スポンサーリンク

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー

引退後に異例の大出世

 ふだん、MLBを見ていてマイナーとメジャーの間を行き来する当落線上の選手は、たとえば投手であるなら非常に速いボールを投げるとか、信じられない曲がり方をするカットボールを投げるなど際立った特徴がない限りはなかなか名前も記憶に残りません。

 いい選手であればレベルに関係なくしっかりと応援するぞと思っていても、流してしまうことがしばしばあるのが正直なところです。

無名ほどポスト・キャリアで際立つケースあり

 ただ、メジャーリーグを見ているととんでもない化け方をする人がいますね。特に、コーチ陣にそういう人が多く、メジャーでのキャリアに乏しいものの、コーチとして頭角を顕し、重要ポジションに就く人が結構います。

 今回の記事はまたそういったサプライズ的な出来事が起こったというお話です。

 現地2022年1月19日、ロサンゼルス・ドジャースはずっと空いていたGM(ジェネラル・マネージャー)のポジションに元レイズのリリーバーで、37才のブランドン・ゴームズ(Brandon Gomes)を起用することを発表しました。

ザイディが引き抜かれて以来のGMロール

 ドジャースのGMロールは、2018年11月にファーハン・ザイディ(Farhan Zaidi)がジャイアンツに引き抜かれて以来空席が続いていました。4シーズンぶりにGMロールを置くことになりました。

 過去3年間は、ベースボール・オペレーション(編成)部門のプレジデントのアンドリュー・フリーマン(Andrew Friedman)がGMロールも担っていました。

新GMのブランドン・ゴームズとは?

 今回、ドジャースのGMロールに就くことになったブランドン・ゴームズですが、まずピッチャー出身というのが驚きですね。もちろん、MLBにはピッチャー出身のGMもいます。例えば、レンジャーズの現GMのクリス・ヤング(Chris Young)は現役時代は長身のローテーション投手として有名でした。

 よって、投手出身のGMというのが特別珍しい訳ではありませんが、野手の方がその性質上、フィールド全体を俯瞰出来る人が多いので、やはり投手出身のGMは珍しいです。

現役時代はメジャーで5年

 ブランドン・ゴームズは選手として2011年から2015年までの5シーズンをメジャーで過ごしました。

 元々は2007年にパドレスから17巡目で指名を受けてプロ入り。マイナー時代の2010年オフにトレードでレイズへ移籍しました。

 レイズでは2011年にメジャーデビュー。以降、リリーフ専門で5シーズンで173試合に登板。イニング数は167.0で、通算11勝12敗、1セーブ、ERA4.20。メジャーでのファイナル・シーズンとなった2015年に65試合に登板しており、これがキャリアハイのシーズンでした。

 下記は2014年シーズンのゴームズVSゴームズ対決。ブランドン・ゴームズが対しているのは、レッドソックスのジョニー・ゴームズ。

 VTRを見ると、このフォームの投手だったか!となんとなく覚えてはいるものの、やはり印象に残る投手ではありませんでした。現役時代はマイナーに落ちることが数十回を数えるほどの投手だったので余計に印象が薄かったのかもしれません。

際立つ引退後

 ゴームズは2016年、カブスのトリプルAのアイオワで現役最後を終えて引退。ただ、ここからがすごいのです。 

フリードマンとのつながり

 今回の人事はやはり人とのつながりも大いに作用したことは認めざるを得ないところです。というのもブランドン・ゴームズのレイズでの最初の4年間に、フロント・オフィスにいたのが、上記の現ドジャースのベースボール・オペレーション社長のアンドリュー・フリードマンだったからです。

 レイズ時代、ブランドン・ゴームズはフリードマンに「フロント・オフィスは投手のどこを見るのか?」非常に熱心に質問を投げかけ続けた投手でした。とにかく成長、成長で自分を高めるのが楽しくて楽しくて仕方なかった選手だったようです。

 こういった選手ほど伸びますからね。それはフリードマンも一目を置いたと思います。

 ゴームズは大学時代にトミージョン手術を受けており、その影響でやはりプロとしてのスタートもややビハインドがあったのかもしれません。言ってみれば、メジャーではちょっとむずかしいレベルの投手だったにもかかわらず、その熱心さで成長し続け、5年間に亘ってマウンドに上がり続けたという見方をした方がいいようです。

 もはや飢えにも似た高い向上心が引退後のキャリアを確かなものにしたとも言えるでしょう。

 非常に分析的な頭をもつゴームズは大学時代は金融と商法を学んだ秀才。プロに行けないことも考え、ロースクールに行く準備までしていたしっかりものです。

きっかけ

 2016年途中に現役を終えたゴームズは仕事について、すでにドジャースのフロントオフィスにいたアンドリュー・フリードマンにコンタクトを取りました。2016年内のことです。これも今回の人事の一つのきっかけですね。

 連絡を受けたフリードマンは各所に根回しして、ゴームズをピッチング・コーディネーターに起用することに成功。マイナー経験が長かった投手がすぐにそのようなポジションをもらえたのはパワーを持つ人とのご縁との見方もできますね。

ビューラー、メイ、ファーガソンとともに 

 ゴームズが預かったのは、ウォーカー・ビューラー、ダスティン・メイ、カレブ・ファーガソンら今現在のドジャースを支えるヤングアーム達。これも幸運でした。

 さらに、2017年当時、現ジャイアンツ監督のゲーブ・キャプラーがドジャースのプレーヤー・ディベロップメントのダイレクターだったのですが、2017年10月終わりにフィリーズの監督に就任することが決定。これもゴームズにとって追い風となり、キャプラーの後任としてプレーヤー・ディベロップメントのダイレクターに就任したのでした。

 そして2019年からドジャースのアシスタントGMとしてアンドリュー・フリードマンの片腕として機能。

 このように人物としての魅力もありつつ、あるいは魅力があったから、現役引退後は「非常に強い引き」でGMまで駆け上りました。勢いがありますね。

 2021年、ドジャースはトレードデッドラインで肘を故障していたダニー・ダフィーを獲得。しかし、結局は1試合も登板しないままシーズンエンド。ほかにも編成に粗さが目立ったシーズンでもありました。

 ブランドン・ゴームズがその精度を上げて行くのか、注目したいところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました