スポンサーリンク

【MLB 2022】ブレーブスのスペンサー・ストライダー、今度は16Kピッチング!

活躍はサイ・ヤング級!

 現地2022年9月1日、ロッキーズ@ブレーブス戦で、ブレーブスの先発、スペンサー・ストライダーがほぼ完璧と言えるピッチングを披露。

 ロッキーズ打線を相手に、8イニング、106球を投げきり、被安打2、スコアレス、四球なし、そして奪三振16というとんでもなくすごい投球を見せてくれました。

アイドリングの時間も不要

 このようなすごい投球をする時は案外、立ち上がりに苦労するものですが、BB0が示すとおり、この日のスペンサー・ストライダーにそのようなアイドリングの時間は不要でした。ロッキーズの早打ちもあり、初回は打者3人、しかも9球で終えるゲームイン。

 そして2回からはさらにエンジン全開で3者連続三振。4回まではパーフェクトで、ロッキーズの初ヒットが生まれたのは5回表の先頭打者のC.J.クロンのシングル。

 握力が無くなるであろう6回から7回にかけての2イニングにおいても、打者6人に対して奪三振が5!7回を終えて83球。このような三振の多い日で無ければ、ここでスイッチしても良いくらいの球数でしたが、この時点で奪三振は14。もうブライアン・スニッカー監督も、あと1イニング、行かせるしかありませんでしたね。

 8回はやはり疲れもあったのか、1アウトからこの日2本目のヒットとして、マイケル・トグリアにRFへ二塁打を打たれ、さらに次打者にもエラーで出塁を許し、ランナーを3塁に置いてのピッチングとなりましたが、残り2つのアウトを三振で取り、16奪三振が完成。ストライダーはこのイニングで降板となりました。

【YOUTUBE】Spencer Strider sets an Atlanta Braves record with 16 Ks in a game!!!!!!

9イニングゲームの16Kはブレーブス史上最多

 スペンサー・ストライダーの8イニング、16奪三振はブレーブス史上、1試合最多奪三振となりました。

 もう少しブレーキング・ダウンすると、これまではジョン・スモルツの1試合15奪三振が最多でした。

 1952年にウォーレン・スパーン(Warren Spahn)が1試合18奪三振を記録したゲームがありましたが、これは15イニングでの達成。

 したがって、”9イニング・ゲームで”というのがつきますが、ストライダーの16奪三振は1試合最多です。ジョン・スモルツ、グレッグ・マダックス、トム・グラビンもなし得なかった偉業です。

0BB、16Kは過去たったの30試合

 そして、1つの四球を出さずに16個以上の三振を奪った試合はメジャー史上、これが30試合目。過去には、ランディ・ジョンソンとロジャー・クレメンスがそれぞれ4度達成。また、ドワイト・グッデンとマックス・シャーザーがそれぞれ2度達成しています。

 なお、ドワイト・グッデンの「2度」は、2試合連続での達成です。これはルーキー・イヤーの1984年での記録です。

 そして、この30試合の中にはケリー・ウッドの20Kゲームも入っています。

【直近の16K以上、0BBの達成者】

  • スペンサー・ストライダー(2022年9月1日):16K、0BB – 8.0 IP
  • ウォーカー・ビューラー(2019年6月21日):16K、0BB- 9.0 IP
  • クリス・セール(BOS)(2019年5月14日): 17K, 0BB -7.0 IP
  • ジョン・グレイ (TEX)(2016年9月17日) 16 K、0 BB- 9.0 IP
  • ケリー・ウッド(1998年5月6日):20 K、0 BB- 9.0 IP
  • ドワイト・グッデン(1984年9月17日):16 K、0 BB- 9.0 IP
  • ドワイト・グッデン(1984年9月12日):16 K、0 BB – 8.0 IP

サイ・ヤング級の活躍も量が足りず、ROYのみが対象


 スペンサー・ストライダーはここまで28試合で、114.2イニングに登板。奪三振は174、ERAは2.67。

 ERAのタイトルを獲得するにはチームの消化試合戦と同じイニング数が必要で、言ってみればシーズン最終戦で162.0 IPを投げていることが条件です。現時点ではブレーブスが132ゲームを消化しているので、132.0 IPを投げていなければ、ERAのタイトル争いには加われません。現時点でのナ・リーグERAトップは185.2 IPを投げているサンディー・アルカンタラで2.13。

 奪三振数174は、現時点でNL4位。コービン・バーンズの195も近くに見えている状況。

 奪三振率で行けば、NLトップになる可能性は大きいです。

 量は足りないですが、まさにサイヤング級の活躍であると言えるでしょう。主要Awardsに関しては、ROY(ルーキー)が対象になりそうですが、なんとブレーブス内で争っております。マイケル・ハリス2世との競り合いです。

伸びるファストボール

 この日は低めのフレーム外をストライク・コールされていたケースがありましたが、それだけボールが伸びて見えるということですね。

 なお、スペンサー・ストライダーはここ3ヶ月ほど、月初1度目の登板に二桁奪三振を記録しています。それも面白い傾向です。

  • 9/1: vs COL: 16K
  • 8/2: vs PHI: 13K
  • 7/2: vs CIN: 11K

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました