CLE 8, HOU 6

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m


Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク