スポンサーリンク

【MLB 2022】ブレーブスのスペンサー・ストライダー、今度は16Kピッチング!

活躍はサイ・ヤング級!

 現地2022年9月1日、ロッキーズ@ブレーブス戦で、ブレーブスの先発、スペンサー・ストライダーがほぼ完璧と言えるピッチングを披露。

 ロッキーズ打線を相手に、8イニング、106球を投げきり、被安打2、スコアレス、四球なし、そして奪三振16というとんでもなくすごい投球を見せてくれました。

アイドリングの時間も不要

 このようなすごい投球をする時は案外、立ち上がりに苦労するものですが、BB0が示すとおり、この日のスペンサー・ストライダーにそのようなアイドリングの時間は不要でした。ロッキーズの早打ちもあり、初回は打者3人、しかも9球で終えるゲームイン。

 そして2回からはさらにエンジン全開で3者連続三振。4回まではパーフェクトで、ロッキーズの初ヒットが生まれたのは5回表の先頭打者のC.J.クロンのシングル。

 握力が無くなるであろう6回から7回にかけての2イニングにおいても、打者6人に対して奪三振が5!7回を終えて83球。このような三振の多い日で無ければ、ここでスイッチしても良いくらいの球数でしたが、この時点で奪三振は14。もうブライアン・スニッカー監督も、あと1イニング、行かせるしかありませんでしたね。

 8回はやはり疲れもあったのか、1アウトからこの日2本目のヒットとして、マイケル・トグリアにRFへ二塁打を打たれ、さらに次打者にもエラーで出塁を許し、ランナーを3塁に置いてのピッチングとなりましたが、残り2つのアウトを三振で取り、16奪三振が完成。ストライダーはこのイニングで降板となりました。

【YOUTUBE】Spencer Strider sets an Atlanta Braves record with 16 Ks in a game!!!!!!

9イニングゲームの16Kはブレーブス史上最多

 スペンサー・ストライダーの8イニング、16奪三振はブレーブス史上、1試合最多奪三振となりました。

 もう少しブレーキング・ダウンすると、これまではジョン・スモルツの1試合15奪三振が最多でした。

 1952年にウォーレン・スパーン(Warren Spahn)が1試合18奪三振を記録したゲームがありましたが、これは15イニングでの達成。

 したがって、”9イニング・ゲームで”というのがつきますが、ストライダーの16奪三振は1試合最多です。ジョン・スモルツ、グレッグ・マダックス、トム・グラビンもなし得なかった偉業です。

0BB、16Kは過去たったの30試合

 そして、1つの四球を出さずに16個以上の三振を奪った試合はメジャー史上、これが30試合目。過去には、ランディ・ジョンソンとロジャー・クレメンスがそれぞれ4度達成。また、ドワイト・グッデンとマックス・シャーザーがそれぞれ2度達成しています。

 なお、ドワイト・グッデンの「2度」は、2試合連続での達成です。これはルーキー・イヤーの1984年での記録です。

 そして、この30試合の中にはケリー・ウッドの20Kゲームも入っています。

【直近の16K以上、0BBの達成者】

  • スペンサー・ストライダー(2022年9月1日):16K、0BB – 8.0 IP
  • ウォーカー・ビューラー(2019年6月21日):16K、0BB- 9.0 IP
  • クリス・セール(BOS)(2019年5月14日): 17K, 0BB -7.0 IP
  • ジョン・グレイ (TEX)(2016年9月17日) 16 K、0 BB- 9.0 IP
  • ケリー・ウッド(1998年5月6日):20 K、0 BB- 9.0 IP
  • ドワイト・グッデン(1984年9月17日):16 K、0 BB- 9.0 IP
  • ドワイト・グッデン(1984年9月12日):16 K、0 BB – 8.0 IP

サイ・ヤング級の活躍も量が足りず、ROYのみが対象


 スペンサー・ストライダーはここまで28試合で、114.2イニングに登板。奪三振は174、ERAは2.67。

 ERAのタイトルを獲得するにはチームの消化試合戦と同じイニング数が必要で、言ってみればシーズン最終戦で162.0 IPを投げていることが条件です。現時点ではブレーブスが132ゲームを消化しているので、132.0 IPを投げていなければ、ERAのタイトル争いには加われません。現時点でのナ・リーグERAトップは185.2 IPを投げているサンディー・アルカンタラで2.13。

 奪三振数174は、現時点でNL4位。コービン・バーンズの195も近くに見えている状況。

 奪三振率で行けば、NLトップになる可能性は大きいです。

 量は足りないですが、まさにサイヤング級の活躍であると言えるでしょう。主要Awardsに関しては、ROY(ルーキー)が対象になりそうですが、なんとブレーブス内で争っております。マイケル・ハリス2世との競り合いです。

伸びるファストボール

 この日は低めのフレーム外をストライク・コールされていたケースがありましたが、それだけボールが伸びて見えるということですね。

 なお、スペンサー・ストライダーはここ3ヶ月ほど、月初1度目の登板に二桁奪三振を記録しています。それも面白い傾向です。

  • 9/1: vs COL: 16K
  • 8/2: vs PHI: 13K
  • 7/2: vs CIN: 11K

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました