スポンサーリンク

【MLB】いきなりの13人の若手のFA!ブレーブスに何が起こっているのか?

アトランタ・ブレーブスの今後のチーム構成に大きな打撃が生じました。

現地2017年11月22日、元GMのジョン・コッポレラ氏に永久追放の処分が下されました。同時に13人のプロスペクトが契約無効として急遽FAとなる事態に。

いったい、何が起こっているのか?

ジョン・コッポレラ氏は2015年から2017年にかけて契約したベネズエラなどの米国・カナダ以外の有望な外国人選手と契約しました。

その際、インターナショナル・サイニング・ボーナスという契約金の上限枠を過小に偽って、現地の選手と契約。これが判明したことで永久追放となっています。

インターナショナル・サイニング・ボーナスは球団ごとに設けられている資金の限度枠のことです。

こうすることで金満な球団に有望選手が偏ることを防ぐ戦力均衡化策の1つです。さすがに無制限だと安いうちに青田買いしまくる球団も出てきますから、戦力の偏り防止と選手がゲームに出られるチャンスを広げる意味においても設けられている制度です。

なお、この権利も選手のトレードの条件として取り交わされることがあります。

その余波を受け、当時契約した13人のプロスペクトが契約無効となり、FAとなっています。

Juan Contreras;ドミニカ共和国・RHP

Yefri del Rosario; ドミニカ共和国・RHP

Abrahan Gutierrez; ベネズエラ・捕手

Kevin Maitan; ベネズエラ・内野手

Juan Carlos Negret; キューバ・OF

Yenci Peña; ドミニカ共和国・SS

Yunior Severino; ドミニカ共和国・SS

Livan Soto; ベネズエラ・SS

Guillermo Zuniga; コロンビア・RHP

Brandol Mezquita; ドミニカ共和国・OF

Angel Rojas; ドミニカ共和国・SS

Antonio Sucre; ベネズエラ・OF

Robert Puason;14才、ドミニカ共和国・SS

 Robert Puasonには2019年に年齢に達した時には、ブレーブスやでという前金を払っていたようです。彼の場合はFAというよりは契約無効ということで、2019年にはあらためてどこかの球団と契約になるとおもいます。

以上がことの大筋になります。

ブレーブス、これは痛いですね!

なお、別件ですが、大谷投手は無事にアメリカに移籍できることになりました。新ポスティングが有効となりました。

日ハムは20million を入札で得ることになります。入札球団が決まってから、契約が進みますから年内にはメジャー・リーガー大谷選手が誕生しそうです。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました