スポンサーリンク

【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー

ストロング・デビュー!

 現地2022年5月8日、マリナーズにまたいいピッチング・プロスペクトが出てきました。

 この日、マリナーズは地元T-Mobile Parkにて、レイズを迎えての4ゲームシリーズの最終戦。今季、前評判の高かったマリナーズですが、2022年5月2日から始まったアストロズとの3ゲーム・シリーズではスイープを許し、5日から始まったレイズとのシリーズにおいてもここまで3連敗。連敗を止めるべく、マイナーからコールアップされたのが、新星のジョージ・カービーでした。

ジョージ・カービーとは?

 ジョージ・カービーは1998年2月4日生まれの24才。ニューヨーク生まれです。高卒時の2016年にメッツから32巡目指名を受けるも拒否。イーロン大学に進学。3年後の2019年のアマチュア・ドラフトで、マリナーズから1巡目指名を受け、プロ入りしました。全体順位20位。

 この年のドラフトはかなり有名選手がひしめいており、全体1位のオリオールズのアドリー・ラッチマンは現時点で未デビューながら、デビューはもう時間の問題とも言われていますし、全体2位のボビー・ウィット・Jr.(KCR)はデビュー済みですね。さらに、ホワイトソックスのアンドリュー・ボーン、パドレスのC.J.エイブラムス、そしブルージェイズのアレク・マノーア、レッズのニック・ロードロなどもそうです。

 そんなライバル達に参戦したのが、ジョージ・カービーです。下記はドラフト時の動画です。今回のデビュー戦ではこのフォームがかなり進化していますので、そこの比較も見ものです。

ダブルAからメジャーへ

 そのジョージ・カービーはプロとしてこれからという2020シーズンをコロナ・パンデミックでキャンセルされたため、デビューはやはり少しだけ遅れましたね。

 2021シーズンはクラスAプラスと、ダブルAの2つのレベルに登板。双方合わせて15スタートで、ERA 3.06、SO9は10.6、BB9は2.0。

 2022シーズンはダブルAで開幕を迎え、ここまで5試合に登板。24.2イニングでERAは1.82、SO9は11.7、BB9は1.8と安定した成績を見せ、ダブルAからメジャーへコールアップされました。

6回スコアレス、7Kデビュー

 とても厄介なワンダー・フランコらがいるレイズ打線を相手に、ジョージ・カービーは初回の3アウトをすべて三振で奪うという素晴らしい立ち上がりを披露。ワンダー・フランコにはメジャー初被安打を許しました。

 ジョージ・カービーはとにかく落ち着いており、ランナーを出しても慌てることはありませんでした。ギアを上げるマウンド度胸も見事でした。

 この日のファストボールはmid-90mphでしたが、それ以上に速く感じさせましたね。4シームのアベレージは95.8mph、スライダーが88-89mph、チェンジアップが84-85mph、カーブが79-80mphと言ったところ。シンカーも1球だけ投げたことになっています。96.8mph。

 ジョージ・カービーは6回、81球を投げ、被安打4、失点0、与四球0、奪三振7。初登板で与四球0とはすごい心臓をしていますね!

貧打により勝ち星はつかず

 打撃に苦しんでいるマリナーズ。なんとかルーキーのデビュー戦に華を添えたいところでしたが、レイズ先発のライアン・ヤーブローにうまく抑えられ、5回までで4安打しか放てませんでした。

 8回表にはマニュエル・マーゴットに均衡を破られるソロHRを許し、追い込まれます。

 母の日に地元ファンにしょっぱい試合を見せたな!と思ったマリナーズですが、9回裏に意地を見せました。1アウトからエイブラハム・トロがレイズのブルペンのキーマンでもあるアンドリュー・キットリッジの甘めのスライダーを叩き、これがRFスタンドにラインドライブで入るソロHRに。マリナーズが土壇場で1-1の同点に追いつきました。

 オートマティック・ランナーがついてスタートする延長10回裏、マリナーズは送りバントを敢行し、1アウト3塁のチャンス。つづく、マット・ウィスラーが申告敬遠で歩き、1アウトランナー1、3塁。レイズとしてはダブルプレーも取れるシチュエーションを整えたということでしょう。

 しかし、そこはタイ・フランスがLFへクリーン・ヒットを放ち、レイズの守りの工夫も粉砕。

 マリナーズが2-1のスコアで勝利したのでした。

 素晴らしいデビュー戦を飾ったジョージ・カービーでしたが、初勝利は次回へお預けということに。

レッズからの移籍組がまだ機能せず

 この日、チャンスを何度も潰したのは、今オフにレッズから移籍してきたエウヘニオ・スアレス。あと1本出ればという場面での打席で、どうも振り遅れが目立ちました。スロースタートです。同じくレッズから移籍してきたジェシー・ウィンカーも打率が1割台と苦しんでいます。

 マリナーズ打撃陣で3割超えはタイ・フランスのみ。

 これから暖かくなりますから、ベテランの奮起を期待したいところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました