スポンサーリンク

クリス・ブライアント、カブスからの複数年大型契約のオファーを拒否

カブス

ちょっと気になるニュースが入ってきましたので、書いておきたいと思います。

現地2018年10月10日、MLB.com内で流れたニュースなのですが、カブスがクリス・ブライアント(Kris Bryant )に対して複数年の大型契約をオファーしたところ、ブライアント側はこれを拒否したとの報道がありました。

まだ報道ベースでカブス側は公式には認めておりません。

情報によると、カブスは複数年で200Mドル(2億ドル)近い額をオファー。日本円にしてざっと200億円くらいの金額です。それを拒否したとのことで、すわ!ブライアントが移籍か!となりそうですが、すぐの話ではありません。

MLBサービスタイム

クリス・ブライアントの現在の契約は2018年までですが、サービスタイムは2.171年。「調停は3年、FAは6年から」というルールからブライアントは2019年途中に「調停」の要件を満たし(実際に行使するはシーズン終了後になりますが)、「FA」の要件を満たすのは2021年終了時です。

MLBのサービスタイムは172日間を1年とするため、2022年ではなく2021年になるだろうという予想です。アクティブ・ロスターに入っておかないといけないので、そのような書き方になります。

【MLB用語集】MLSタイム(MLB在籍期間)
メジャーリーグ・サービスタイムとは?こんにちは(^^)今回も用語集です。MLBのFA(フリーエージェント)資格が得られる在...

3年過ぎれば、金額に文句があれば調停のテーブルに載せる権利は出来るけれども、自由に他球団と交渉できるのはFAとなる2021年終了後です。

よくあることですが、球団側は調停に入る前に大型契約をオファーして囲い込みたいという狙いがあり、今回は1度目のオファーを出したということかと思います。

クリス・ブライアントの代理人はスコット・ボラス氏。駆け引きのうまい人です。

調停前の年俸アップ

2017年のK・ブライアントの年俸は105万ドル。2018年は1,085万ドルまで上がりました。最初の調停までにこれだけ年俸が上がっている選手はいないそうです。

ブライアントの意思

そしてブライアント側は、FAまでは1年ごとの更新で契約したいとの思惑があります。他球団でのプレーを前提として縛られたくないということと、3Bにもこだわりがあるようですから、起用に関しても契約継続の条件として考えてくれということかと思います。

2018年は頭部へのデッドボールや手首など怪我に見舞われましたが、来季の活躍を期待したいと思います。

カブス2021年問題

なお、カブスは2021年終了後に、クリス・ブライアントだけでなく、カイル・シュワーバー、ハビアー・バイエス、アンソニー・リッゾもFAになりそうです。

球団的に大きな問題が控えておりますね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました