スポンサーリンク

【MLB契約ニュース2019】アスレチックス、クリス・デービスと2年33.5Mドルで延長

MLB移籍/FA情報

A’s、クリス・デービスの囲い込みに成功

現地2019年4月18日、アスレチックスにとっていいニュースが流れてきました。

主砲クリス・デービスKhris Davis )と2年3,350万ドルでの契約延長に合意です。

延長内容

延長内容は2020年と2021年の2年間で、3,350万ドル。年平均で1,675万ドル。

クリス・デービスは2019年1月に調停を避ける目的での契約更改で1年1,650万ドルで合意しておりましたので、来シーズンから2年間の延長になります。

現時点で31才のシーズンを迎えているクリス・デービスは33才のシーズンまでアスレチックスに在籍となり、FAは2021年終了後(=2020年)となりました。

今季を終えると間違いなくFAで流出することが目に見えていたので、アスレチックスは早めに手を打ちました。

クリス・デービスの凄さ

アスレチックスのクリス・デービスの凄さはやはりHRですね。

2016シーズンから3年連続でシーズン40HRを記録中。

2018年に至っては48HRというとてつもない数字を出しております。

Khris Davis Stats | Baseball-Reference.com
2020: 2 HR, .200 BA, 10 RBI,Career: 218 HR, .243 BA, 580 RBI, LF/DH, Athletics/Brewers 2013-2020, b:R/t:R, 1x HR Leader, born in CA 1987, Khrush

2019年も好調!早くも10HR

今季もとどまるところを知らない成績を見せており、開幕から20試合を終えた現地2019年4月17日の時点で(18日はゲームなし)、HR10本の活躍。

RBIは20です。

HR10本はア・リーグのリーダー。2位のマリナーズのジェイ・ブルースの8本を2本上回る好調ぶり。

10HRは両リーグ通じてもトップで、ブルワーズのクリスチャン・イェリッチ、ドジャースのコディー・ベリンジャーと並んでいます。

身長は180cm

190センチ超えが標準のMLBの平均身長においてクリス・デービスは180cmちょうど。イチロー選手と同じ背丈です。

ユニフォームのスタイルが大きめのものを好むデービスは余計に小さく見えますね。

それでもこのパワーです。

リラックスし過ぎて棒立ちのように見えてしまう構えから、ブン!という音が聞こえてきそうな大きく速いスイングでHRを量産して行っています。

スペルはKHから始まり、愛称はKD

クリスというファーストネームからすれば、スペルは”Chris”だと思いがちですが、”Khris”と書きます。

”Chris”と書くと連続ヒットレスAt Bat(打数)が続いたオリオールズのクリス・デービスがそうです。

カタカタ表記だと、どちらも”クリス・デービス”なので、「アスレチックスの」とか「オリオールズの」という修飾語がなければ区別できませんね。

今季も40HR超えのペースですね。何本まで伸ばすのか楽しみです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】ゲームオーバー一転! 大谷選手が土壇場で逆転2 ランHR!
【MLB 移籍 2021】ドジャース、プホルズと筒香選手を獲得
【MLB 2021】大谷選手&イグレシアスが躍動も、ダルベックの逆転HRでレッドソックスが勝利
【MLB2021】”0 Walk & 58 K!” コービン・バーンズ、無四球期間中の奪三振記録を樹立
【MLB 2021】マリナーズのローガン・ギルバートとジャレッド・ケル二ックがデビューへ(追記あり)
【MLB 2021】投手&打者→RF!大谷選手、今季最高の投球
【MLB2021】レイズ、筒香選手をDFAに
【MLB】2021シーズン、開幕時の贅沢税上のサラリーの状況
【MLB契約2021】ブレーブス、シェーン・グリーンとサイン
【MLB 2021】”ドニー・スティーブンソン”と”ラット or ラクーン”騒動を経て、メッツが上昇機運の予感
【MLB 2021】レッズ、ウェイド・マイリーがノーヒットノーランを達成
【MLB 2021】エンゼルス、プホルズをDFAに(追記あり)
【死球明け】大谷選手、投手オンリーで6イニング1ヒッター
 【MLB2021】惜しすぎる!オリオールズ、ジョン・ミーンズのアン・パーフェクト・ノーヒッター
【MLB契約2021】ホワイトソックス、OFにブライアン・グッドウィンを補強。マイナー契約でサイン。
【MLB2021】「痛すぎる」!ドジャース、ダスティン・メイのトミー・ジョン手術で投手陣再構築へ
【MLB 2021】CWS、ルイス・ロバート、右股関節屈筋断裂で12-16週離脱へ
【MLB2021】好調、リース・ホスキンスにとって「勉強の日」
【MLB 2021】今度はカブス@レッズ戦でポストシーズン・ゲーム
【MLB2021】レッズのアミール・ギャレット、危うくまたベンチ直行(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました