スポンサーリンク

【MLB 2021】ジャイアンツ、相性の悪いビューラーを攻略し、シリーズ勝ち越しに成功!NLウェストのトップへ

ライバル同士の直接対決最終戦はSFGに軍配

 ドジャース@ジャイアンツのNLウェスト直接対決は、もう一流の役者同士の対戦というか、ファンをうならせすぎるだろうという素晴らしい状況を作り出しました。Game2を終えて1勝1敗。同率1位でGame3を迎えました。まさにライバル対決。しかも、このGame3が今季の直接対決の最終戦でした。

Game1は、延長10回でジャイアンツ 

 現地2021年9月3日に行われたGame1では、ジャイアンツが今季好調のアンソニー・デスクラファニーが先発。ドジャースは「なにかよく見た好きなフォームの投手だぞ!」と思ったら、コーリー・クヌーベルが先発。なんとオープナーを選択してきました。

3回裏にジャイアンツがオースティン・スレーターのタイムリーで1点を先制。その後、両クラブのブルペンが素晴らしい投球を見せ、8回を終えてジャイアンツが1-0でリード。9回は抑えのジェイク・マギーが登板しましたが、ドジャースは1アウトから、ターナー、シーガーの2連打でチャンスメイク。土壇場、2アウトでクリス・テイラーがタイムリーを放ち、1-1のタイゲームに。

 タイブレークとなった10回は双方1点ずつ奪い合い、延長11回。ジャイアンツはハーリン・ガルシアが先頭のコーリー・シーガーにシングルを許し、危うく勝ち越されるところを三塁でストップさせ、このピンチをハーリン・ガルシアが見事に抑え、無失点に。ドジャースは投手のエバン・フィリップスを打席に立たせざるを得ませんでした。

 11回裏、そのエバン・フィリップスが1アウト後に満塁のピンチ。2アウトまでこぎつけ、バスター・ポージーが2Bゴロでまた次の回と思ったその時、2Bのトレイ・ターナーの送球がわずかに逸れ、1Bのウィル・スミスの足が離れ、セーフに。この間にブランドン・ベルトが生還し、ジャイアンツがサヨナラ勝利でまず1勝。

 これでジャイアンツが首位に。ゲームは差1.0。

Game2は、ドジャース打線が機能

 現地2021年9月4日に行われたGame2では、ドジャースがトレイ・ターナーのリードオフHRなどで先制、中押し、ダメ押し(ダメを押すまでの点数まで行っていませんが)と3つのポイントで加点し、6-1でリード。ドジャースはハーラー・トップのフリオ・ウリアスが6回途中、被安打8ながらも1失点に抑え、ゲームメイク。ドジャースはリレーも無失点でつなぎ、いいゲームぶりを披露しました。

 これでゲーム差無しの同率首位に。

Game3は、SFGが劣勢を跳ね返す!

 迎えた現地2021年9月5日のGame3。ドジャースはウォーカー・ビューラーが先発。Game1ではピンチランナーでホームを踏みました。

 ジャイアンツはというと、ドミニク・リオーネ。ドミニク・レオンとも言いますが、実況はリオーネでした。オープナーです。

ビューラーはSFG戦負けなしだった

 この対戦はドジャースが有利との見方も。というのは、ウォーカー・ビューラーはキャリアを通じてジャイアンツ戦は7勝0敗で負けなしだったのです。ただ、ビューラー登板でジャイアンツが勝ったゲームもあります。その時はビューラーに負けがついていない。とにかく、ジャイアンツはビューラーとの相性が悪かった訳です。

ジャイアンツ、ビューラーをKO

 ところが、これが底力というものでしょうか。ジャイアンツは初回、ブランドン・ベルトが難しいインコースをきれいにさばき、ソロHRで先制。2回には先頭のブランドン・クロフォードが四球で出塁してチャンスメイク。マイク・ヤストレムスキーの2塁打でノーアウトランナー2、3塁でチャンスを拡大させると、スティーブン・ダガーの3塁打で2点を追加。さらに、ダリン・ラフのタイムリーでもう1点。ジャイアンツは3回裏にも、ブランドン・クロフォードのタイムリー二塁打などで、2点を追加。

 3回を終えて6-1とゲームレビューを覆す戦いぶりを見せたのでした。

 ジャイアンツはほぼ完璧なリレーを見せました。2番手のホセ・アルバレスが1アウトも奪えず、1失点を喫しましたが、それ以降はほぼ1人1イニングという割り振りで計9人のリレーでドジャース打線を抑える好投。最後はジェイク・マギーがアルベルト・プホルズに2ランHRを浴びましたが、ジャイアンツが6-4で勝利。

 シリーズを2勝1敗で勝ち越し、再び首位に立ち、ゲーム差1.0をつけました。

 ドジャースに比べ、スターが少ない中、出場する選手がきちんと仕事をするジャイアンツのこの戦いぶりに驚くばかりです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました