スポンサーリンク

【MLB2020】アストロズ、新監督にダスティー・ベイカーを指名

22年のマネジリアル・キャリア

 現地2020年1月28日の情報です。

 例のイリーガルなサイン・スティーリング・スキャンダルで空席となっていたアストロズの監督のポジションですが、新監督にジャイアンツやレッズなどで長年指揮を執ったことのあるダスティー・ベイカー氏(Dusty Baker)に依頼することに決めたようです。現時点ではファイナライズではなく、公式発表には至っておりませんが、ほぼ決定と見ていいでしょう。

追記:正式決定

 現地2020年1月29日、アストロズはダスティー・ベイカーの監督就任を正式決定。契約は2020年の1年、2021年はクラブ・オプションというショート・ターム・ディールとなりました。これはベイカーの健康問題も絡んでのショート・ターム・ディールとも言えなくもないですが、つけ刃のイメージ戦略ではないという意味で出来れば3年くらいのタームで設定して欲しかったなとは思います。

アストロズ、早めに編成に着手

 アストロズが急遽監督探しを始めたのはご存じの通り、イリーガルなサイン・スティーリング・スキャンダルのせい。A.J.ヒンチ監督とジェフ・ルノーGMがMLB側から1年間のサスペンション処分を下され、なおかつオーナーのジム・クレインから解雇処分を言い渡されました。

オールドスクールでイメージ一新

 アストロズの監督探しで難しいところは、やはりイメージの問題です。新しい監督はフレッシュであることに越したことはないまでも、やはりテクノロジーとは無縁のイメージの人選にならざるを得ませんでした。

 今の時代ですから、統計的な手法には賛同しつつもなおかつ昔ながらのアメリカン・パスタイム(アメリカの娯楽)をイメージさせる人が適任ではありました。そうなると自ずと”Old School(オールド・スクール)”の人ということになります。 

 オールド・スクールとは昔ながらのベースボールをやる人。もしもクリント・イーストウッド監督の”Trouble With Curve”(邦題『人生の特等席』)をご覧になったことがある人がいれば、どんな人物かはよくわかると思います。

 スイングの音を聞いて変化球に弱いと判断したり、ファウルを打った後に腕がどんな位置にあるのか?など、とにかく長年現場培った知識、勘を信じるタイプの人という定義がわかりやすいのではないかと思います。

 少し意地悪な言い方をすれば、ホームプレート・コリジョン・ルールに異を唱えるタイプの人。ダスティー・ベイカーがどちらの立場だったかは定かではありませんが、少なくともオールド・スクールと言われた人たち、たとえば、ヤンキース元監督のジョー・トーリさんなどは導入に異を唱えていました。

 とにかく現場にテクノロジーを持ち込む発想がそもそもなく、野球は人間が生々しく力をぶつけ合うことが面白いんだというタイプの人です。

監督キャリア22年

 ダスティー・ベイカーは監督としてのキャリアが22シーズンというとてつもなく経験値の高い人です。オールド・スクールだけに確実性という点ではちょっとそっぽを向かれているかもしれませんが地区優勝は7度。

  • サンフランシスコ・ジャイアンツ(1993-2002): 10年
  • シカゴ・カブス(2003-2006):4年
  • シンシナティ・レッズ(2008-2013): 6年
  • ワシントン・ナショナルズ(2016-2017): 2年

 ジャイアンツでは1997年と2000年に地区優勝。1997年はNLDSでマーリンズに敗退。2000年はNLDSでメッツに敗退。カブスでは2003年に地区優勝。NLDSではブレーブスを破るも、NLCSでマーリンズに敗退。

 レッズでは2010年と2012年に地区優勝。2010年はNLDSでフィリーズに敗れました。2012年はNLDSでジャイアンツに敗退。ナショナルズでは2016年と2017年に地区連覇を果たしています。2016年はNLDSでドジャースに敗退。2017年もNLDSで敗退。カブスに敗れました。

新庄も指揮

 ジャイアンツでの最終年となった2002年には地区2位でフィニッシュ。ワイルドカードでポストシーズンに出場し、ナ・リーグのペナントを獲っています。この年、ジャイアンツはワールドシリーズに出場するも、エンゼルスに3勝4敗で敗れ、惜しくもチャンプにはたどり着かず。

 この時のジャイアンツのメンバーは現レッズ監督のデービッド・ベルのほかにCFには新庄剛志(Tsuyoshi Shinjo)選手がおりました。もちろん、当時のジャイアンツのスター選手はバリー・ボンズです。ジェフ・ケントもいました。

健康面が心配。とくに心臓 

 アストロズにとって打ってつけの人材ではありますが、唯一の心配は健康面。2020シーズンは6月で71才の誕生日を迎えます。

 またレッズ時代の2012年にはシーズン終盤の9月半ばに不整脈で緊急入院し、現場の指揮をベンチコーチに任せるという事態も発生。復帰は果たしたものの周囲が心配になる面もありました。

 健康問題だけは氣をつけてもらいたいと思います。

 アストロズ、今年はスタンドからも厳しい声援を浴びることになりそうですが、ダスティー・ベイカーの人間力で選手への批判が少しでも和らげばいいなとは思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました