【MLB2017】スタンドが大興奮!ロイヤルズが1-7からの大逆転でアストロズの連勝を11で止める!

WSかと思うほどの盛り上がり

こんにちは。

現地2017年6月6日はレッズのスクーター・ジェネットが1試合4HRを放ったり、シャーザーがドジャース相手に14Kを達成したりと色々と話題が多かったのですが、一番盛り上がったゲームを記事にさせていだきます。

前日にアストロズ11連勝の話題を取り上げたのですが、現地2017年6月6日、ロイヤルズが意地を見せました。

この日は4連戦の2戦目。同地区なので4連戦というのはよく組まれます。

ローテの谷間同士の投げ合い

Game Score

ロイヤルズが24才のジェイク・ジュニス、アストロズがデービッド・ポーリーノ(ルーキー・ステータスの右腕)の先発で始まったこのゲームは、言ってみれば両チームともにローテの谷間。

ボールに勢いのあるポリーノの方が長いイニング、マウンドにいるのではないかと予想していました。

アストロズが先制

この予想は当たってしまいまして、アストロズが2巡目の3回にジェイク・ジュニスをとらえました。3回表、アストロズはランナーを貯めたところで犠牲フライとシングルで3点を先制。

ロイヤルズはその裏、すかさずアレックス・ゴードンのソロショットで1点を返し、1-3に。

アストロズ、4回に追加点

しかし、勢いのあるアストロズは4回表にジョシュ・レディックのタイムリーダブル、カルロス・コレアのタイムリー・シングル、さらにカルロス・ベルトランの2ランHRでこの回一挙に4点を奪い、計7-1とリードを広げます。

ロイヤルズのジュニスは4回途中7失点で降板。一方のポーリーノは6回途中3失点でマウンドを降りました。

ここまでは完全にアストロズ・ペース。

ロイヤルズも4回裏にサルバドール・ペレスのタイムリーダブルで1点を返すもまだ7-2でアストロズがリード。

ロイヤルズは6回裏にマイク・ムスターカスのシングルで1点を返し、じわじわ差を詰めますが、それでもまだ7-3でアストロズがリードを保ったまま。

さすがにこのままアストロズがもっていくかと思われました。

終盤8回にドラマが

しかし、ドラマは終盤8回に待っていました。

アストロズはこの回から左腕のレイミン・グドゥアンがマウンドに。ロイヤルズはホズマーが三振したあと、サルバドール・ペレスとマイク・ムスターカスがシングルで出塁。

ここでアストロズはジェームズ・ホイトに交代。

そのホイトの代わりばなをチェスラー・カスバートが粘ってシングルを放ち、まず1点を返し、4-7に。アルシデス・エスコバーが三振に倒れ、2アウトとなったのですが、ゴードンが四球を選び満塁。

アストロズはここでクローザーのケン・ジャイルズに交代。ここまではまだアストロズに少し分があったのですが、ウィット・メリフィールドがそれをひっくり返しました。

メリフィールドが走者一掃の同点打

メリフィールドはケン・ジャイルズのスライダーをたたき、これが値千金の走者一掃のダブルに!ロイヤルズがついに7-7の同点に追いつきます。

カンザスシティのファンは大喜びです。

つづくボニファシオが三振に倒れ、一気に勝ち越しとまではいきませんでした。

9回表、ロイヤルズはマウンドにマイク・マイナーを上げました。マイナーはヒットを1本打たれたものの、アストロズ打線を無失点に抑え、いい流れをキープしたまま最後の攻撃に。

ここまでくればもうロイヤルズに有利でしたね。

ムスターカスがサヨナラHR

9回裏、ロイヤルズはケン・ジャイルズに簡単に2アウトを取られてしまいますが、サルバドール・ペレスがシングルで出塁。そしてこの日殊勲となったマイク・ムスターカスが2ランHRを放ち、見事サヨナラ勝利を納めました。

アストロズの連勝は11でストップ。

このゲーム、WSかと思うくらいに大いに盛り上がったのでした。ロイヤルズはここから調子が出ればいいですね。先発投手が浮上のカギとなりそうです。 

1-7からの大逆転、見事でした。 

【動画】Recap: KC 9, HOU 7

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク