スポンサーリンク

クリス・ブライアント、カブスからの複数年大型契約のオファーを拒否

ちょっと気になるニュースが入ってきましたので、書いておきたいと思います。

現地2018年10月10日、MLB.com内で流れたニュースなのですが、カブスがクリス・ブライアント(Kris Bryant )に対して複数年の大型契約をオファーしたところ、ブライアント側はこれを拒否したとの報道がありました。

まだ報道ベースでカブス側は公式には認めておりません。

情報によると、カブスは複数年で200Mドル(2億ドル)近い額をオファー。日本円にしてざっと200億円くらいの金額です。それを拒否したとのことで、すわ!ブライアントが移籍か!となりそうですが、すぐの話ではありません。

MLBサービスタイム

クリス・ブライアントの現在の契約は2018年までですが、サービスタイムは2.171年。「調停は3年、FAは6年から」というルールからブライアントは2019年途中に「調停」の要件を満たし(実際に行使するはシーズン終了後になりますが)、「FA」の要件を満たすのは2021年終了時です。

MLBのサービスタイムは172日間を1年とするため、2022年ではなく2021年になるだろうという予想です。アクティブ・ロスターに入っておかないといけないので、そのような書き方になります。

【MLB用語集】MLSタイム(MLB在籍期間)
メジャーリーグ・サービスタイムとは?こんにちは(^^)今回も用語集です。MLBのFA(フリーエージェント)資格が得られる在...

3年過ぎれば、金額に文句があれば調停のテーブルに載せる権利は出来るけれども、自由に他球団と交渉できるのはFAとなる2021年終了後です。

よくあることですが、球団側は調停に入る前に大型契約をオファーして囲い込みたいという狙いがあり、今回は1度目のオファーを出したということかと思います。

クリス・ブライアントの代理人はスコット・ボラス氏。駆け引きのうまい人です。

調停前の年俸アップ

2017年のK・ブライアントの年俸は105万ドル。2018年は1,085万ドルまで上がりました。最初の調停までにこれだけ年俸が上がっている選手はいないそうです。

ブライアントの意思

そしてブライアント側は、FAまでは1年ごとの更新で契約したいとの思惑があります。他球団でのプレーを前提として縛られたくないということと、3Bにもこだわりがあるようですから、起用に関しても契約継続の条件として考えてくれということかと思います。

2018年は頭部へのデッドボールや手首など怪我に見舞われましたが、来季の活躍を期待したいと思います。

カブス2021年問題

なお、カブスは2021年終了後に、クリス・ブライアントだけでなく、カイル・シュワーバー、ハビアー・バイエス、アンソニー・リッゾもFAになりそうです。

球団的に大きな問題が控えておりますね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました