スポンサーリンク

【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席

リベラを継いだロバートソンがキャリア初打席

 こんな嬉しそうな顔でプレーする選手はここ数年で初めて見たかもしれません。いや、これほど、嬉しさがにじみ出た姿でプレーするシーンはこれまででベストかも・・・

 カブスの現クローザーで、かつてはマリアーノ・リベラの後継としてヤンキースの後ろを任されたデービッド・ロバートソンが現地2022年6月22日、メジャー14シーズン目でキャリア初打席を経験しました。

嬉しくて仕方ない笑顔

 まずは何はともあれ、その模様をご覧ください。いい三振でした。

一瞬だけ二刀流

 デービッド・ロバートソンが打席に立ったのは、9回表、2アウトでランナー1塁のシチュエーション。

 まずデービッド・ロバートソンは8回裏の3番手のピッチャーとしてゲームインしました。この時点で10-1でカブスが大量リード。

 実はこの直前の8回表の攻撃でカブスは三者凡退に終わったのですが、2アウト目で凡退したのが、2番DHで出場していたウィルソン・コントレラス。ナショナル・リーグも今季DHを採用しているのはご承知の通りです。

 デービッド・ロス監督はデービッド・ロバートソンをマウンドに上げる際に、DHを解除。ウィルソン・コントレラスを下げて、2番ピッチャー、デービッド・ロバートソンとして起用したのでした。

 筆者も9回に本人を喜ばせるサプライズで打席に立たせたのかと思ったのですが、そうではなくそもそも打席に立たせる気満々で起用していたのです。と言っても打順から考えてロバートソンには回らないと踏んでいたのですが。 

 ロバートソンは8回裏を三者凡退に抑え、9回表の攻撃に。

ちょうど良かった

 9回表は10-1のスコアでスタートしたのですが、パイレーツは大量失点していたのもあり、ポジション・プレーヤーのディエゴ・カスティーヨをマウンドに上げました。

 ディエゴ・カスティーヨは先頭打者のネルソン・ベラスケスに四球。その後、ヤン・ゴームズとジョナサン・ビヤーを打ち取り、2アウトまでこぎつけていたのですが、シモンズに四球、ヘイワードに死球を与え、満塁とした後、アルフォンソ・リーバスがグランドスラムを放ってしまったのです。これでスコアは14-1に。

 ポジション・プレーヤーを相手にHRは避けたいところでしたが、もう打ってしまったものは仕方ありません。ここまで来ると、ラファエル・オルテガは何が何でも次につなぐということで、シングルを放ち、デービッド・ロバートソンの打席になったのでした。

 まあ、ないだろうと思っていた矢先の打席となり、ご覧のような笑顔になったのでした。グランドスラムを放った後だったので、投手本業の選手が打席に立ったのもちょうど良かったと思います。

キャリア145SVも初打席

 デービッド・ロバートソンは先述したように元はヤンキースの投手。通算652SVのマリアーノ・リベラが2013年に引退。それまでロバートソンはリベラの前のセットアップを任されていたのですが、2014年からヤンキースのクローザーとして活躍。2014年は39セーブ。

 2014年終了後にFAとなり、ホワイトソックスへ移籍。ホワイトソックスでは2015シーズンから2017年のトレードデッドラインまで在籍。2015年は34SV、2016年は37SVをマーク。

 そして2017年のトレードデッドラインで再びヤンキースへ。ヤンキースに再加入後は主にセットアップを任されました。

 2018年終了後に再びFAに。2019-20とフィリーズに在籍しましたが、トミー・ジョン手術となり、フィリーズのゲーム後半のプランも崩れ、残念な2年間に。

 2021年は所属が決まらない中、チームUSAとして東京五輪に出場。五輪後、タンパベイ・レイズとサイン。12試合を投げ、ERAは4.50。

 2022年3月16日、ロックアウトが明けた後、カブスとサイン。今季は再び華やかなマウンドに上がっったのでした。

 このようなキャリアで、まずDHのあるア・リーグにいたこと、そしてユニバーサルDH施行前のナ・リーグにいたものの、ほとんどがトミー・ジョン手術でゲームに出ていなかったこと、さらにゲームに出ても1イニングで交替ですから、ここまで全く打席に立ったことがなかったのです。

勢いのあるPITもゲームが崩れれば・・・

 ヤング・タレント達の活躍で一躍陽の目を浴びたパイレーツですが、現時点では打撃が上回るチームですので、この日のように先発が崩れれば、このような展開になってしまいます。

 ジャレッド・アイコフの今日の出来は辛かったですね。4.1イニングで10失点です。

 現地23日も同じカードです。Game3は僅差で争ってもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました