【訃報2012】日本でも人気のあった名捕手、ゲーリー・カーターさんが亡くなる

良いなと思ったらシェアお願いします

ゲーリー・カーターさんの訃報

こんばんは。

エクスポス⇒メッツで活躍し、野球殿堂(Hall of Fame)入りのGary Carter (ゲーリー・カーター)さんが2012年2月16日、お亡くなりになりました。

80年代のMLBを代表する選手の一人でした。

57歳。死因は昨年5月に患った悪性の脳腫瘍ではと言われています。MLBファンとして、お悔やみ申し上げます。

ゲーリー・カーターさんとは

カーター選手は日本でもとてもファンの多い選手でした。

かつてニュー・ヨークに買付に行った際に、地元のショップで復刻の背番号Tシャツ(MLB Player Tee)を仕入れたことがあります。

地元だけあってなかなかの品揃えでして、現役選手のTシャツとともに復刻(Cooper’s Town)レーべルのTシャツも販売されておりました。

メッツは、ドワイト・グッデンとともに、ゲイリー・カーターさんのTシャツも。

日本に帰国後、店頭とネットで販売したのですが、目の肥えたMLBファンの方が多く、
カーター選手の先番号入りTシャツは早々に売り切れとなってしまいました。

それくらい、人気のあった選手です。

80年代初めは日本でもMLBの放送を見ることの出来る時代でした。

確かフジテレビ系列で毎週日曜のお昼に放送があったからです(関西地方ではそうでした)。

カーター選手はそんな80年代を代表する選手だったので、日本人も記憶に残っている方が多かったのだと思います。

アメリカにおいても、当然とてもファンに愛された選手でした。捕手でありながら、主軸を打つという数字での貢献と、数字には表れないハツラツプレーでチームを引っ張るリーダーシップ。

むしろ後者の方がファンに愛されていたところかもしれません。

【カーター選手の成績】

Standard Batting
Year Age Tm Lg G H HR RBI SB SO BA OBP SLG OPS Awards
1974 20 MON NL 9 11 1 6 2 2 .407 .414 .593 1.006
1975 21 MON NL 144 136 17 68 5 83 .270 .360 .416 .776 AS,RoY-2
1976 22 MON NL 91 68 6 38 0 43 .219 .287 .309 .596
1977 23 MON NL 154 148 31 84 5 103 .284 .356 .525 .881
1978 24 MON NL 157 136 20 72 10 70 .255 .336 .422 .758
1979 25 MON NL 141 143 22 75 3 62 .283 .338 .485 .823 AS,MVP-17
1980 26 MON NL 154 145 29 101 3 78 .264 .331 .486 .818 AS,MVP-2,GG
1981 27 MON NL 100 94 16 68 1 35 .251 .313 .444 .756 AS,MVP-6,GG,SS
1982 28 MON NL 154 163 29 97 2 64 .293 .381 .510 .890 AS,MVP-12,GG,SS
1983 29 MON NL 145 146 17 79 1 57 .270 .336 .444 .780 AS
1984 30 MON NL 159 175 27 106 2 57 .294 .366 .487 .853 AS,MVP-14,SS
1985 31 NYM NL 149 156 32 100 1 46 .281 .365 .488 .853 AS,MVP-6,SS
1986 32 NYM NL 132 125 24 105 1 63 .255 .337 .439 .776 AS,MVP-3,SS
1987 33 NYM NL 139 123 20 83 0 73 .235 .290 .392 .682 AS
1988 34 NYM NL 130 110 11 46 0 52 .242 .301 .358 .659 AS
1989 35 NYM NL 50 28 2 15 0 15 .183 .241 .275 .515
1990 36 SFG NL 92 62 9 27 1 31 .254 .324 .406 .729
1991 37 LAD NL 101 61 6 26 2 26 .246 .323 .375 .698
1992 38 MON NL 95 62 5 29 0 37 .218 .299 .340 .640
19 Y 19 Y 19 Y 19 Y 2296 2092 324 1225 39 997 .262 .335 .439 .773
162 162 162 162 162 148 23 86 3 70 .262 .335 .439 .773
G H HR RBI SB SO BA OBP SLG OPS Awards
MON MON MON MON 1503 1427 220 823 34 691 .269 .342 .454 .796
NYM NYM NYM NYM 600 542 89 349 2 249 .249 .319 .412 .731
SFG SFG SFG SFG 92 62 9 27 1 31 .254 .324 .406 .729
LAD LAD LAD LAD 101 61 6 26 2 26 .246 .323 .375 .698
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 7/16/2018.

通算:2296試合に出場で、2092安打、打率2割6分2厘というが凄いです。

オールスター出場11回、うち2度のMVP受賞。86年にはワールドシリーズチャンプとなっています。86年のワールドシリーズは、MLBファンの間でも語り草となっている、あのワールドシリーズです。

レッドソックス3勝2敗で迎えた第6戦(シェー・スタジアム)、延長にもつれ10回表に2点を勝ち越し5‐3とし、68年ぶりワールドチャンプまであと一人となったレッドソックス。

これで「バンビーノの呪い」も解けたと思った瞬間から、メッツの奇跡が始まりました。

2アウトから2連打、そしてタイムリーでまず1点追加。その後打者ウィルソンが粘る間にワイルドピッチで1点追加で5‐5の同点に。

粘ったウィルソンが10球目に放った当たりは、バウンドの高いファーストゴロ。しかし、一塁手ビル・バックナーの手前でバウンドが変わり後逸。

大きく逸れたボール追う間に2塁走者が生還し、6‐5でメッツがサヨナラ勝ち。

続く第7戦も勝利したメッツが、ワールドシリーズチャンプとなりました。

第6戦の後逸は「史上最悪のトンネル」と言われ(そこまで言うのは、ちょっとコクでしょ)、レッドソックスファンにとっては「バンビーノの呪い」の力(4度目)を再認識せざるを得なかったゲームです。

カーター選手はその第6戦に、4番で出場し、8回に3‐3の同点に追いつくタイムリーを放ち、
奇跡の10回裏も2アウトからチャンスの口火を切るヒットを放っています。

ファンの心に残るプレーヤーでした。

MLB.comのカーター選手のページのURL↓
http://mlb.mlb.com/team/player.jsp?player_id=112061

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!