スポンサーリンク

マイナーリーガーに「千ドル寄付」のデービッド・プライス、実は公表を控えるよう頼んでいた!!

真の男気

 現地2020年5月29日にわかったとてもよいお話です。

 最近のMLBはあまり嬉しくない話題が続いているのはご承知の通りです。たとえばMLBとMLBPAのサラリー交渉、シーズン開幕への悲観的な展望、次々と発表されるマイナー・リーガーのリリース・・・、直近ではミネソタの警官事件に端を発した暴動が飛び火・・・と次から次へとあまりよくない話題が多いですが、そんな中、球界からとてもよいニュースが飛び込んできました。それがデービット・プライスの男気あふれるお話です。

デービッド・プライスの寄付

 2020シーズンからドジャースで投げることになっているデービッド・プライス(David Price /34才)。

 実はプロフィールを見てあらためてわかったのですが、196cmの高身長でもあります。ただ、大きいのは身長だけではありません!その心もとても大きいのです。

 新型コロナウィルスのパンデミックによって、多くのマイナーリーガーがプレー続行の危機に瀕している中、デービット・プライスは彼らに手を差し伸べました。

6月に$1000を寄付 

 デービット・プライスは、ドジャースのnon-40manロスター、つまりマイナー契約の選手全員に1000ドルを寄付することを決めました。実施は6月。

 マイナーリーガーへの週400ドルの支払いは継続するものの、「6月まで」という綱渡りな決定をするクラブも多い中、メジャーリーガーが独自に手を差し伸べることはすごい志です。ちなみにドジャースも6月末までは保証するという内容です。

 なおアメリカの雇用環境の中では一月延ばしを決定するだけでも、まだマシな方と言えるかもしれません。 

200名 

 ドジャース傘下には9つのマイナーリーグがあり、non 40-manの選手は総勢約200名。デービッド・プライスは総額で約$0.2M、ざっと2100万円を寄付する予定です。

嬉しさのあまり受け取り手が漏らしてしまう

 この話はここがポイントなのですが、デービッド・プライスはこの事実を公表しないようクラブ側に連絡していました。実はこっそりと行おうとしていたのです!

 筆者がこのニュースを聞いて嬉しかったのはこの点です。誰かに認められようとかそういうことではなく、ただ手を差し伸べた。この事実がすごいと思うのです。

 あくまで自発的な行為なのでこれが他のメジャーリーガーに強要するようなことになってしまってはまた意味合いが違ってきますし、ひょっとしたら選手会の他の選手への歩調も配慮したかもしれません。どうしてあなたは出さないの?と迫る人も中にはいるからです。

 しかし、そういった足並みを乱すかもしれないことも恐れず、ただ手を差し伸べたという事実が素晴らしいと思うのです。

 しかし、この事実は広まってしまいました。

 広まったのはリークです。実は広めてしまったのは当の受け取り手であるマイナーリーガーによって。そのマイナーリーガーは嬉しさと感激でつい漏らしてしまったのです。

 このエピソードも可愛げがあって良いなと思います。

デービッド・プライスの契約

 さて、デービッド・プライスの現契約は2015年12月にレッドソックスと結んだ7年$217M(2016-2022)がまだ活きています。ドジャースに移籍しているのでドジャースがそれを引き継いでいます。

 デービッド・プライスは3年目を経過した2018年10月にオプトアウトせず、レッドソックスに残留。

 昨シーズン(2019年)のサラリーは$31M。そして2020年から2022年までは$32M/年にアップします。

 FAは2022年終了後。その支払いに繰延はありません。

 仮にMLB側が提案しているスケールスライド方式のレートが適用されれば、2020年のサラリーは$8Mを切ってしまう可能性があります。 

 選手会がこのレートで折れることはなさそうですが、当初合意の51%であってもサラリーは半分($16M)。前年分の税金で根こそぎ持っていかそうな気がするので、彼ほど高額でも実はそれほど楽でもないのは確か。

 そんな状況の中でもできることをと実行した心が素晴らしいと思いますし、ましてやいちいち発表せず、こっそりやろうしたところがとても尊いなと思います。

 デービッド・プライスの現役生活が少しでも伸び、ファンの前に少しでも長く勇姿を見せてくれることを祈りたいと思います。

 実は同じような行動を起こしている選手は他にもいるかもしれません。

 このお話もおっちょこちょいマイナーリーガー(失礼!)がいなければ、わからなかった訳ですから、見えるところだけですべて評価する恐ろしさは気をつけなければなりませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました