スポンサーリンク

【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席

リベラを継いだロバートソンがキャリア初打席

 こんな嬉しそうな顔でプレーする選手はここ数年で初めて見たかもしれません。いや、これほど、嬉しさがにじみ出た姿でプレーするシーンはこれまででベストかも・・・

 カブスの現クローザーで、かつてはマリアーノ・リベラの後継としてヤンキースの後ろを任されたデービッド・ロバートソンが現地2022年6月22日、メジャー14シーズン目でキャリア初打席を経験しました。

嬉しくて仕方ない笑顔

 まずは何はともあれ、その模様をご覧ください。いい三振でした。

一瞬だけ二刀流

 デービッド・ロバートソンが打席に立ったのは、9回表、2アウトでランナー1塁のシチュエーション。

 まずデービッド・ロバートソンは8回裏の3番手のピッチャーとしてゲームインしました。この時点で10-1でカブスが大量リード。

 実はこの直前の8回表の攻撃でカブスは三者凡退に終わったのですが、2アウト目で凡退したのが、2番DHで出場していたウィルソン・コントレラス。ナショナル・リーグも今季DHを採用しているのはご承知の通りです。

 デービッド・ロス監督はデービッド・ロバートソンをマウンドに上げる際に、DHを解除。ウィルソン・コントレラスを下げて、2番ピッチャー、デービッド・ロバートソンとして起用したのでした。

 筆者も9回に本人を喜ばせるサプライズで打席に立たせたのかと思ったのですが、そうではなくそもそも打席に立たせる気満々で起用していたのです。と言っても打順から考えてロバートソンには回らないと踏んでいたのですが。 

 ロバートソンは8回裏を三者凡退に抑え、9回表の攻撃に。

ちょうど良かった

 9回表は10-1のスコアでスタートしたのですが、パイレーツは大量失点していたのもあり、ポジション・プレーヤーのディエゴ・カスティーヨをマウンドに上げました。

 ディエゴ・カスティーヨは先頭打者のネルソン・ベラスケスに四球。その後、ヤン・ゴームズとジョナサン・ビヤーを打ち取り、2アウトまでこぎつけていたのですが、シモンズに四球、ヘイワードに死球を与え、満塁とした後、アルフォンソ・リーバスがグランドスラムを放ってしまったのです。これでスコアは14-1に。

 ポジション・プレーヤーを相手にHRは避けたいところでしたが、もう打ってしまったものは仕方ありません。ここまで来ると、ラファエル・オルテガは何が何でも次につなぐということで、シングルを放ち、デービッド・ロバートソンの打席になったのでした。

 まあ、ないだろうと思っていた矢先の打席となり、ご覧のような笑顔になったのでした。グランドスラムを放った後だったので、投手本業の選手が打席に立ったのもちょうど良かったと思います。

キャリア145SVも初打席

 デービッド・ロバートソンは先述したように元はヤンキースの投手。通算652SVのマリアーノ・リベラが2013年に引退。それまでロバートソンはリベラの前のセットアップを任されていたのですが、2014年からヤンキースのクローザーとして活躍。2014年は39セーブ。

 2014年終了後にFAとなり、ホワイトソックスへ移籍。ホワイトソックスでは2015シーズンから2017年のトレードデッドラインまで在籍。2015年は34SV、2016年は37SVをマーク。

 そして2017年のトレードデッドラインで再びヤンキースへ。ヤンキースに再加入後は主にセットアップを任されました。

 2018年終了後に再びFAに。2019-20とフィリーズに在籍しましたが、トミー・ジョン手術となり、フィリーズのゲーム後半のプランも崩れ、残念な2年間に。

 2021年は所属が決まらない中、チームUSAとして東京五輪に出場。五輪後、タンパベイ・レイズとサイン。12試合を投げ、ERAは4.50。

 2022年3月16日、ロックアウトが明けた後、カブスとサイン。今季は再び華やかなマウンドに上がっったのでした。

 このようなキャリアで、まずDHのあるア・リーグにいたこと、そしてユニバーサルDH施行前のナ・リーグにいたものの、ほとんどがトミー・ジョン手術でゲームに出ていなかったこと、さらにゲームに出ても1イニングで交替ですから、ここまで全く打席に立ったことがなかったのです。

勢いのあるPITもゲームが崩れれば・・・

 ヤング・タレント達の活躍で一躍陽の目を浴びたパイレーツですが、現時点では打撃が上回るチームですので、この日のように先発が崩れれば、このような展開になってしまいます。

 ジャレッド・アイコフの今日の出来は辛かったですね。4.1イニングで10失点です。

 現地23日も同じカードです。Game3は僅差で争ってもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました