スポンサーリンク

【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。

キャリア14年、2021年はプレーせず

 現地2021年9月14日、現在の強いブルワーズを形成する上で、打撃面でクラブをリードしてきたライアン・ブラウン(Ryan Braun)が引退を表明しました。

 ライアン・ブラウンは37才。MLBキャリアは14シーズン。2020年終了後にFAとなり、今季は所属先が決まっていませんでしたが、わずかながらチャンスを残してここまで来ましたが、14日に引退を決断したということになりました。

今のブルワーズを形成する上で欠かせなかった選手

 ライアン・ブラウンは、1983年11月17日生まれ。今年の11月で38才の誕生日を迎えます。カリフォルニア出身ですが、大学はマイアミ大出身(ゲーターズのフロリダ大とは違います)。

 ドラフトは2005年のブルワーズ1巡目で全体順位は5位。同期はジャスティン・アップトン(全体1位)、アレックス・ゴードン(2位)、ライアン・ジマーマン(4位)、トロイ・トゥロウィツキー(7位)、アンドリュー・マッカッチェン(11位)、ジェイ・ブルース(12位)、ジェド・ラウリー(45位)など。

 デビューは2007年。ライアン・ブラウンのデビュー以降、ブルワーズはグンと優勝争いに絡んでくるようになりました。

 それまでのブルワーズはというと、1982年にワールドシリーズに出て以降は、24年にわたって低迷。最高でも1992年の2位。ブルワーズ戦と聞くと、ちょっとテンションが落ちてしまう、そんなクラブでした。

 しかし、ライアン・ブラウンが2007年にデビューして以降は、ファンの興味をそそるクラブに変わり、2008年はNLDSに進出。2011年にはNLCSまで進出しました。一旦は2013年から2016年までは小さなリビルドの時期に入ったのですが、それ以降、特に2018年以降は今のとても強いブルワーズが形成されたのでした。

 やはり今のブルワーズを形成する上で、ライアン・ブラウンの存在は非常に大きいものでした。

ROY、MVP、SS受賞5度!

 2007年のデビューイヤーで、146安打、26二塁打、6三塁打、34HR、97RBI、打率.324、OBP .370、SLG .639、OPS 1.004と、新人らしからぬ活躍でROYを受賞。SLGは1位でした。

 2009年には209安打を達成。右打者です!

 そして2011年はMVPを受賞。この年は打率.332、OBP .397、SLG .597、OPS .994、33HR、38二塁打、6三塁打、111RBI をマーク。

 2012年には41HRも放ちました。

輝かしい功績

 主なスタッツとアウォードはご覧の通り。

  • 2007 NL ROY
  • オールスター出場:6度 (2008-2012 & 2015)
  • 2011 NL MVP
  • シルバースラッガー賞:5度 (2008-2012/OF)
  • NL OPS 1位:2度 (2011 & 2012)
  • NL SLG1位:2度(2007 & 2011)
  • NL Runs Scored 1位 (2012)
  • NL 最多安打:203 (2009)
  • NL トータルベース1位: 356 (2012)
  • NL HR1位: 41 (2012)
  • 20HR以上のシーズン: 10度 (2007-2012, 2015, 2016, 2018 & 2019)
  • 30HR以上のシーズン: 6度 (2007-2009, 2011, 2012 & 2016)
  • 40HR以上のシーズン: 1度 (2012)
  • 100 RBI 以上のシーズン: 5度 (2008-2012)
  • 100 Runs Scored 以上のシーズン: 4度 (2009-2012)
  • 200 安打以上のシーズン: 1度 (2009)

PEDS問題

 一方で、2013年8月に大激震となったマイアミのクリニックによるPeds(Performance Enhancing Drugs)問題で、ライアン・ブラウンも名前が上がり、2013年は65試合のサスペンションに。

 これでファンからは株が下がったと言わざるを得なくなりました。あのすごい当たりは、Pedsの影響だったのか?というのがつきまといました。

PEDS以降

 2014年5月31日に復帰したライアン・ブラウン。

 2014年から2020年までの7シーズンで807安打、141HR、打率.276、OBP .338、SLG .492、盗塁86をマーク。

 2014年が30才の節目のシーズンだったがゆえに、この7年とPeds前のスタッツは比較できるものではありませんが、HRでは32才となった2016年の30HRがベストに。果たしてどう見るべきか。

 2014年以降はPedsとの偏見と向き合ったシーズンであったと言えるかもしれません。

 キャリア14シーズン、お疲れ様でしたの一言は添えたいと思います。

マイアミ大と言えば

 蛇足ながら、ライアン・ブラウンの出たマイアミ大とは、先日のキャット・レスキューが話題になった大学です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました