スポンサーリンク

【MLBプロスペクト2019】MLB初HRを放ったイーロイ・ヒメネスの美しすぎるバッティング・フォーム

イーロイ・ヒメネスがMLB初HR

現地2019年4月12日のお話ですが、ホワイトソックスのトップ・プロスペクト、イーロイ・ヒメネスEloy Jiménez)がMLB初HRを放っております!

記念すべき初HRの場所はヤンキー・スタジアム。冷たい雨が降りしきる中、打った瞬間に悲鳴が飛び交うほどの素晴らしい当たりでした。

初HR日が2打席連続のマルチHR

高画質版がこちら↓

イーロイ・ヒメネスのすごいところは、初HRが飛び出した日に、2打席連続で1号、2号を放ったこと。

移動中のスマホでも見やすいGIFはこちら。第1号。

こちらは第2号

Pre2019トップ・プロスペクト・ランク3位

イーロイ・ヒメネスは2019年1月に発表されたPre-2919のトップ・プロスペクト・ランキングで3位に入った選手。

ドミニカ共和国出身の22才。

その素質はプロスペクトを特集しているMLBパイプラインからかなり前から採り上げられていた選手。

Pre2019発表の段階で、すでに体が出来上がっており、ユニフォームを着た姿からもその筋骨隆々ぶりがわかるほど。

そして、デビュー前にもかかわらず、ホワイトソックスは6年4,300万ドルでの契約延長をオファーし、合意したところでした(2019年3月19日)。

開幕戦でデビュー

そして現地2019年3月28日の開幕戦でメジャー・デビュー。

ここまで12試合、すべてコンプリート・ゲーム、ゲーム開始から終了まで出場しています。

初ヒットは開幕2戦目のロイヤルズ戦(現地2019年3月30日)。この日はマルチ安打を記録。

そしてMLB12戦目の現地2019年4月12日のヤンキース戦でデビューから46 At Bat目で初HRを記録、つづけて47 At Bat(打数)目でもHRを放ったのでした。

プレートアピアランス(PA)で行くと、49打席目での初HRとなります。

美しすぎるバッティング・フォーム

構えから足を上げるときに体が縮まる感じがなんとも言えないくらい、かっこいいですね。特に横から見た時の、足が上がったタイミングの時の姿勢が非常に好きです。

これからも期待したいです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました