スポンサーリンク

【MLB契約ニュース2019】アスレチックス、クリス・デービスと2年33.5Mドルで延長

MLB移籍/FA情報

A’s、クリス・デービスの囲い込みに成功

現地2019年4月18日、アスレチックスにとっていいニュースが流れてきました。

主砲クリス・デービスKhris Davis )と2年3,350万ドルでの契約延長に合意です。

延長内容

延長内容は2020年と2021年の2年間で、3,350万ドル。年平均で1,675万ドル。

クリス・デービスは2019年1月に調停を避ける目的での契約更改で1年1,650万ドルで合意しておりましたので、来シーズンから2年間の延長になります。

現時点で31才のシーズンを迎えているクリス・デービスは33才のシーズンまでアスレチックスに在籍となり、FAは2021年終了後(=2020年)となりました。

今季を終えると間違いなくFAで流出することが目に見えていたので、アスレチックスは早めに手を打ちました。

クリス・デービスの凄さ

アスレチックスのクリス・デービスの凄さはやはりHRですね。

2016シーズンから3年連続でシーズン40HRを記録中。

2018年に至っては48HRというとてつもない数字を出しております。

Khris Davis Stats | Baseball-Reference.com
2020: 2 HR, .200 BA, 10 RBI,Career: 218 HR, .243 BA, 580 RBI, LF/DH, Athletics/Brewers 2013-2020, b:R/t:R, 1x HR Leader, born in CA 1987, Khrush

2019年も好調!早くも10HR

今季もとどまるところを知らない成績を見せており、開幕から20試合を終えた現地2019年4月17日の時点で(18日はゲームなし)、HR10本の活躍。

RBIは20です。

HR10本はア・リーグのリーダー。2位のマリナーズのジェイ・ブルースの8本を2本上回る好調ぶり。

10HRは両リーグ通じてもトップで、ブルワーズのクリスチャン・イェリッチ、ドジャースのコディー・ベリンジャーと並んでいます。

身長は180cm

190センチ超えが標準のMLBの平均身長においてクリス・デービスは180cmちょうど。イチロー選手と同じ背丈です。

ユニフォームのスタイルが大きめのものを好むデービスは余計に小さく見えますね。

それでもこのパワーです。

リラックスし過ぎて棒立ちのように見えてしまう構えから、ブン!という音が聞こえてきそうな大きく速いスイングでHRを量産して行っています。

スペルはKHから始まり、愛称はKD

クリスというファーストネームからすれば、スペルは”Chris”だと思いがちですが、”Khris”と書きます。

”Chris”と書くと連続ヒットレスAt Bat(打数)が続いたオリオールズのクリス・デービスがそうです。

カタカタ表記だと、どちらも”クリス・デービス”なので、「アスレチックスの」とか「オリオールズの」という修飾語がなければ区別できませんね。

今季も40HR超えのペースですね。何本まで伸ばすのか楽しみです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました