【MLB2018】マッカッチェンが6安打、サヨナラHR /イチロー選手は低い気温でも2安打!

良いなと思ったらシェアお願いします

現地2018年4月7日(土)のゲームですが、大谷選手は翌日の登板に控え、さすがにこの日は出場しませんでした。代打や代走もありませんでした。

エンゼルスはプホルズをDHに、ジェフリー・マルテを1Bに起用。またしても先制点を奪われ、粘り強くラリーに持ち込んだのですが、後半にブルペンが打たれ、この日は追いつけませんでした。7−3でアスレチックスの勝利です。

■ダルビッシュ投手が好投

 

この日、いい投手戦を演じたのはカブスVSブルワーズのダルビッシュ投手とザック・デイビーズ。両投手とも本当によかったです。しびれるボールを投げていました。

ダルビッシュ投手は6回、被安打2、失点1、奪三振9。4回にテームズに先制のHRを打たれてしまいました。

【動画】Darvish fans nine in six

ザック・デイビーズは6回、被安打4、失点1、奪三振8。こちらもHR(クリス・ブライアント)による失点です。

【動画】Davies’ stellar second start

ゲームは最終回に得点したカブスが5−2で勝利。ブルペンの差が出た感じです。ダルビッシュ投手は勝ちがつかず。いい内容だったので、次も期待できますね。

【動画】Recap: CHC 5, MIL 2

■気温が低すぎ!

日本人選手の情報として、イチロー選手は敵地ターゲット・フィールドで行われたツインズ戦に8番LFで出場。3打数2安打。今季19打数5安打、打率.263にまで上げています。

寒さで有名なミネソタで行われたこのゲームは、お天気は快晴ながらも、気温はなんと-2.7℃

 

 過酷でした。にもかかわらず、お客さんが1万8千人も入っていました!

 

ついでに他に寒そうな地域で行われたゲームも調べたのですが、カリフォルニア以外は余裕で10℃を下回っています。

意外だったのは、テキサス州。ナイトゲームではありましたが、気温は5.5℃しかありませんでした。右肩痛で出遅れていたマーカス・ストローマンが今季初登板。5回途中、5失点でマウンドを下りています。

(2018-04-07 気温調べ)

MIN 4-11 SEA @Target Field  -2.7℃

CWS 1 – 6  DET @Garanteed Rate Field (CWS)  0℃

CIN 7-4 PIT @PNCパーク 2℃

STL 5-3 ARI @Bush 2.7℃

NYY 8-3 BAL @YANKEE  5.5℃

TEX 5-1 TOR @Arlington 5.5℃

BOS 10-3 TBR @FENWAY  6.1℃

PHI 20-1 MIA @CITIZENS Park  7.7℃

■マッカッチェンが7−6

この日、最も熱いラリーを見せたのはライバル同士の戦い、ジャイアンツVSドジャースのゲームでした。

延長14回までもつれる死闘に。最後に決めたのはこの日大活躍したアンドリュー・マッカッチェン。

この日のマッカッチェンは7打数6安打、4打点。サヨナラHRも放ちました。

ジャイアンツは開幕から好調が続いているジョー・パニックがこの日も3安打を放ち、.393と高打率をキープしています!

【動画】Recap: SF 7, LAD 5

ドジャースは4連敗。2勝6敗とスタートに苦しんでいます。投打に大戦力をもっているのでちょっとエンジンを温めるのに時間を要しているようです。

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

Amazon タイムセール

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク