【MLB移籍2019】BOSのドリュー・ポメランツがSFGと1年で合意

良いなと思ったらシェアお願いします

BOSのローテーション左腕がSFGへ

ちょっとだけショックなニュースでした。

現地2019年1月23日、今オフにレッドソックスをFAとなっていた左腕のドリュー・ポメランツ(Drew Pomeranz)がジャイアンツと1年で合意です。

1年150万ドル

年俸は1年150万ドルにインセンティブ。2018年は800万ドルほどもらっておりましたから格安ですね。

インセンティブはイニング数、ゲーム数、アクティブロスターにいる期間などのもろもろの条件を入れるとMaxで500万ドル。

ドリュー・ポメランツとは

ドリュー・ポメランツは2018年11月に30才になったばかりの左腕。2010年クリーブランド1巡目指名です。

ドラフト1年後の2011年8月に早速トレードに出されロッキーズへ。インディアンスがウバルド・ヒメネスをゲットしたトレードの交換要員でした。

メジャーデビューはその年の後半。

2013年にはアスレチックスへトレード。ロッキーズがブレッド・アンダーソンをGetしたトレードでした。

2015年12月にはパドレスへ。さらに2016年7月にはパドレスからレッドソックスへ、このような経緯をたどっておりました。

2017年にキャリアハイの17勝

スタッツとして素晴らしかったのは2017年の17勝6敗。ERAも3.32を記録。2018年も大いに期待されたのですが、腕の故障もあり2勝6敗止まり。

クリス・セール、デービッド・プライス、エデュアルド・ロドリゲスという3枚の左腕ローテがいる中ではちょっと立場は苦しいのでこのままどこかと契約になりそうな流れになっておりました。

ジャイアンツのローテ事情

マディソン・バンガーナーはFAではあるのですが、どうもこのまま再契約になりそうです。

どこのクラブも獲得の意思を表明していない模様。

よって、このままいけばジャイアンツのローテ候補は

この中で左腕はバンガーナー、ホランド、スアレス。

ポメランツはホランドの次の左腕という位置づけで開幕ローテーションに入ってきそうです。

ハーパーとマチャード 現地2019年1月14日、週末のハーパーのニュースを期待していたのですが、まだ出ませんでしたね。今のところはフ...

ジャイアンツの捕手はバスター・ポージーがですから、活躍してくれることを期待したいですね。

なお、2019年からAT&Tパークは「オラクル・パーク」に変更になります。

地元議会、契約延長を承認 現地2019年1月15日、エンゼルスの地元、カリフォルニア州アナハイム郡の議会がエンゼルスにス...

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!