スポンサーリンク

【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目

ルーキーが躍動中

 現地2022年7月2日、ブレーブス@レッズ戦で、ブレーブスのルーキーのスペンサー・ストライダーが剛球を連発!

 レッズ打線に仕事をさせず、6回まで投げ、被安打1、失点1、奪三振11と圧巻の投球を見せ、見事に4勝目をマークしました。

100mph超えが12球

 スペンサー・ストライダーがこの日が18試合目の登板。開幕当初はリリーフ・ロールでした。登板試合数が多いのはそのためです。4月は2イニング以上のリリーフを任されることが多く、5月13日からはゲーム後半の7回から8回を任されるケースが増えました。ゲーム終盤での投球が評価され、5月30日からはスターターとなっております。

 よって、先発としての登板は、この日でまだ7度目です。

 このゲームでは、立ち上がりの打者二人まではコントロールを重視した投球。しかし、3人めのトミー・ファムを迎えたところからギアがアップ。初回でもう100mphを2球投げております。

特に3回と4回は100mphを連発。100mphを超えない時であっても常時98-99mphを記録するほどのハードな投球でした。

 この日は93球中、100mph超えは12球!すごいボールでしたね。MAXは3回裏にジョナサン・インディアに対した時に投げた102.4mphでした。 

 1安打しか打たれていないのに1点を奪われているのは、デッドボール絡みです。5回裏に先頭のカイル・ファーマーにデッドボール。100mphが手首に当たり、カイル・ファーマーも悶絶です。試合後の検査の結果は骨には異常なしでした。

 その後は2者連続三振の途中で、ワイルド・ピッチで2塁への進塁を許し、ニック・センゼルにタイムリーを浴びて1失点となっております。上述の通り、ヒットはこの1本のみです。

 ゲームの方はオースティン・ライリーの2RBIなどでブレーブスが4-1のスコアで勝利。スペンサー・ストライダーに4勝目がついております。4勝のうち先発での勝利はこれで3勝目です。

奪三振数はルーキー2位も・・・

 スペンサー・ストライダーの奪三振はこの日の11を含めて90に。これはルーキーでは2位の数字。1位はレッズのハンター・グリーンで、93個。

 ただし、上述のようにストライダーは当初、リリーバーでした。よって、ハンター・グリーンとはイニング数が違うのです。ハンター・グリーンは74.0イニングで93個なのに対し、スペンサー・ストライダーは59.2イニングで90個。

 SO9でいけば、ハンター・グリーンは11.31なのに対し、ストライダーは13.58です。いかに奪三振率が高いかがわかりますね。

 なお、被本塁打数はハンター・グリーンが20個なのに対し、スペンサー・ストライダーは3個のみ。

 ファストボールは互いに伸びてくる球質ですが、ハンター・グリーンは4シームのスピン量が平均で2361なのに対し、スペンサー・ストライダーは平均で2340。20ほどしか違いませんが、ハンター・グリーンの方が量が多いので、よく飛ぶようです。

2020年4巡目

 スペンサー・ストライダーは1998年10月28日生まれの23才。ドラフトは2020年のブレーブスの4巡目。なお、2020年のドラフトは5巡目までの指名で終了した縮小版です。逸材がこの範囲内にいてよかったですね。

 MLBデビューは2021年10月1日。シーズン終了間際にコールアップしました。よって、今季はルーキー・ステータスです。

 ますます期待したい投手ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました