スポンサーリンク

【MLB2023】エンゼルス、好ゲームを展開するも、2点差を守りきれずに7連敗

SFG 8 @ 3 LAA (現地2023年8月7日)

 マリナーズとの4ゲームシリーズをスイープされたエンゼルス。結果は痛すぎる4連敗でしたが、見ようによっては1点差ゲームが2試合、2点差ゲームが2試合と内容は決して悪くはありませんでした。

 そして現地2023年8月7日からジャイアンツを迎えての3ゲームシリーズがスタート。ここで気分一新と行きたいところでしたが、この日も途中までは好ゲームを展開していたのですが、最終回にまさかの展開で、終わってみれば完敗のスコアとなりました。

何かがうまく行けば必ずなにかが問題に

 今季のエンゼルスは全体が素晴らしく機能するということがありません。あちらが良ければ、こちらが綻ぶ・・・と言った具合に。

 投手が良ければ守備が破綻、打線が当たっていても、先発がゲームメイク出来ず。モニアックが当たれば、レンヒーフォが不調。今はその逆。先発投手がゲームメイクすれば、ブルペンがリードを吹き飛ばす。そしてここ数試合は先発もブルペンも良い仕事を果たして後は締めるだけというところで、シーズン最初からずっと機能していたクローザーのカルロス・エステベスがおかしくなってしまいました。

終盤まで好ゲーム!

 ジャイアンツの先発はエースのローガン・ウェブ。エンゼルスは左腕のパトリック・サンドバルが先発。ということでエンゼルスは打線の方はすんなりと得点を奪えないことを想定した働きが必要でした。

 ローガン・ウェブもセンセーショナルだった2021年の後半のような投球ではありませんが、それでも安定しており、ここまで9勝9敗。

 エンゼルス打線は初回に大谷選手がシングルで出塁し、すぐさま2盗を決めるなど頻りに仕掛けて行き、なんとかチャンスをこじ開けようとしましたが、前半5回までは無得点。

 逆にジャイアンツは、4回表に当たっているウィルマー・フローレスの二塁打をきっけに、2アウトからパトリック・ベイリーがタイムリーを放ち、1-0と先制。

大谷選手の二塁打がきっかけで勝ち越し

 エンゼルスがローガン・ウェブからチャンスをものにしたのは6回裏のこと。

 先頭の大谷選手が89.1mphのアウトローに逃げるチェンジアップを捉え、打球は2Bの頭を超えるシングルヒット・コース。これを大谷選手は二塁打にしました。実況でもハッスル・ダブルと表現していました。

 その後、ブランドン・ドゥルーリーはチェンジアップを打たされてSSゴロ。マイク・ムスターカスはゾーンには緩い球、枠外には強い球で攻められて三振。

 また1本出ずか!という流れでしたが、積極的な打撃のC.J.クロンが初球のシンカーをCFへ運び、これで大谷選手が生還して1-1の同点に。

 さらにつづくミッキー・モニアックがCFへ弾き返したところをジャイアンツのCF、ルイス・メイトスがファンブル。これを見たクロンが1塁から一気にホームイン。タイムリーと好走塁でものにした得点で非常に内容が良かったと思いました。

サンドバルが同点HRを打たれる 

 6回まで1失点とゲームメイクしていたパトリック・サンドバルは7回のマウンドにも上がりました。しかしイニング先頭のJ.D.デービスにCFに大きなHRを打たれて、2-2のタイスコアに。

 得点を奪った直後だっただけにこの失点は避けたかったところ。サンドバル本人も試合後、非常に悔しがっておりました。

レンヒーフォが勝ち越しタイムリー 

 しかし、エンゼルスは粘ります。7回裏、1アウトからトレードデッドラインでロッキーズから獲得したランダール・グリチャックがトリプルで出塁。これに次打者のルイス・レンヒーフォがRFへのタイムリーで応え、3-2と勝ち越しに成功。いい流れでした。

8回にモニアックがHRを奪う!

 エンゼルスは3-2と1点リードの8回表、リリーフのホセ・ソリアーノが2アウトから代打のジョク・ペダーソンにセンターへ運ばれ、またもや同点に追いつかれそうになったものの、CFのミッキー・モニアックがウォール際でリーピング・キャッチ。同点本塁打を奪い去りました。これはすごいプレーでしたね。

 8回裏、エンゼルスはもう一押ししたかったところですが、ここはジャイアンツのテイラー・ロジャースが3人で斬って取られ、3-2と1点差リードで最終回へ。

カルロス・エステベスが打たれる

 そしてマウンドには守護神のカルロス・エステベスが登板。ここできっちり締めたいところでしたが、エステベスは先頭のウィルマー・フローレスにLFに痛烈なシングルを打たれ、同点のランナーを出してしまいます。

 つづくJ.D.デービスにフルカウントから四球を出し、勝ち越しのランナーも許してしまいます。

 そしてパトリック・ベイリーを迎え、2球目の甘いスライダーをLF線に弾き返され、2人の走者が還り、3-4と逆転を許す展開に。

 その後はマーク・マシアスに2点タイムリーを許し、3-6となったところでエステベスは降板。代わったアーロン・ループも2本のタイムリーを許し、このイニングに6点を奪われ3-8に。

 最後の攻撃もカミーロ・ドバルに三者三振に打ち取られ、3-8で敗れました。

MLB Gameday: Giants 8, Angels 3 Final Score (08/07/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 カルロス・エステベスは1アウトを奪っただけで、被安打3、失点5となりました。試合後、ネヴィン監督はエステベスの疲れのことを気にしていた通り、ここのところは球威はあるものの、コマンドが悪く、クロージングの失敗が続いております。

大谷選手、グリフィーと並ぶ

 この日のエンゼルスは114試合目。

 120試合までに少なくとも40HR と15盗塁をマークしたのは、1998年のケン・グリフィー・ジュニアだけです。大谷選手、またしても偉業です。

 大谷のHR数は現地2023年8月8日時点で40本ですが、56HR 、21盗塁のペースとなっております。本塁打のキャリアハイは46、盗塁のそれは26。どちらも2021年にMVPを獲得したシーズンに記録したもの。

 なお、シーズンHRのフランチャイズレコードは、2000年のトロイ・グラウスによる47本です。

エンゼルス、PS出場確率は0.1%

 エンゼルスはこれで7連敗。シーズン成績は56勝58敗となり、ALワイルドカードの最後の1枠を争うブルージェイズに8.0ゲーム差をつけられ、ポストシーズンの可能性は縮小の一途をたどっています。

 ファングラフ(Fangraph)によれば、エンゼルスのポストシーズン進出の確率は0.1%まで下がりました。

大谷選手は9日に登板予定

 大谷選手の次の登板は現地2023年8月9日(水)のジャイアンツとのGame3。大谷選手はここまで21試合に登板し、124.2イニングを投げて9勝5敗、ERA 3.32、160奪三振。前回登板では中指の痙攣を訴え、4回スコアレスで登板しました。そこから中5日。この時はゲーム展開も考慮した早めの決断だったゆえにこの登板には影響が影響が少ないと思いたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
【MLB2024】ドジャースはミゲル・ロハスが出場すると、勝率がアップする!
タイトルとURLをコピーしました