スポンサーリンク

【MLB2019】イェリッチ、34号!4番にヒウラ、アツかったブレーブス@ブルワーズの7月の3連戦

アツかったATL@MIL3連戦

現地2019年7月15日から始まったブレーブス@ブルワーズ3連戦はなかなかアツいシリーズでした。

レベルの高いクラブ同士、いいゲームを見せてもらったと思っています。

17日は3連戦最後のゲームが行われ、ブルワーズが追い上げるブレーブスをかわし、5−4で勝利。

シリーズ開始前までの7月の成績が3勝7敗だったブルワーズ。シリーズを2勝1敗で勝ち越し、5勝8敗とし調子を取り戻しつつあります。

Game1はブレーブスが勝利

まずGame1はブレーブスがフレディー・フリーマンの3ランHRで先制。ブルワーズもケストン・ヒウラのタイムリー・トリプルなどで2点を返して追い上げるも、ブレーブスが4−2で勝利しました。

ブレーブス先発のマックス・フリードが5回を無失点に抑え、10勝目。

Atlanta Braves vs Milwaukee Brewers Box Score: July 15, 2019 | Baseball-Reference.com
Atlanta Braves beat Milwaukee Brewers (4-2). Jul 15, 2019, Attendance:...

Game2はブルワーズが大勝

Game2はブルワーズ がケストン・ヒウラに9号、イェリッチに33号が出て13−1で快勝。ブレーブスはブライス・ウィルソンが4失点、ワスカー・イーノアが6失点と乱調でした。

ブランドン・ウッドラフが100mphを計測

この日のブルワーズの先発はブランドン・ウッドラフ。常に97mphは出しているブランドン・ウッドラフですが、この日はとりわけボールが走っており、ついにトリプル・ディジッツ(100mph)を計測しています。

オールスターにも出ましたし、使っているうちに成長しましたね。

Atlanta Braves vs Milwaukee Brewers Box Score: July 16, 2019 | Baseball-Reference.com
Milwaukee Brewers beat Atlanta Braves (13-1). Jul 16, 2019, Attendance...

Game3は好ゲーム

7月17日行われたGame3ですが、ブルワーズがチェイス・アンダーソン、ブレーブスがダラス・カイケルが登板。

チェイス・アンダーソンが1ヒッター

ブルワーズ先発のチェイス・アンダーソンは協力なブレーブス打線を相手に丁寧な投球を披露。6回途中、被安打1、無失点とゲームメイクに成功。

ブルワーズ打線は2回にマニー・ピーニャが2ランHRを放ち2点を先制。

6回にはイェリッチの今季34号で1点を追加した後、ライアン・ブラウンの三塁打で続き、ケストン・ヒウラがタイムリーダブルで2点目。さらに、マニー・ピーニャがシングルでヒウラを返し、3点目。ブルワーズが5−0とリード。

ジョシュ・ドナルドソンが好調を維持

このまま逃げ切るかと思いましたが、ブレーブスは8回表にジュニオール・ゲラからジョシュ・ドナルドソンが2ランHRで2−5。

さらに、9回表にはクローザーのジョシュ・へイダーを攻め、ジョシュ・ドナルドソンの2点タイムリーで1点差まで追い上げます。

しかし、最後はオジー・アルビーズを三振に打ち取り、ブルワーズが辛くも5−4で勝利しました。

Atlanta Braves vs Milwaukee Brewers Box Score: July 17, 2019 | Baseball-Reference.com
Milwaukee Brewers beat Atlanta Braves (5-4). Jul 17, 2019, Attendance:...

安心して楽しめるMIL & ATL

ブルワーズのゲームを見ていると何か安心感を覚えます。ベテラン・若手のバランスといい、先発ローテーションの顔ぶれ、さらにブルペンの充実、しっかりしたセンターラインと、かつて地区5連覇を達成したときのフィリーズを見ているような強さがあります。

確かにブルペンが失点することはありますが、適材適所にタレントが揃っていて人材もうまく育てています。

筆者はレッドソックスを応援しているのですが、打撃陣と投手陣のバランスがやはり悪いですし、ブルペンは頑張ってはいるのですが、薄氷を踏むようなリレーはやはりちょっと疲れますね。

また、ブレーブスはあらためて見るとセンターラインが強いなと思いました。ダンスビー・スワンソン、オジー・アルビーズ、ブライアン・マッキャン、ロナルド・アクーニャ・ジュニア。また、若手を引っ張る形でフリーマンとドナルドソンが活躍しているのもいいですね。あとは投手陣。この7月で誰を獲得するのか注目しています。

もし両チームがペナントを制せば、勝率がリーグ2位と3位なのでNLDSで当たるかもしれません。

中地区は現地2019年7月18日時点でカブスがトップですが、ブルワーズとカブスはシーズン終盤までもつれそうです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
タイトルとURLをコピーしました