スポンサーリンク

【MLB 2021】”KCR”ブラッド・ケラーが7回1失点の好投!レイズの連勝を11で止める

ロイヤルズ、投手戦を制す

 現地2021年5月25日(火)、ロイヤルズ@レイズの3ゲームシリーズが始まりました。11連勝と勢いに乗るレイズ。直近15試合のRBIは94を数え、二塁打は37本で、ともにMLB1位。好機で効率よく長打が出ており、11連勝の大きな要因となっている中、投手戦に持ち込み、厳しい戦いを制したのはロイヤルズの2021年オープニング・ピッチャーでした。

 ただ、内容的にはレイズが押していたゲームでもありました。

ブラッド・ケラー&リッチ・ヒルが先発

 先発はロイヤルズがブラッド・ケラー。2021年のオープニング・ピッチャーです。ただ、オープニングゲームでは2回持たず、6失点とゲームメイクできませんでしたが、4月後半から徐々に調子を上げてきており、このゲーム前までは、3勝4敗、ERA 6.52。

リッチ・ヒルは直近4試合のERAが0.42!

 一方のレイズは、ベテラン左腕のリッチ・ヒル。今季41才のシーズンながら、このゲーム前までは9試合で先発し、3勝1敗、ERA 3.89と好調レイズを支えるローテーション投手の一人です。しかも直近4試合は、21.2イニングで自責点1。3勝1敗、ERA 0.42と絶好調。

 ロイヤルズとしては、レイズ打線の勢いとリッチ・ヒルの好調さを考慮し、「ブラッド・ケラーがなんとか3失点以内に抑えてくれれば」というやや希望的な展開を望まざるを得ない戦評でもありましたが、そのブラッド・ケラーがやってくれました。

先制点はレイズ

 先制点はレイズでした。3回裏、先頭のブレット・フィリップが投手前内野安打で出塁。そのフィリップスが1アウト後に2盗に成功。ロイヤルズの捕手は、サルバドール・ペレスではなく、キャム・ギャラガー(Cam Gallagher )でした。

 2アウト後、ヤンディー・ディアスがCF前シングルを放ち、レイズがラッキーな形で1点を先制しました。

リッチ・ヒル、3イニングで5K

 レイズ先制の裏でロイヤルズ打線はリッチ・ヒルに手も足も出ない状況で、3回までに5三振。これは完全にレイズのペースで12連勝の可能性は高いと思えるほどでした。

カルロス・サンタナ、最高のタイミングでHR

 3回裏に1点を先制したレイズでしたが、ロイヤルズは失点した直後に絶妙のタイミングで反撃。

 4回表、1アウト後に打席が回ってきたカルロス・サンタナがCFへ弾丸ライナーのソロHRを放ち、1-1の同点に。ボール3つが先行した後、決めに行った4シームが甘い高さに入ったのを見逃しませんでした。

 これでゲームは1-1のタイに。

ロイヤルズ、6回の好機で勝ち越し

 やはりリッチ・ヒルに苦戦していたロイヤルズ打線でしたが、中盤6回表、リッチ・ヒルにやや疲れが見えたところを、イニング先頭のキャム・ギャラガーとウィット・メリフィールドが連続安打でノーアウト1、2塁でチャンスメイク。

 これを逃せば、裏のイニングで失点される流れです。 

 1アウト後、この日DHで出場していたサルバドール・ペレスが2ストライクと追い込まれながらも、3球目のカーブを叩き、LF前にラインドライブのタイムリー。これで2塁ランナーのギャラガーが還り、ロイヤルズが2-1と勝ち越しいに成功しました。

ブラッド・ケラー、7回1失点

 ロイヤルズ先発のブラッド・ケラーは5回を除いて、毎回ランナーを背負う投球が続きましたが、最後の一本を許さず、苦しいながらも7回を投げ抜きました。球数は95球。かなり苦心したことが伺えますね。

 結果、7回を被安打4、失点1、与四球4、奪三振7で見事にゲームメイクしたのでした。

リッチ・ヒルは13K

 圧巻だったのはリッチ・ヒルで、8イニングを99球で回し、被安打6、失点2、与四球0でゲームメイク。なんと13三振を奪う力投でした。三振数がもう少し少なければ完投ペースでした。

双方、リレーも機能 

 レイズはリッチ・ヒル降板後、ピート・フェアバンクスが9回を無失点に抑えました。

 また、ブラッド・ケラー降板後、ロイヤルズは8回から9回1アウトまで左腕のジェイク・ブレンツ(Jake Brentz)、残り2アウトをカイル・ジマー(Kyle Zimmer)が無失点に抑え、好調レイズ打線を封じました。

 スコアは2−1でロイヤルズの勝利(BOX SCORE)。

 ブラッド・ケラーの1失点は粘りがあってよかったですね。

モンデシーがシーズンデビュー

 ロイヤルズにとっては朗報です。開幕直前の3月30日に右腹斜筋を傷め、戦列を離れていたアダルベルト・モンデシーがここに来てようやくシーズンデビューを果たしました。

 スプリング・トレーニングでは打率.303をマークし、絶好調でシーズンインが見込まれていたにも関わらず、無念の開幕IL入り。モンデシーの腹斜筋痛はかなり厄介で、なかなかベースボール・アクティビティーを開始できませんでした。開幕から2ヶ月を経過しようという段階になり、ようやく復帰。

 この日は7番SSでいきなりのマルチ安打達成です。

ロイヤルズ、勝率5割に

 ロイヤルズはこの勝利で23勝23敗。勝率5割に乗せ、ア・リーグ中地区3位。ここまで投手陣がややこらえきれていない面があったのですが、ブラッド・ケラーがこれで乗っていけば、もう少し失点は減りそうです。

レイズ、首位をキープ

 11連勝でストップしたレイズ。2位レッドソックスもブレーブスに敗れたため、30勝20敗でア・リーグ東地区1位をキープしています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました