スポンサーリンク

【MLB契約2022】ブレーブス、スペンサー・ストライダーと6年/75Mドルで長期契約

ブレーブス、またしても未FAと長期で契約

 現地2022年10月10日、11日から始まるフィリーズとのNLDSを前にアトランタ・ブレーブスが大きなニュースを発表しました。

 今季、非常にインパクトのある奪三振率をマークした豪腕ルーキー、スペンサー・ストライダーと6年/$75Mで契約したと発表しました。

 大きな試合を前に発表してクラブの士気を上げるのもうまいですね。

契約内容

 まず、スペンサー・ストライダーですが、MLBデビューは2021年10月1日。今季は当然、ルーキー・ステータスです。今季のMLSはシーズン開始前が0.003でしたから、まだ1.003ほどです。

  • 6年/$75M保証 (2023-28) + 2029 クラブOption。
    • 支払い:
      • $1M(2023
      • $1M (2024)
      • $4M (2025)
      • $20M(2026)
      • $22M (2027)
      • $22M(2028)
      • + $22M (2029) クラブOption ($5M バイアウト)

 2022年10月28日の誕生日で24才になるスペンサー・ストライダーは、2023シーズンもそのまま24才としてカウントすると、2028年までの6シーズンということは29才までの契約ということに。そして30才となるシーズンに$22Mのクラブオプションで、クラブ側が更新しないと場合のバイアウトが$5Mとなっています。

ブレーブスの上手な契約

 調停前の選手はメジャー最低年俸が基本となり、ご覧のように推移します。

 2022シーズン前のCBAで激しく争ったミニマム・サラリーは下記の金額で推移します。

 ミニマム・サラリーは交渉の大きなトピックとなり、下記のようにアップしました。

  • 1年目:$0.700M
  • 2年目:$0.720M
  • 3年目: $0.740M
  • 4年目:$0.760M
  • 5年目:$0.780M

 活躍する選手が調停ステータスを得れば、これらよりもっと高額で契約しますが、調停前であればこれが基準となります。つまり、若いうちは、$1Mを超えることはないのが現状。

 ブレーブスはFA前の選手の待遇を良くする契約にしているのです。そうすることで良い選手を囲い込むことが出来ますし、尚且つサラリーの抑制にも成功します。

 クラブ側のデメリットはメジャー最低年俸しか払わなくていいものを余計に払うことにはなりますし、調停ステータスとなったときに果たしてこれより高いのかどうか?は未来のことなのでわからないので、高い設定の可能性もあります。

 それでも、$30MのサラリーとなるFAの選手を獲得するより安いですし、仮にさらなる更新をしたとしても、ベースが安くなっていますから、更新も容易です。結果的に安いのです!

 選手側にとって見れば、FA前に$1Mを超えるのもありがたいですし、調定ステータスでグンと上がる設定が($20Mも!)確約されているというのは非常にありがたいところです。30才で初FAとなってサラリーを叩かれるよりは若いうちにもらっておく方が絶対にお得です。

 このやり方で成功しているのはロナルド・アクーニャ・Jr.のケースです。8 年/$100M (2019-26) + 2027-28 クラブオプションで、2019年4月2日にサインしました。

【アクーニャのサラリー】

  • 2019: $1M
  • 2020: $1M
  • 2021: $5M
  • 2022: $15M
  • 2023: $17M
  • 2024: $17M
  • 2025: $17M
  • 2026: $17M
  • 2027: $17M (クラブオプション or $10Mバイアウト)
  • 2028: $17M (クラブオプション)

 金額の上がり方はアクーニャの設定とよく似ています。4年目以降はストライダーの方が高いのは、投手と野手の違いかと思います。投手の場合は肩肘の故障のリスクがあるので、期間は短めになりがち。

 アクーニャは2018年のルーキーイヤーに27HR、打率.293でROYを受賞。2年目のシーズン前に延長契約となりました。2年目のシーズンである2019年はさらに飛躍し、41HR、打率.280をマークしました。

 ブレーブスは活躍の実態とサラリーが比例するように努力しているとも言えます。

スペンサー・ストライダーとは?

 スペンサー・ストライダーですが、ドラフトは2020年のブレーブスの4巡目指名です。この年は5巡で終了でしたので、危うくこの逸材を逃すところでしたね。

 ハードスロー右腕は、今季はリリーフからスタート。5月30日からスターターとして登板を開始。

 リリーバーとしては11試合、24.1イニングで、1勝1敗、ERAは2.22。奪三振は37。

 スターターとしては、20試合、107.1イニングに登板。奪三振は165をかぞえました。

 シーズン通算は、31試合に登板、そのうち20試合に先発し、131.2イニングで11勝5敗、ERAは2.67、奪三振数は202、SO9は13.8。奪三振数はナ・リーグ6位です。

【YOUTUBE】Spencer Strider sets an Atlanta Braves record with 16 Ks in a game!!!!!!

NLDSはOK

 2022年9月21日以来、腹斜筋を痛めてILに入っていたスペンサー・ストライダーですが、体調は回復。10月9日(日)にマウンドからの投球を試み、問題も出ませんでした。よって、NLDSでは登板します!

 ブレーブス、このポストシーズンも強さを発揮しそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました