スポンサーリンク

【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め

マックス・フリード、またもや支配的な投球を披露

 現地2024年5月22日、リグレー・フィールドで行われたブレーブス@カブス戦でブレーブスはマックス・フリード(Max Fried)が登板。またしても素晴らしい投球を披露しました。

 マックス・フリードは14球中7球を空振りさせたカーブと11球中7球を空振りさせたスライダーを武器にカブス打線から完投勝利。9イニング、105球、被安打3,失点2、自責点1、BB 0、SO 9という内容でした。

5回までパーフェクト

 この日のマックス・フリードは立ち上がりから三振と凡打の山を築き、5回で6奪三振。しかもパーフェクトを披露。球数はたったの53球!

 始めて許したヒットは6回裏の先頭のイアン・ハップに許した2塁打。このイニングはワイルド・ピッチも絡み1アウト3塁のピンチを招き、ミゲル・アマヤの3Bゴロの間に1点を許したものの、ニコ・ホーナーをRFライナーに抑え、1点のみで凌ぎました。

 7回裏も三者凡退に抑えたマックス・フリードは8回裏に内野安打を含む2本のシングルとワイルド・ピッチでもう1点を失ったものの、この日与えた失点は2点のみ。9回裏も三者凡退で締め、見事に完投勝利で今季4勝目をマークしました。

定期的に途中までノーヒッター

 マックス・フリードは直近5回の先発のうちなんと3回で最初の5イニングを無安打に抑えています。マックス・フリードのここまでのピッチング・ログです。

#DateOppDecIPPitHRERBBSOHRERA
1Mar 30@ PHI0.24323331040.50
2Apr 6ARI4.197108715118.00
3Apr 12@ MIAW(1-0)6.1844111408.74
4Apr 17@ HOU5.0967334217.71
5Apr 23MIAW(2-0)9.0923000604.97
6Apr 29@ SEA6.01000002704.02
7May 5@ LADL(2-1)7.01084443724.23
8May 11@ NYMW(3-1)7.01090003503.57
9May 17SDPL(3-2)4.1889333203.81
10May 22@ CHCW(4-2)9.01053210903.38
マックス・フリードの2024ピッチング・ログ(現地2024年5月23日時点)
  1. 6度目の登板のシアトル戦では6回ノーヒッターのまま降板。
  2. 8度目の登板のメッツ戦では7回ノーヒッターのまま降板。
  3. 10度目のこの日の登板で5回までパーフェクト。

 また、5度目の登板となったマイアミ戦では3回表にエマニュエル・リベラにLFへシングルを打たれ、5回までノーヒッターは崩れたものの、9回/92球でマイアミ打線をシャットアウト。いわゆる「マダックス」を達成しています。

今季2完投目

 なお、この日のシャットアウトで今季2度めの完投となりましたが、現時点で2完投はマックス・フリードだけです。

 ブレーブスは5月15日、17日、19日と3試合連続で先発が5イニング未満で降板(そのうちの1試合にマックス・フリード登板日もあるのですが)。ブルペンに負担がかかっていたのでその意味でもこの日の完投は大きな価値がありました。

打線は3HRで快勝!

 打線の方ですが、この日はアダム・デュバル、マーセル・オズーナ、マット・オルソンにHRが飛び出し、計9得点。マーセル・オズーナはNLトップの15HRとなり、2位につけている大谷選手の13HRに2本の差を付けております。

MLB Gameday: Braves 9, Cubs 2 Final Score (05/22/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

ATL、今季はHRが減少

 ここまでフィリーズの独走を許しているブレーブスですが、昨シーズンと大きく違うのはHRの数。上述の通り、マーセル・オズーナは好調ですが、マット・オルソン、ロナルド・アクーニャ・Jr.そしてオースティン・ライリーがなかなか上がってきません。

 ちなみに強烈だった2023年ですが、なんと年間307HRも放ちました。2位はドジャースで249HRですから、いかに爆発力が凄かったかがわかりますね。

【2023 ATL HR数(10HR以上)】

NameHR
マット・オルソン54
R・アクーニャ・Jr.41
M・オズーナ40
A・ライリー37
O・アルビーズ33
S・マーフィー21
E・ロザリオ21
M・ハリス II18
O・アルシア17
T・ダーノー11

 40HR以上が3人もいたという強烈な打線でした。

フリード、オフにFA

 マックス・フリードはこのオフがくればFA資格を有することになります。今オフの目玉になることは間違いありません。

リグレーで相性良し!

 そのマックス・フリードはリグレー・フィールドで相性がよく、2017年9月3日のMLB初先発の場所であり、それも含めてリグレーでの先発は4戦で4勝0敗、ERA 1.38。

 ここまでリグレーで結果を出しているなら、敵チームとしてリグレーで投げる機会を残す意味でカブスはなさそうですが、ただ、フリード自身はリグレーで投げるのが好きなようです。果たしてこのオフはどうなるでしょうか!?オフの楽しみにしておきましょう。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました