スポンサーリンク

【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ

2021年4月に引退宣言をするも、復帰へ!

 本日は良いニュースから。

 2021年4月に突如引退宣言をし、関係者やファンを驚かせたエンゼルスのリリーバー右腕のタイ・バトリー(Ty Buttrey)が、現役復帰することが明らかとなりました。

引退宣言時は情熱を失ってしまった

 タイ・バトリーは2021年のスプリング・トレーニングに参加。3月の1ヶ月の間、7試合で7.0イニングを投げて、被安打9、失点5、自責点3、与四球4、奪三振7を記録。ボールは90mph後半の勢いがあったものの、リリーバーとしてのコントロールの精度に不安を残しました。

 特に開幕直前の2021年3月21日のパドレス戦では、1イニングで被安打4、失点3、自責点1、与四球1と炎上。3月の1ヶ月の間でリューンナップが間に合っていませんでした。

マイナー降格前に引退

 この成績ゆえに、マイナー降格となり、5月開始のトリプルAに備え、トレーニング・サイトへ行くことを言い渡されたのですが、その直前に引退を宣言。

 話によると、タイ・バトリーは、以下のように述べていました。

I completely lost the drive to continue doing something that I didn’t love because in my mind, I already accomplished it.  It was never my dream to make it to the Hall of Fame, win a World Series, or become an All-Star.  In my head, I accomplished what I wanted, to prove people wrong and accomplish something extremely hard.

2021年4月の心境

 「完全に情熱を失ってしまった。もう達成してしまったのです。自分の中では今後、HOFに入ることや、ワールドシリーズに勝つこと、あるいはオールスターに選ばれることに何の関心も湧かなくなったのです。自分が望んでいたことを成し遂げ、人々が間違っていることを証明し、とても難しいことを成し遂げました。」

 とまあ、メジャーに上がったことでもうやり遂げてしまった、そんなバーンアウトシンドローム(燃え尽き症候群)のようなコメントを発しておりました。

LAAはリストリクティッド・リストに

 この自主的な引退宣言を聞いたエンゼルスは、当然遺留を試み、実際のところ、タイ・バトリーをリストリクティッド・リスト(Restricted List)に入れました。

 リストリクティッド・リストに入れることで、エンゼルスはまだタイ・バトリーを支配下に置くことが出来たのです。

【リストリクティッド・リストのクラブ側の権利】

  • ロスターから外すことが可能。
  • サラリーは払わなくてよい(支払い義務は消滅)。
  • 元いたクラブ側が選手を有している権利を保持したまま。

 エンゼルスとしては一時的なメンタルなものという認識があったのでしょう。

 なぜ、そこまでしたかというと2019年の活躍が素晴らしかったからです。

2019年、エンゼルスのブルペンを安定化!

 2019年、当時のエンゼルスのクローザーはハンセル・ロブレスだったのですが、タイ・バトリーはセットアップ・ロールとして大活躍。

 72試合、72.1イニングに登板し、ERAは3.98、ERA+は116、SO9は10.5、BB9は2.9。

 この年、エンゼルスはタイラー・スキャッグスの死などがあり、シーズンは72勝90敗と負け越したのですが、後ろはまあまあ良かったのです。特に、タイ・バトリーとハンセル・ロブレスのリレーがきれいに決まっていました。

 この活躍があったからこそ、ファンとしても彼に期待するところが大でした。

元々はBOS

 タイ・バトリーは1993年3月31日生まれで、2022年開幕時は29才。

 2012年のアマチュア・ドラフトでレッドソックスから4巡目指名を受けてプロ入り。2018年のトレードデッドラインでレッドソックスがイアン・キンスラーを獲得したトレードでエンゼルスへ移籍。

 

 デビューはエンゼルスへ移籍後の2018年8月16日。2018年は残り1ヶ月半の間で16試合に登板し、ERAは3.31。

 90mph後半の強いボールとスライダーに光るものがありました。

 そして、2019年に上記のような活躍を見せました。

 2020年ですが、変則シーズンになったことで調子を崩し、27試合でERAが5.81に落下。これは他の選手もそうですが、調整が本当に難しかったシーズンでしたね。

 タイ・バトリーはこれを引きずった形で調子を落としていたのも、引退宣言の背景にあったと思います。

復帰すれば、LAAのブルペンに明るい兆し

 もし、タイ・バトリーが2019年のような活躍を見せれば、エンゼルスは8回、9回とかなり安定して戦うことができます。

 大谷選手の勝ち星も増えるかもしれませんね。

 いずれにせよ、多少復帰が遅れたとしてもしっかりと作り込んできてもらいたいですね。きっといい力になるでしょう。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました