スポンサーリンク

【MLB2013】ロイヤルズとカンザスシティとバーベキュー・ソース

こんばんは(^^)

今回の記事は、最近のロイヤルズの強さの「秘密」についてです。

現地2013年6月12日現在、ロイヤルズはア・リーグ中地区3位と波に乗ってきております。

5月には8勝20敗と大きく負け越し

今季のロイヤルズは4月は14勝10敗と好調だったものの、5月には下旬の8連敗を喫したこともあり8勝20敗と急降下。

非常に危険な水域にまでチーム力が低下しました。原因は貧打。打てないから我慢できずに投手が失点してしまうという苦しいサイクルに陥りました。

6月に巻き返し

しかし6月に入って急速に盛り返し、現在8勝3敗(貯金5)と好調。シーズン成績で見ても、30勝33敗(2013年6月12日現在)で5月の負債を一気に完済しようという勢いです。

実はその好調の立役者となっているものがあります。

それがバーベキューソース。

バーベキューソースがきっかけ

上の埋め込みにあるスタイリッシュな瓶の中身は、バーベキューソース(^^)

しかもラベルに”Billy’s”と書かれてあるのを見てピンと来る方もいらっしゃるでしょう。

ビリー・バトラープロデュースのソース

そうです、ロイヤルズのDH、ビリー・バトラーButler, B)のビリーです。

この瓶はビリー・バトラーがプロデュースしたBBQソースなのです。

そして、このバーベキューソースの名前が、

”Hit-it-a-Ton” (ヒット・イット・ア・トン)。

Tonは、重量の1トン、2トンのトンで、ここでは「多量」という意味で使われています。ヒットを量産するくらい美味しいということだと思います。

これがそのパッケージ。豪華ですね↓

ビリー・バトラーのBBQソース”ヒット・イット・ア・トン”

このソースが反撃のシンボルに

このバーベキューソースを見たロイヤルズのエース、ジェレミー・ガスリーJeremy Guthrie)が

”we need to be doing that, hitting it a ton”

「俺たちもたくさんヒットを打つことが必要だね」

と言ったことから、貧打に苦しんでいたチームメイトがおのおのこのボトルをダグアウトに持ち寄り、おまじないのように飾ったことから、変化が生まれました

今ではすっかりこのBBQソースがチームのシンボルになりつつあります。

BBQソースをベンチに飾ってからの選手たちのイキイキとした表情をご覧ください↓。登板前にソースと一緒に眠っている選手もいます(ガスリー)www。

【動画】Royals’ BBQ rally sauce(2013年6月9日)

登板前にソースと一緒に眠っている選手もいます(ガスリー)www。

ソースをベンチに置いて6連勝

このバトラーのバーベキュー・ソースのおかげでチームが一丸になり打線が奮起!これを見て打たなきゃという一種のアンカー(キッカケとなる印)が生まれたのでしょう。ロイヤルズはなんと6連勝を果たします。

  • 6/5 vs MIN ( 勝利)4-1:8安打
  • 6/6 vs MIN  (勝利) 7-3 : 11安打
  • 6/7  vs HOU (勝利) 4-2 : 9安打
  • 6/8 vs HOU (勝利) 7-2 : 10安打
  • 6/9 vs HOU (勝利) 2-0 : 6安打
  • 6/10 vs DET (勝利) 3-2 : 9安打

惜しくも6/11のゲームはマックス・シャーザーに抑えられ7連勝とはいきませんでしたが、明らかにチームは変わりました。

そして2013年6月12日のゲーム、9回2アウト、2ナッシングからなんと、同点の2ランHRが飛び出し、ゲームを降り出しに。

最後は延長戦でサヨナラ勝ちをおさめました。バーベキューソースの効果は絶大です(^^)

バーベキューソースを用いたパフォーマンスも含め動画をご覧ください↓。

【動画】Royals introduce celebration(2013年6月12日)

最後はサヨナラを打ったエリック・ホズマーがソースをかけられていましたね。血のりのように見えてドキッとする写真ではありますが(笑)

ロイヤルズ、本当に勢いが出て来ました。今、ロイヤルズのチーム内ではこのソースのことを、

ラリー・ソース!

”Rally Sauce(ラリー・ソース)”

と呼んでいるそうです。日本語だと「反撃ソース」というところですかね。

そして今カンザスシティの店頭ではこの「ラリー・ソース」が飛ぶように売れているそうです。

ロイヤルズのチーム名の由来

MLBプレーヤーにBBQ・・・何とも奇妙な組み合わせになっているのにも理由があります。

ロイヤルズの本拠地、アメリカ・ミズーリ州・カンザスシティは、牧畜の盛んなところです。そもそもロイヤルズのチーム名「ロイヤル」は、「アメリカン・ロイヤル」という有名な家畜の見本市から取ったものです。

カンザス・シティはBBQが盛ん

それくらい、お肉がとれる土地柄ですから、カンザスシティはとてもBBQ(バーベキュー)の盛んなところなのです。

バーベキュー競技会の最高峰、アメリカン・ロイヤル・バーベキュー競技会というものまで開かれるほど。

ですので、バーベキュー・ソースも当然のことながら発展しており、ロイヤルズの選手が独自のブランドのソースをプロデュースするのもおかしなことではないというのがおわかりいただけると思います。

外部リンクアメリカの家事とお料理・e-百科

カンザス・シティは州境にある

カンザスシティは、ミズーリ州とカンザス州の境に位置するようなところです。

(以下WIKIより

カンザス・シティはミズーリ州側とカンザス州側の2つに分かれている。合流点以東はすべてミズーリ州となっており、以西ではミズーリ川以北がミズーリ州、以南がカンザス州となっている。

市名からカンザス州側がメインとなる都市であると思われがちであるが、実際には人口が多いのも、超高層ビルが立ち並ぶダウンタウンが発展しているのもミズーリ州側である。

そのため単に「カンザス・シティ」と言った場合、ほとんどはミズーリ州側を指す

ミズーリ州側はKCMO、カンザス州側はKCKと略される。また単にKCと略すこともあるが、KCと略した場合カンザスシティ都市圏を指すことも少なくない。

ロイヤルズのあるカウフマン・スタジアムの立地場所は、ミズーリ州側にあります。

上のWIKIにもあるように、カンザス州にあるものと思いがちですので、ご参考までに。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました