スポンサーリンク

【MLB移籍2019】GG捕手、M・マルドナードはロイヤルズと1年で合意へ

”見たい捕手”M・マルドナードはKCRへ

現地2019年3月9日、アストロズをFAとなっていたマーティン・マルドナード(Martín Maldonado)のディールが決定しました。

契約内容

契約内容は1年250万ドル、インセンティブ140万ドルで、インセンティブをフルに受領出来た場合は、2018年のサラリー390万ドルと同額になります。

インセンティブの条件としては100試合にマスクをかぶればという内容のようですので、怪我なくこなせば先発して100試合は超えそうです。

サルバドール・ペレスのトミー・ジョン手術

今回、ロイヤルズがマーティン・マルドナードを獲得した背景は、もちろんサルバドール・ペレスのトミー・ジョン手術の影響です。2019年の正捕手不在という事情からです。

サルバドール・ペレスはすでに現地2019年3月6日にトミー・ジョン手術を受け、成功しています。2020シーズンのオープニングデーの復帰を目指しています。

ギャラガーはバックアップへ

ロイヤルズは、26才のキャム・ギャラガー(Cam Gallagher)を正捕手に、22才のメイブリス・ビロリア(Meibrys Viloria)をバックアップにというプランも考えてはいたのですが、ふたりとも実績が乏しく、やはり補強という決断に至ったのでした。

マーティン・マルドナードとは

あらためて、マーティン・マルドナードのキャリアを見ていきますと、1986年8月16日生まれの32才。

実は若い頃にリリースされていた!

プエルトリコ出身で高卒時の2004年アマチュア・ドラフトで、エンゼルスから27巡目指名を受けプロ入り。

プロ入りから2年間はルーキーリーグ、3年めの途中でシングルAには上がっていたのですが、その年のオフの2007年1月10日にエンゼルスをリリースされることに。そうなんです。一度、リリースされていたんです!

しかし、すぐに(2007年1月24日)ブルワーズがFAとしてサイン。これはマルドナードとしては救われました。その後も捕手ゆえに出場機会が限られていることから3年間のマイナー生活が続きました。2009年からはコンスタントにトリプルAのゲームに出始めていましたから、かなり実力がついてきたことは確かでした。

メジャー・デビューは2011年9月で25才の時でした。以降、2016年までブルワーズに在籍。

2016年12月にトレードでエンゼルスに移籍。2018年7月のトレード・デッドラインでアストロズへ移籍。2018年10月にFAとなり、契約先を探していたところでした。

スタッツ

Martin Maldonado Stats | Baseball-Reference.com
2021: 12 HR, .172 BA, 36 RBI,Career: 81 HR, .212 BA, 280 RBI, C, GG, Brewers/Astros/... 2011-2021, b:R/t:R, born in Puerto Rico. 1986, Cascajo

マルドナードと言えば、やはり2017年のエンゼルス時代に受賞したゴールドグラブ賞ですね。2017年、捕殺数29はア・リーグ1位。

盗塁阻止率はコンスタントに高く、2015年が38.3%でナ・リーグ4位、2016年は40.0%でナ・リーグ2位、2017年は38.7%でア・リーグ4位、2018年はなんと48.6%でア・リーグ1位です。

マルドナードがゴールドグラブ賞を獲得した2017年の盗塁阻止率のア・リーグ1位は当時オリオールズのウェリントン・カスティーヨで49.0%でした。

打撃の方はMLB8年で打率.220、HR 51、RBI 193。たまに効果的なヒットを打つというタイプです。

2019年ロイヤルズ

前年最下位のロイヤルズですが、それでもペレスがいたおかげでなんとかゲームになっていたという面が少なくはなかったです。ところがその守備の中心のペレスが1年間サイドラインということで、今回守備を重視した狙いでマルドナードを補強しました。

2018年はERA 4.94

ロイヤルズはとにかく投手が課題です。2018年のチームERA 4.94はア・リーグ14位。

ホルヘ・ロペス、エリック・スコグランド(L)などのいい素材のスターターもいますので、マルドナードがリードして守りを固めてもらいたいと思います。

2018年のチーム打率は.245でア・リーグ9位。2019年はスピード・スターが集結していますから、スモールベースボールで僅差で勝つという面白い野球を見せてくれそうではあります。

お読みいただき、ありがとうございました。


コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました