スポンサーリンク

【MLB2021】ジャイアンツ、ローガン・ウェブでドジャースと首位タイに

ローガン・ウェブ、まさに後半戦のエースぶりを発揮

 ブルワーズとの4ゲームシリーズで3連敗を喫してしまったジャイアンツ。2021年5月31日から守り抜いたNLウェストの首位の座をドジャースに明け渡すことになりました。

 しかし、2021シーズンのドジャースとの最後の決戦を前に「待った」とばかりに立ちはだかった投手が出ました。それがローガン・ウェブ(Logan Webb)。

 現地2021年9月2日、ブルワーズとのGame4に登板したローガン・ウェブは巧みな投球で度々スタンドから喝采を浴び、ジャイアンツの8回のラリーを呼び込む素晴らしい投球を見せてくれました。

ローガン・ウェブ、14戦連続2失点以内

 このゲームはジャイアンツが最終的に5−1で勝利したゲームだった訳ですが、実は7回を終了し、1-1の渋い投手戦となりました。

 ブルワーズ先発はエリック・ラウラー。ジャイアンツは初回、そのラウラーからオースティン・スレーターがCFへソロHRを放ち、1点を先制。このシリーズでジャイアンツが先制したのは初めてのこと。そして後半戦、素晴らしい投球を見せているローガン・ウェブ登板ゲームでの先制点はジャイアンツに勝利をグッと引き寄せるいい流れを生みました。

ウェブ、4回に同点タイムリーを浴びるも安定した投球

 3回までパーフェクト・スタートとなったローガン・ウェブでしたが、4回表、1アウトからルイス・ウリアスにRFへ二塁打を打たれ、さらに次打者のクリスチャン・イェリッチに四球を出し、2、3塁のピンチ。アビサイル・ガルシアを三振に仕留め、2アウトまでこぎつけましたが、つづくジェイス・ピーターソンにCFに運ばれ、2塁ランナーのルイス・ウリアスの生還を許し、1-1のタイゲームに。

 ただ、さすがのジャイアンツで、2塁ランナーの1点は割り切り、3塁への進塁を試みたイェリッチを2、3塁間で挟殺し、3アウト目を奪って逆転の芽を摘みました。

ウェブ、7回を1失点、10奪三振

 その後は、ローガン・ウェブとエリック・ラウラーの投手戦が続きます。ローガン・ウェブは失点を許した4回以外は、全くブルワーズ打線を寄せ付けず、7回を投げて被安打4、失点1、与四球1、奪三振10の好投。

 一方のエリック・ラウラーも7回を投げ、被安打3、失点1、奪三振4の素晴らしい投球を見せました。

 ローガン・ウェブですが、これで5月11日以降、14戦連続で2失点以内を達成。これは1901年以来のジャイアンツのシングル・シーズンのレコードの更新のようです。おそらくこれ以上長い、2失点以内の連続試合記録はなかったと思われます。

ASG後のERAは1.64

 また、ローガン・ウェブはオールスター以後のERAが1.64。これはジャイアンツのフランチャイズ史上2番めに良い数字。

ローガン・ウェブとは? 

 ローガン・ウェブのプロフィールを簡潔に記しておきます。1996年11月18日生まれの24才。ドラフトは2014年のジャイアンツ4巡目指名。高卒からプロ入りしたことになります。

 もともとスカウトは同じカリフォルニアの高校生右腕で、グラニット・ベイ高校のミッチ・ハートの投球を見に集まったところ、対戦相手のロックリン高校に96mphを投げる右腕がいて、それがローガン・ウェブだったというエピソードがあります。ちなみに、ミッチ・ハートは2014年にジャイアンツから35巡目指名を受けるも、USC (南カリフォルニア大学)に進学。しかし、2019年にカリフォルニア州立工科大学ポモナ校に転校。2020年以降はレコードがないことから、その後、野球を続けているかどうか不明な状態です。

 デビューは2019年7月。2020年にルーキーステータスを超えました。

 2020年は13試合中、11試合に先発し、54.1イニングで3勝4敗、5.47 ERA。

今季からシンカーを多投で成績アップ

 もともと2020シーズンから4シーム、シンカー、スライダー、チェンジアップの4種類の投手でしたが、今季は4シームの比率を下げ、ファストボールはシンカーを中心に投げるようになりました。

 ファストボールは92-4mphというところですが、球持ちが良いのでスピン量も多そうです。そして動くので打者はからに打ちにくそうにしていますね。

8回、クリス・ブライアントの盗塁をきっかけにラリー

 さて、ジャイアンツの攻撃ですが、8回裏、2アウトから四球で出たクリス・ブライアントが2塁盗塁に成功。ぎりぎりのタイミングでアウトかと思われましたが、VTR判定でセーフに。ジャイアンツはその後、ブランドン・ベルトも四球で2アウトランナー1、2塁。

 次打者のダリン・ラフがLFへタイムリー2塁打を放ち、ジャイアンツが勝ち越しに成功。さらにタイロ・エストラーダの3ランHRでジャイアンツが5-1 のスコアに。

 最後はジェイク・マギーが締め、5-1で勝ちました。

 この勝利でジャイアンツは0.5ゲーム差をつけられていてドジャースと並びました。

さあ、決戦へ 

 そして現地2021年9月3日からサンフランシスコでドジャースとの最終決戦が始まります。このシリーズでドジャースとの直接対決は最後。これは決戦になりますね。

 なお、ジャイアンツは残りの期間でパドレスと3度、顔合わせがあります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました