スポンサーリンク

【レイズ・人材開発2020】70mphで活路を見出すショーン・ギルマーティン!奥様は現職のホワイトハウス報道官

MLBプレーヤーの紹介

球速がないなら、もっと遅くしよう

 現地2020年8月9日のゲリット・コールとタイラー・グラスノーが投げあったヤンキース@レイズのGame1を見ていて目を見はる面白い投手がいました。

 それがタイラー・グラスノーの降板後に2番手で上がったショーン・ギルマーティン(Sean Gilmartin)。

失点3、被本塁打2・・・しかし、

 そのショーン・ギルマーティンですが、先に悪い方のお話からしますと、数字は決してよくありませんでした。3.1イニングで被安打5、失点3、自責点3、与四球1、被本塁打2。

 5回表にジャンカルロ・スタントンに打たれたソロHR、そして6回表に先頭のD.J.ルメイヒューにシングルを打たれた直後にアーロン・ジャッジに2ランHRを浴びたのはこのショーン・ギルマーティンです。

 しかしです。独特なボールが目を釘付けにしました。

70mphの遅いボール

 タイラー・グラスノーが3回表に4点を奪われ、2番手で出てきたトリプルAの匂いのする左投手。これは火に油かなと思いました。

 ところが、ショーン・ギルマーティンは上記の通り、結果的には打たれはしたものの、実はヤンキース打線を苦戦させていたのでした。

 それが70mphのカーブ。正確に言うと、一番遅い球速で70.6mphのカーブで、113.61kmhです。

イーファスとは違う遅さが魅力

 山なりの超スローボールのことを、MLBではイーファス・ピッチ(eephus)、あるいはブルーパー・ボールとも言いますが、ショーン・ギルマーティンが投げていたのはそれよりは速い速度帯。打者の顎が上を向くような山なりのボールでもありません。

 この遅さが非常に効果を発揮しました。

チェンジアップ、スライダーが77-78mph

 球種は他にチェンジアップとスライダーがありました。速度帯は双方ともに変わらず、77−78mph(123.91kmh-125.53mph)。

4シームが87-88mph

 では肝心の4シームがどれくらいだったかというと、87-88mph(140.01-141.62kmh)。もうこれを速く見せるための遅いカーブですね。

遅すぎてタイミングが合わず

 90mph後半のファストボールに慣れている打者陣にとっては、ギルマーティンが投げる77−78mphのチェンジアップや70mphのカーブは非常に手こずる速度帯。わかっていても待ちきれず、体が崩れてしまう速度なのです。

 ちょうど清宮が出ていた2015年のU-18のジャパンが、USAとの決勝でニック・プラトー(現ロイヤルズ)のチェンジアップに手こずったのと同じような感覚です。

5年前から速くはなかった

 ショーン・ギルマーティンのプレーヒストリーなどはこちらに。

Sean Gilmartin College, Fall & Minor Leagues Statistics & History | Baseball-Reference.com
All Professional Baseball Statistics for Sean Gilmartin.

 昔から速いボールを投げる訳ではなく、2015年のMLBデビューイヤーにおいても4シームは91−92mphほどしか出ておりませんでした。

 スローカーブは今より速く、75-78mphといったところ。

レイズの人材開発

 レイズはトリプルAの長いショーン・ギルマーティンの良さを引き出すべく、遅いボールしか投げられないのならということで、さらにその遅さに磨きをかけさせたのだと思います。弱点を強みに変える素晴らしい発想です。

今後もリリーバーとして生き残るのか?

 この日の投球によって、レイズも本人もある程度は手応えをつかんだのではないでしょうか?そう言いながら、二度とマウンドに上がってこなければ見立て失敗になりますが、非常に面白い投手であることは事実です。

 この速度帯の投手はヒットを打たれるのは覚悟の上。意外にもボールに伸びがあれば、遅いボールはさらに有効になりそうです。

奥様は超エリート

 なおショーン・ギルマーティンの奥様は、超エリートです。ホワイトハウス報道官のケイリー・マケナニー。現職です!!2020年4月から就任。ホワイトハウス報道官とは連邦政府のトップ・スポークスマン。トランプ政権の広報を担っており、日々記者とのブリーフィングを行っています。

 公私にわたり、面白みのあるショーン・ギルマーティン。

 下記はルーキー・イヤーの2015年のメッツ時代のピッチング。まだ活きがよかったです。

 ぜひ、活躍してほしいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました