スポンサーリンク

【MLB2017】ヤン・ゴームズが活躍し、インディアンスが好調アストロズをスイープ

好調インディアンス打線

こんにちは。

ミニッツメイド・パークで好調アストロズと3連戦中のインディアンス。トレバー・バウアーの好投などで連勝して迎えた3戦目では打線が爆発。

中盤までに8点を奪い、ゲームを決めました。

捕手のヤン・ゴームズが活躍

このゲームで活躍したのはヤン・ゴームズ(Yan Gomes #7)。29才のブラジル出身のキャッチャーです。

2014年には135試合、打率.278、21HR、74RBIでシルバースラッガー賞を受賞しています。

ヤン・ゴームズは3打数2安打、1HR、5打点の活躍。

この日先発してピリッとしなかったダニー・サラザーを強力に援護しました。 

ジェイソン・キプニスが復帰

インディアンスは4月後半に2Bのジェイソン・キプニスが復帰して以来、好調です。やはりこの人がインディアンスのキーマンですね。

もともと投手力がいいだけに、混沌としているア・リーグ中地区から一歩抜けようとしています。

これからのインディアンスに注目です。

さて、この日のインディアンスの最後を締めくくったのはザック・マカリスター。

点差がありましたので、コディー・アレンではありませんでした。マカリスターは3年前までローテーションの一人で、2015シーズンからゲーム後半で投げることが増えました。 いい投手には違いありません。

アストロズ、追い上げ

アストロズが強いなと思ったのは、9回裏の最後の攻撃で、3-8と5点差だったにもかかわらず、ザック・マカリスターから2本のHRを放って3点を奪い、2点差まで追い上げたことです。 

最後は青木選手が三振に討ち取られましたが、 いい投手相手にいい粘りを見せてくれました。アストロズはスイープされましたが、内容はよかったと思います。

【動画】Recap: CLE 8, HOU 6
 

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m


Amazon タイムセール

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました