スポンサーリンク

【MLB移籍2019】メッツ、マット・ケンプとアービン・サンタナを獲得(マイナーディール)

スポンサーリンク

メッツがビッグ・ネーム2人を獲得

現地2019年5月24日のトレードのニュースです。

ニューヨーク・メッツは24日(金)、マット・ケンプとアービン・サンタナとマイナー契約で合意しました。

マット・ケンプ獲得はセスペデスの怪我の影響

マット・ケンプ(Matt Kemp)は現地2019年5月4日にレッズからリリースされたところでした。

現地2019年5月5日、レッズがマット・ケンプをリリースした件について書いています。

外野手の怪我が目立つヤンキースが獲得に走るか?とも思われましたが、現地2019年5月19日(土)に自身の牧場で右足首を骨折し、シーズン・エンディングのサージェリーとなったヨエニス・セスペデスの戦力の穴を埋める形でメッツが獲得しました。

大谷選手がデッドボール(判定は三振)で右指薬指を打撲。シモンズは左足首を激しく捻挫。ふたりともX線は陰性。セスペデスが牧場で穴に足を取られ右足首を骨折。シーズン・エンディングです。

M・コンフォート、B・ニモのIL入りも

さらにメッツはLFを守るマイケル・コンフォート(Conforto, Michael)が脳震盪でIL入り。25日には復帰予定ですが、左肩の違和感もありますので毎月のようにIL入りとなっている点も気がかりです。

そして、CFのブランドン・ニモ(Nimmo, Brandon )も首の凝りで5月22日付けでIL入り。

相次ぐ外野手の怪我の影響が出ており、ご参考までに24日のタイガースとのインターリーグでのメッツのラインナップです。

CFはカルロス・ゴメス(Carlos Gómez)。彼は実力がありながら年齢などの関係でシーズン前にマイナー契約でメッツに入りましたが、怪我人続出の影響で今ではゲームに出るようになりました。

移籍記事

LFはJ.D.デービス(J.D. Davis)。アストロズの二刀流と騒がれた選手ですね。

移籍記事

RFはラージャイ・デービス(Rajai Davis)。インディアンスのリビルドの一貫でメッツに来ました。

移籍記事

マット・ケンプは他選手のILからの復帰具合との兼ね合いもありますが、かなり厳しい競争にさらされているのは致し方ないところです。

ここは一つ、その抜群にすぐれた運動能力でゲームで活躍してもらいたいと思います。

アービン・サンタナもメッツへ

さらにメッツはアービン・サンタナ(Ervin Santana)も獲得。

アービン・サンタナは2月にFAとしてホワイトソックスとマイナー契約を結んでいました。

またしてもマイナー契約 現地2019年2月22日、ツインズからFAとなっていた右腕のアービン・サンタナ(Ervin Sa...

しかし、4月26日にDFAに。27日にはトリプルAに配属となったものの、29日にはFAとなっていました。そこをメッツが獲得したということです。

アービン・サンタナは2019年は3試合に先発、13.1イニングで0勝2敗、ERA 9.45。ちょっと結果が出ていなかったんですね。

ジェイソン・バルガスが左ハムストリングを傷め、IL入りとなっていたり投手はやはり消耗が激しいですから、ここは補強に走ったというところかと思います。

現地2019年5月24日時点で、フィリーズ、ブレーブスについでナ・リーグ東地区3位のメッツ。

ロビンソン・カノーもIL入りとなりやや勢いが落ちていますが、ここは新戦力で巻き返しをはかりたいところですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク