スポンサーリンク

【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり2)

どんなスケジュール!

 現地2021年9月19日、エンゼルスとの3ゲームシリーズで最大の難関と目されていた大谷選手の先発ゲームさえも制したアスレチックス。

 ポストシーズンへ向け、負けられない戦いが続いています。

 ただ、9月第2週に3位に落ちた状況からはかなり改善しており、現地2021年9月19日時点でア・リーグ西地区2位です。

アスレチックスの順位

 現地2021年9月19日終了時点でのアスレチックスの現在位置を見てみましょう。

【ア・リーグ西地区】

  1. アストロズ:88-61
  2. アスレチックス: 82-67 (ゲーム差6.0)
  3. マリナーズ: 80-69 (首位とのゲーム差8.0)

 ワイルドカードの順位はご覧の通りです。

【ALワイルドカード順位】

  • レッドソックス: 86-65
  • ブルージェイズ: 84-65
  • ヤンキース:83-67
  • アスレチックス: 82-67
  • マリナーズ: 80-69

アスレチックスの残りスケジュールがすごい

 そして、アスレチックスの今後のスケジュールも見てみます。ご覧の通り、マリナーズ→アストロズ→マリナーズ→アストロズと1位と3位のクラブと2回ずつ計12試合を戦うというとんでもないスケジュールが組まれています。

【アスレチックスの残りスケジュール】

  • 9/20-23: マリナーズとの4連戦(@オークランド)←アストロズはLAAと4連戦
  • 9/24-26: アストロズとの3連戦(@オークランド)
  • 9/27-29: マリナーズとの3連戦(@シアトル)←アストロズはTBRと3連戦
  • 10/1-3: アストロズとの3連戦(@ヒューストン)

直接対決前に最悪でも現状維持

 首位アストロズとのゲーム差が6.0となったこの日ですが、残りの直接対決がなんと6試合!確率的に言えば、大逆転もあり得ることに。

 ただ、それを実現するには、アストロズがエンゼルスに4連勝したとして、アスレチックスもマリナーズに4連勝して現状をキープして1度目の直接対決を迎えるのが理想。

 当然、そううまくいく訳もなく、双方ともに負け試合が重なり、現状維持で迎え合えたら、アスレチックスとしては万々歳でしょう。

あくまでWC二枠目を死守

 アスレチックスはどんなことを起こすかわからない要素があるクラブですので、ファンとしてはその流れになれば面白いなと思うのですが、アスレチックスの現実的な戦略としては、やはりなんとしてでもワイルドカード2枠目のブルージェイズより勝率を上回ること。そこを是が非でも死守というところだと思います。

 その結果、面白いことになればベストかと。

 ちなみにブルージェイズは、レイズ(3)→ツインズ(4)→ヤンキース(3)→オリオールズ(3)と続きます。

MLBはXファクター多し!

 どうなるかわからないのが野球の魅力の一つですが、ことMLBにおいては極端な事象が発生することがあります。つまりXファクターが多いのがMLB。

 アスレチックスが今後、そんなことを起こしてくれるのか? これもレギュラーシーズンの残りゲームを楽しむための注目ポイントの一つです。

追記

(その1)2021年9月20日

 現地2021年9月20日のアスレチックスですが、後半追い上げるも、マリナーズに2-4で敗れました。絶好調だったショーン・マナエアはついに10敗目(10勝10敗)。首位アストロズはエンゼルスの粘りにあい、2-0の僅少リードで後半に突入。終盤に打線が爆発。結局10-0のスコアでエンゼルスに圧勝しました。

【ア・リーグ西地区】

  1. アストロズ:89-61 ←マジック6
  2. アスレチックス: 82-68(ゲーム差7.0)
  3. マリナーズ: 81-69 (首位とのゲーム差8.0)

 また、ワイルドカードはブルージェイズ(2位)が敗れ、ヤンキース(3位)が勝利。よって、2位-3位の間は縮まりましたが、3位-4位(アスレチックス)の間が拡がっています。

 まずは重要カードの1日目の様相でした。

(その2)マネーボールならず!

  • 9/20-23: マリナーズとの4連戦(@オークランド):結果は4連敗
  • 9/24-26: アストロズとの3連戦(@オークランド):結果はアストロズをスイープ

 このように、肝心なところでマリナーズにスイープされ、これで終焉かと思いきや、今度はアストロズをスイープするというなんとも言い難い結果を演出したアスレチックス。

 しかし、現地2021年9月27日から始まったマリナーズとの2度めの3ゲームシリーズの初戦で、4-13と大敗。これにより、アスレチックスは、まずは地区優勝からの敗退が決定。

わずかな確率のワイルドカード枠2位を狙う

 残るはワイルドカード枠2位へ入れるかどうか。かなり高いハードルですが、これを決する残り2戦ということになりそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が日本人メジャー歴代最多HRを達成
【MLB2024】シーズン最初の5先発でERA 0.66! カッター・クロフォード(BOS)がクレメンスに並ぶ!
【MLB2024】カブス・今永投手はついに初自責点を記録するも、またもQスタート達成で3勝目
【MLB2024】レンジャーズ、ジャック・ライターがついにメジャー・デビュー!しかし、翌日にAAAへ
【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
タイトルとURLをコピーしました