スポンサーリンク

【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。

MLB移籍/FA情報

キャリア14年、2021年はプレーせず

 現地2021年9月14日、現在の強いブルワーズを形成する上で、打撃面でクラブをリードしてきたライアン・ブラウン(Ryan Braun)が引退を表明しました。

 ライアン・ブラウンは37才。MLBキャリアは14シーズン。2020年終了後にFAとなり、今季は所属先が決まっていませんでしたが、わずかながらチャンスを残してここまで来ましたが、14日に引退を決断したということになりました。

今のブルワーズを形成する上で欠かせなかった選手

 ライアン・ブラウンは、1983年11月17日生まれ。今年の11月で38才の誕生日を迎えます。カリフォルニア出身ですが、大学はマイアミ大出身(ゲーターズのフロリダ大とは違います)。

 ドラフトは2005年のブルワーズ1巡目で全体順位は5位。同期はジャスティン・アップトン(全体1位)、アレックス・ゴードン(2位)、ライアン・ジマーマン(4位)、トロイ・トゥロウィツキー(7位)、アンドリュー・マッカッチェン(11位)、ジェイ・ブルース(12位)、ジェド・ラウリー(45位)など。

 デビューは2007年。ライアン・ブラウンのデビュー以降、ブルワーズはグンと優勝争いに絡んでくるようになりました。

 それまでのブルワーズはというと、1982年にワールドシリーズに出て以降は、24年にわたって低迷。最高でも1992年の2位。ブルワーズ戦と聞くと、ちょっとテンションが落ちてしまう、そんなクラブでした。

 しかし、ライアン・ブラウンが2007年にデビューして以降は、ファンの興味をそそるクラブに変わり、2008年はNLDSに進出。2011年にはNLCSまで進出しました。一旦は2013年から2016年までは小さなリビルドの時期に入ったのですが、それ以降、特に2018年以降は今のとても強いブルワーズが形成されたのでした。

 やはり今のブルワーズを形成する上で、ライアン・ブラウンの存在は非常に大きいものでした。

ROY、MVP、SS受賞5度!

 2007年のデビューイヤーで、146安打、26二塁打、6三塁打、34HR、97RBI、打率.324、OBP .370、SLG .639、OPS 1.004と、新人らしからぬ活躍でROYを受賞。SLGは1位でした。

 2009年には209安打を達成。右打者です!

 そして2011年はMVPを受賞。この年は打率.332、OBP .397、SLG .597、OPS .994、33HR、38二塁打、6三塁打、111RBI をマーク。

 2012年には41HRも放ちました。

輝かしい功績

 主なスタッツとアウォードはご覧の通り。

  • 2007 NL ROY
  • オールスター出場:6度 (2008-2012 & 2015)
  • 2011 NL MVP
  • シルバースラッガー賞:5度 (2008-2012/OF)
  • NL OPS 1位:2度 (2011 & 2012)
  • NL SLG1位:2度(2007 & 2011)
  • NL Runs Scored 1位 (2012)
  • NL 最多安打:203 (2009)
  • NL トータルベース1位: 356 (2012)
  • NL HR1位: 41 (2012)
  • 20HR以上のシーズン: 10度 (2007-2012, 2015, 2016, 2018 & 2019)
  • 30HR以上のシーズン: 6度 (2007-2009, 2011, 2012 & 2016)
  • 40HR以上のシーズン: 1度 (2012)
  • 100 RBI 以上のシーズン: 5度 (2008-2012)
  • 100 Runs Scored 以上のシーズン: 4度 (2009-2012)
  • 200 安打以上のシーズン: 1度 (2009)

PEDS問題

 一方で、2013年8月に大激震となったマイアミのクリニックによるPeds(Performance Enhancing Drugs)問題で、ライアン・ブラウンも名前が上がり、2013年は65試合のサスペンションに。

 これでファンからは株が下がったと言わざるを得なくなりました。あのすごい当たりは、Pedsの影響だったのか?というのがつきまといました。

PEDS以降

 2014年5月31日に復帰したライアン・ブラウン。

 2014年から2020年までの7シーズンで807安打、141HR、打率.276、OBP .338、SLG .492、盗塁86をマーク。

 2014年が30才の節目のシーズンだったがゆえに、この7年とPeds前のスタッツは比較できるものではありませんが、HRでは32才となった2016年の30HRがベストに。果たしてどう見るべきか。

 2014年以降はPedsとの偏見と向き合ったシーズンであったと言えるかもしれません。

 キャリア14シーズン、お疲れ様でしたの一言は添えたいと思います。

マイアミ大と言えば

 蛇足ながら、ライアン・ブラウンの出たマイアミ大とは、先日のキャット・レスキューが話題になった大学です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました