スポンサーリンク

【訃報2012】日本でも人気のあった名捕手、ゲーリー・カーターさんが亡くなる

ゲーリー・カーターさんの訃報

こんばんは。

エクスポス⇒メッツで活躍し、野球殿堂(Hall of Fame)入りのGary Carter (ゲーリー・カーター)さんが2012年2月16日、お亡くなりになりました。

80年代のMLBを代表する選手の一人でした。

57歳。死因は昨年5月に患った悪性の脳腫瘍ではと言われています。MLBファンとして、お悔やみ申し上げます。

ゲーリー・カーターさんとは

カーター選手は日本でもとてもファンの多い選手でした。

かつてニュー・ヨークに買付に行った際に、地元のショップで復刻の背番号Tシャツ(MLB Player Tee)を仕入れたことがあります。

地元だけあってなかなかの品揃えでして、現役選手のTシャツとともに復刻(Cooper’s Town)レーべルのTシャツも販売されておりました。

メッツは、ドワイト・グッデンとともに、ゲイリー・カーターさんのTシャツも。

日本に帰国後、店頭とネットで販売したのですが、目の肥えたMLBファンの方が多く、
カーター選手の先番号入りTシャツは早々に売り切れとなってしまいました。

それくらい、人気のあった選手です。

80年代初めは日本でもMLBの放送を見ることの出来る時代でした。

確かフジテレビ系列で毎週日曜のお昼に放送があったからです(関西地方ではそうでした)。

カーター選手はそんな80年代を代表する選手だったので、日本人も記憶に残っている方が多かったのだと思います。

アメリカにおいても、当然とてもファンに愛された選手でした。捕手でありながら、主軸を打つという数字での貢献と、数字には表れないハツラツプレーでチームを引っ張るリーダーシップ。

むしろ後者の方がファンに愛されていたところかもしれません。

カーター選手の成績

通算:2296試合に出場で、2092安打、打率2割6分2厘というが凄いです。

オールスター出場11回、うち2度のMVP受賞。86年にはワールドシリーズチャンプとなっています。86年のワールドシリーズは、MLBファンの間でも語り草となっている、あのワールドシリーズです。

ミラクル・メッツ

レッドソックス3勝2敗で迎えた第6戦(シェー・スタジアム)、延長にもつれ10回表に2点を勝ち越し5‐3とし、68年ぶりワールドチャンプまであと一人となったレッドソックス。

これでレッドソックスの「バンビーノの呪い」も解けたと思った瞬間から、メッツの奇跡が始まりました。

2アウトから2連打、そしてタイムリーでまず1点追加。その後打者ウィルソンが粘る間にワイルドピッチで1点追加で5‐5の同点に。

粘ったウィルソンが10球目に放った当たりは、バウンドの高いファーストゴロ。しかし、一塁手ビル・バックナーの手前でバウンドが変わり後逸。

大きく逸れたボール追う間に2塁走者が生還し、6‐5でメッツがサヨナラ勝ち。

続く第7戦も勝利したメッツが、ワールドシリーズチャンプとなりました。

第6戦の後逸は「史上最悪のトンネル」と言われ、レッドソックスファンにとっては「バンビーノの呪い」の力(4度目)を再認識せざるを得なかったゲームです。

カーター選手はその第6戦に、4番で出場し、8回に3‐3の同点に追いつくタイムリーを放ち、
奇跡の10回裏も2アウトからチャンスの口火を切るヒットを放っています。

ファンの心に残るプレーヤーでした。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました