【MLB2018】ジョー・パニックが連日のヒーローに!田中投手が好投!シャーザーが7者連続含む10K

現地2018年3月30日、マリナーズはゲームなし。

エンゼルスはタイラー・スキャッグスが好投し、リリーフ陣も踏ん張り2−1でアスレチックスを下しました。登板の前々日ということからか、あるいはアスレチックスの先発が左腕だったからか理由は定かではありませんが、大谷選手は出場なし。

2戦目の先発となった田中将大投手はいいピッチングを見せてくれました!2回に味方が先制した直後にHRを打たれ、同点に追いつかれましたが、その後の対応がさすが。6回を投げ、被安打3、失点はHRの1点のみ、8奪三振を記録しました。そして与四球0。ヤンキースは4−2でブルージェイズを下し、開幕2連勝。

前日、2HRで衝撃的なヤンキース・デビューを果たしたジャンカルロはこの日は4−0に終わりました。

同じく前日に2安打を放ったアーロン・ジャッジもこの日は無安打。しかし、ジャッジが2番だなんて、完全に2番に長距離砲を置くという発想が定着しましたね。

マーリンズVSカブスのゲームは開幕2戦目にして、なんと延長17回までもつれる展開に。延長17回ウラ、マーリンズはミゲル・ロハスがサヨナラヒットを放ち、マーリンズが2−1で勝利しました。戦力ダウンが懸念されたマーリンズですが、この2戦はアツいゲームを見せてくれています。

【動画】Recap: MIA 2, CHC 1 – F/17

そしてドジャースVSジャイアンツ戦は2戦連続で投手戦になりました。この日もすごかったです。ドジャース先発のアレックス・ウッドは8回を投げて被安打がたったの1。そしてジャイアンツ先発のジョニー・クエトも好投。7回を投げこちらも被安打1。

9回まで両チーム無特点が続く中、均衡を破ったのはまたしてもジャイアンツの2B、ジョー・パニック!ドジャースのクローザー、ケンリ−・ジャンセンから値千金の勝ち越しHRを放ち、これが勝利打点に。連夜のヒーローとなりました。

好投が光ったといえば、ナッツのシャーザー。この日がオープニングとなりましたが、レッズ打線を寄せ付けず、6回を投げ被安打5、無失点。さらに2回1アウトから4回の先頭打者まで7者連続を含む10Kで初勝利を上げました。圧巻のピッチングです。

さすがにオープニング・ウィークですね。どのゲームもアツいです!

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

e6Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク