スポンサーリンク

【MLB 2021】ジャイアンツ、スコット・カズミアでマジック9へ

DFAとなった左腕がゲームメイク

 ジャイアンツ、強いですね!

 あと2週間を切った2021年のレギュラーシーズンですが、そろそろ佳境を迎えつつあります。

 現地2021年9月22日、サンフランシスコ・ジャイアンツは、パドレスとの3ゲームシリーズのGame2で、6月5日にDFAとした左腕、スコット・カズミアを起用。途中、危ない場面もありましたが、これが奏功。カズミアは見事にゲームメイクし、優位な試合展開を作りました。後半に追い上げられたものの、打線が投手陣をカバー。パドレスに連勝し、マジック・ナンバーを9にしました。

2021年のスコット・カズミア

 ジャイアンツ先発のスコット・カズミア(正確な発音はキャズミアのようですが、ずっとカズミアで慣れている面がありますので、カズミアで通させてください)。

 そのカズミアですが、2月にジャイアンツとマイナー契約。そして、5月22日に5年ぶりとなるメジャーのマウンドに復帰。4回を被安打2、失点1と好投したものの、チームが敗れ、敗戦投手になってしまいました。

 これで勢いに乗るかと思われましたが、5月29日のドジャース戦では、1回を3失点で降板、さらに、6月4日のカブス戦では、2イニングで2失点と結果が出ませんでした。

DFA→3A→東京五輪

 そして、ジャイアンツは6月5日にスコット・カズミアをDFAに。ウェーバーをクリアした(獲得クラブがなかった)ため、カズミアはこのままジャイアンツのマイナーのトリプルAへアウトライト。

 その後、カズミアは東京五輪のチームUSAのロスターに入り、東京五輪にも出場しました。

ドミニカ共和国戦で好投

 東京五輪でのスコット・カズミアは8月4日のドミニカ共和国戦に先発。5イニングを被安打2、無失点、与四球1、奪三振5をマーク。ERAは0.00。登板したのはこの1試合のみでしたが、結果、試合数が多くなったアメリカにとっては、非常に助かる存在になりました。

復帰後のトリプルAでの成績

 五輪後、8月16日にトリプルA、サクラメント・リバー・キャッツへ復帰したカズミアは、8月、9月で3試合ずつ、計6試合に登板。28.1イニングで、被安打25、失点18とあまりいい結果は出ていなかったのですが、そのうち9月の3試合は、16イニングで1勝1敗、ERA 3.94、BB 0、SO17と尻上がりに調子を上げていったことから、今回、再びメジャー契約となったのでした。

カズミア、初勝利ならず

 この日のスコット・カズミアは、初回にクリス・ブライアントの3ランダブルで3点の援護をゲット。初回を3人で斬って取り、上々の立ち上がり。2回には95.2mphをマーク!

 ランナーは出すものの、4イニングをスコアレスに抑える好投を見せました。

 勝利投手の権利がかかった5回裏、先頭のビクター・カラティニに四球を出してから、ヒット、四球でノーアウト満塁のピンチに。ジェイク・クロネンワースを迎え、ここでバスター・ポージーがインターフェアランスを起こしたことで、1点を献上。

 スコット・カズミアはここで降板に。またしても勝利投手の権利を目前にマウンドを降りることになったのでした。しかし、この後を継いだカミロ・ドバルがマニー・マチャードを三振に、トミー・ファムを6-4-3のダブルプレーに斬って取り、1失点で凌いだのでした。

タティスJr.が40号

 ジャイアンツは6回表、7回表にタイムリーが重なり、5点を追加。8-1とリードを拡げたものの、7回裏にはタティス・Jr.の40号HRなどで3失点。

 さらに、9回裏にはタイラー・ロジャースが2失点を喫し、2点差まで追い上げられましたが、なんとか切り抜け、8-6のスコアで勝利しました。

ポージー、5-4

 この日、ゲームを牽引したのはバスター・ポージー。チームリーダーが5打数4安打と大いにチームを盛り上げました。

ジャイアンツ、マジック9

 実は前日の21日のゲームの方がすごかったジャイアンツ。1-4とリードされていたところを跳ね返し、6-5で逆転勝利。この日、ドジャースがロッキーズと接戦を演じていて、延長10回に勝ち越し、5-4で勝利。敗れると同率首位に並ばれる状況でした。

 しかし、22日のゲームでジャイアンツが勝利し、ドジャースがロッキーズに5-10で敗れましたので、ゲーム差は2.0 に。これでジャイアンツのマジックは一桁の9に減ることとなりました。

ジャイアンツ、スケジュールも有利

 ジャイアンツは9月半ば以降、パドレスと10試合も組まれていました。22日のゲームはそのうちの6試合目。23日にもう1試合あります。

 そして10月1日の最終カードの3連戦もパドレスが相手。非常にハードな相手と偏ったスケジュールが組まれているのですが、24日からはロッキーズと3連戦、28日からはDバックスと3連戦も組まれています。

 実は、ジャイアンツはこの2クラブは大のお得意様。Dバックスにはここまで14勝2敗、ロッキーズにはここまで12勝4敗。ジャイアンツとすれば、ここで一気に連勝して、ペナントを決めたいところ。

 一方のドジャースは28 日からパドレスと3連戦。ここではパドレスが最後に意地を見せる可能性が大。さらに、最終カードは強敵ブルワーズとの3連戦です。

 ジャイアンツは9月中に決めそうな、そんなスケジュール感です。

ビンス・ベラスケス、結果出ず

 パドレス先発は、フィリーズから移籍したビンス・ベラスケス。いいピッチャーで大好きなのですが、結果が出ませんね。頑張ってもらいたいです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました